北海道マラソン2005

2005.08.29

頑張った!2005北海道マラソン

2005年8月28日。私にとっての6回目の北海道マラソン参戦。
今年のテーマは「かっこよく走る」。

ありがたいことに天候は北海道マラソンらしく、スタート前は日ざしが暑い。寒かった去年と比べてまことに北海道マラソン日和。
4000人以上のランナーが競技場に整列していよいよ今年も42キロの自分との熱い戦いが始まった。
競技場の温度は、30度とスタート前にアナウンスしていたらしいが、私はおしゃべりしていたのか聞き逃していた。 これを聞き逃したのは誠にラッキーなことだった。(過去、スタート前のこのアナウンスでやる気をなくしたことがあったから)

号砲がなっても、のろのろ前に進まず。ようやく一般道に入って足が進むようになってきた。今年から最初の3キロは上りになっていて、 いつものようなスピードは出せない。暑いし、あまり最初から飛ばすと後から痛い目に合うし、丁度よい感じ。後ろから、 前日の受付時に始めてお会いしたここの愛読者のしゅう子さんがぴったり付いて来る。
下りに入って、ペースキープを心がけたがやっぱり少しペースアップ。
かずきさんが、私の横をするすると抜いていった。声をかけるとびっくりして振り向いた。 スタート直後の混雑でちょっと焦っているかなと勝手に想像。
10キロ過ぎまでどうも日ざしの暑さが気になって、汗も多いように感じる。心拍数もスピードの割には高い。ちょっと嫌な感じもしたけれど、 横にはしゅう子さんがぴったり。気を抜けない(笑)
その内だんだん汗も落ち着いてきて、体が軽く感じるようになってきた。ホッと一息。しかし、この気温でこのペースは私にとっては少し速い。

沿道では、多くの人が「こうめさ~ん」と声をかけてくれる。
10キロすぎくらいでは、直人さん(お会いした事はないけれど、キャンプ場で一度接近遭遇)が、大きな紙に「こうめさん」 と名前を書いて大きな声で応援してくれた。
13キロくらいでは、yossyさんご夫妻が、タケダファミリーを走った後先回りして応援してくれた。
トライアスリートのこあきさんは、姿煮さんと一緒に随所に現れて大きな声援をくれた。
まゆちゃんは神出鬼没。いろんなところに現れて大きな声で名前を呼んでくれた。
パン屋の島田屋さんも店の前でカメラを構えて待っててくれた。
和さん、応援ありがとう。しっかりわかりましたよ。
トン子さんもありがとう。
ランニング仲間の奥様たちも、みなさん声をかけてくれた。navi奥さん、sandy奥さん、ひろぴょん奥さん、こずえさん。
伴走フレンドリーの皆さんも沿道で応援してくれた。
25キロ付近と33キロ付近では、両親がリクエストしたみかんを手のひらに乗せて待っててくれた。
chicciさんご夫妻が、37キロくらいのところで声をかけてくれた。
そして北大付近ではおおひろさんが手を振ってくれた。足が攣りそうであそこが一番きついところでしたよ。 >おおひろさん
大通り~駅前通は雨の中にも関わらず多くの人が温かい声援を送ってくれた。
中島公園近くでは、yuchanが声をかけてくれた。

15キロから5キロごとのカーボショッツ補給と20キロ、30キロのアミノバイタル補給で助けられ、歯を食いしばって走りました。 30キロ手前から足が攣りそうになって、走り方もぎこちなくなったけれどなんとか最後まで持ちこたえました。
何度も誘惑に負けてペースを落とそうと思ったけれど、沿道の皆さんの声援と、時折どこからか聞こえてくる「こうめさ~ん」 という声を励みに頑張る事ができました。
ずっと笑顔を作る余裕はなかったけれど、今の自分の力を出し切ることができたと思います。
今回のレースで課題も新たに見つかったので、それを克服して次のレースの準備をします。
10k:   49:39 
20k: 1:40:32
30k: 2:32:31
40k: 3:27:14
GOAL: 3:39:41
去年の北海道マラソンに次いでのセカンドベストでした。記録は自己ベストより2分近く遅かったけど、内容的には、 今までで一番頑張ったという実感があるレースになりました。

みなさん応援ありがとうございました。
今年の北海道マラソン「かっこよく」走れていただろうか?

| | Comments (42) | TrackBack (2)

2005.08.28

完走のご報告

とりあえず完走の報告です。詳しくは明日。

前半はやっぱり暑くて参りましたが、後半は曇ったり雨が降ったりでまずまずでした。風はなかったし。
結果は、3:39:41
なんとか、3時間40分を切ってゴールできました。
30キロ手前で足が攣りそうな感じがして、それから徐々にペースが落ちました。
でも、40キロ地点のタイムを見て、うまくいけば40分切れるかもということがわかって、少し踏ん張りなおして、 ゴール手前の時計表示が見えてからは、猛烈ダッシュ(のつもり)。

久しぶりに歯を食いしばって頑張ったレースでした。今年になってからいつもヘラヘラ走ってたので。
去年よりタイムは2分弱遅いのですが、結果は満足です。上出来!!

明日詳しく完走記書きます。今日は、おやすみなさい。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

いざ!北海道マラソンへ

いつもより早く目が覚めてしまいました。

今日は、近所のyossyさん一家がタケダファミリーマラソンに参加するので、一緒に早い時間に出発します。

みなさん、真駒内でお会いしましょう。

レースの途中経過は、大人の外遊び-kenjiと姫の日記帳 にGTmailが送信される予定です。
ただし、ブログのseesaaの調子が悪いとPC版に反映されるのが凄く遅くなることがあります。
携帯からは見れるようですが・・・。http://sotoasobi.seesaa.net です。

最後までカッコ良く走りたいものです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.08.27

今年も準備万端!

いよいよ明日が北海道マラソン。

今日は、朝からながぬま温泉までジョグ&WS2本。その後はもちろん温泉でリラックス。
土曜日とはいえ朝の温泉は空いていてのんびりゆったり、気分上々。
その後、札幌へ出た。受付の前に、まず昼食。お腹ぺこぺこで、デパートの大新潟展へ。こしひかりにぎりお目当ては、コシヒカリのおにぎり3個パック467円(税込)。30分も並んでようやく手に入った。 大通り公園でこのでかいおにぎりを全部バクついてホッと一息ついた。文明堂のカステラを買って・・・。あと忘れ物無い?

パークホテルに行って受付を済ませると、FRUNの仲間が揃っていた。一年ぶりの再会を喜んだ。かずきさん一家にも会うことができた。 あるとちゃんのお話が可愛かったなあ~。明日は、いろんなお祝いまとめてやってね。
うずらさんと、ゴール地点詣でに向う途中、ゴールゲートの方から何やらニコニコした人が近づいてくる。北海道マラソンゴール
「あれ~っ!」「こうめちゃんですよね?」と言われたものの記憶にない。最近、物忘れが激しいからな~とちょっと心配になったのだが・・・。
なんと、その方は、こうめのブログをいつも見ていてくれて、本人を見つけてびっくりしたらしい。一緒に写真を撮って下さいと言われて、 二人で携帯のカメラに収まった。その後、握手~。「しゅう子さん」というその方は、北海道マラソン参加は初めてで、 知っている人が誰もいなくて心細かったらしい。
「さっきチバちゃんに会いましたよ。チバちゃんには握手してくださいって言わなかったんですけど・・・」って、 何だか私がチバちゃんになった気分。(おいおい、あんた、それは言いすぎでしょ>自分)
今年はチバちゃんには会えなかったけど、チバちゃんに会ったしゅう子さんに会ったので良しとしましょう。
準備万端

という事で、今年も準備万端。あとは、走るだけです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.08.26

北海道マラソン応援するにはどこがいい?

去年までのコースでは、35キロと40キロの関門が折り返しの関係で徒歩圏内だった。 応援するにはもってこいのポイントだったんだけど、今年はコースが変更になったので、ちょっと応援ポイントが変ってくる。
去年も、レース2日前に応援ポイントの記事を書いたなあ。
去年の天気予報では、2日前まで最高気温が27度の予報だったのだ。それが当日は17度。今年は、天気予報は当たるのか、 それともはずれちゃうのか?
で、新コースの今年の応援ポイントは、どこがいいのかちょっと考えてみた。(これもゲンかつぎの一つ?)

地下鉄のドニチカ切符500円也を購入して応援する事を考えると・・・。
まず、東西線菊水駅で、15キロ手前の選手たちの元気な様子を見ておいて・・・
次は、南北線北24条駅へ移動。ここでは、20キロ手前の中間付近の走りを見学。
15キロと20キロは、距離が短いので地下鉄移動とランナーとどっちが速いか競争か。
地下鉄の乗り換えや待ち時間を考えると、ランナーに分があるかも。
次は、そのまま南北線で大通りに戻って、40キロ関門を通過して最後の花道を走るランナーたちに、声援を送る。
ん~、やっぱり今年のコースは応援にはちょっと不便かな。見所の30キロや35キロ付近は地下鉄では移動できない。

台風も北海道への影響はほとんどなさそうで、日曜日の天候はどんどん良い方向に変ってきている。
もしかしたら晴れるかも。27度は必須かな。せめて爽やかな一日であって欲しいと思う。

ことしの私のナンバーは、5080番。赤のランシャツ、ランパンで走ります。沿道で見かけたみなさん、応援よろしく~。 「こうめさ~ん!」と叫んでくれたら手を振る余裕は充分あると思いますので。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2005.08.25

ゲンかつぎ

お昼に「ほくほく庵」に行って来た。ここは昨夏札幌から私の町(長沼町)に移転オープンして、 ずっと人気沸騰中のさぬきうどん屋さんだ。
何度もここを訪れておいしいうどんを食べている。
今日は、去年と同じメニューでゲンかつぎ。去年の今頃もカーボローディングにうどんをと足を運んだ。
そして「梅おろし」を注文したんだった。もちろん今年も同じ「梅おろし」注文!
平日の昼過ぎ(14時頃)なのに、この田舎にひっきりなしに客が訪れる。
ばくばくとあっという間に平らげてきた。何しろ、ここのうどんは、 あのアンデルセンが北海道マラソンに来たときにカーボローディングで食べに来たと言う「うどん」なのだ。
ほくほく庵の様子はこちら (できたばかりの頃の写真ですが、今も特に変わりありません)
http://www.imagegateway.net/scripts/WebObjects.dll/CIGPhoto.woa/wa/a?i=KnKCXKdCoJ

いよいよあと3日。今日は、短めの距離をすばやく走って(ちょっと短すぎたかも)、例のごとく芝生の上で裸足でのんびりジョギング& ストレッチ。1週間前に張っていた臀部の筋肉も治ったようで、今のところ特に不調な点はなし。
あとは当日までに文明堂のカステラを仕入れればOKかな。
日曜日の天気予報は今現在「曇り」。最高気温の予想は27度。朝晩と日中の温度差がずいぶん大きくなってきように思う。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.08.16

去年の私に勝つには・・・

いよいよあと12日。去年の北海道マラソンは、めずらしく涼しい一日で棚からぼたもちのように自己ベストが舞い込んできた。
今年があんな涼しい日になるという保証は何にもない。
今年は果たしてどんなレースになるのやら。途中の関門にひっかかるような要因がないように祈るのみ。 でも何があるのかわからないのがフルマラソン。過去に、サブ3ランナーがコース途中でナンバーを外してリタイヤするのを見たこともあるし・・ ・。
あ~あ、あとは去年より強い私がいるという気持ちになれば問題はないのだけれど。どうなんだろう?

練習量は去年よりはるかに多い。
内容は・・・たいした変らない。
体重と体脂肪率は、去年のレース前とほぼ同じ。
いまさらジタバタしても始まらないのだけれど、どうしても北海道マラソンの前はジタバタしたくなる。

日曜日(14日)に、調子悪くて15キロで切り上げた持続走。同じ日に、NAOJIさんは、一周660メートルをくるくるで5分20〜 45ぐらいで36キロ走ったという。その日、naviさんは調子が悪くて20キロで切り上げた。だが、翌日、リベンジを果たしたようだ。

じゃ、私も。安直だけど今日走るしかないと出かけて、25キロ。周回コースに見切りをつけて結局いつものアップダウンコースで走った。後半、 アップダウンのある道をペースを上げて走れたので良しとしよう。
これで去年の私に勝てるんだろうか?う~ん、わかんない。
とにかく、完走したいものです。

| | Comments (17) | TrackBack (2)

2005.08.10

北海道マラソン-新コースの感想

8月7日にNAOJIさんの主催&サポートによる北海道マラソン試走会があり参加してきた。参加者が20名以上の大所帯。 スタート地点の真駒内競技場から、37キロ付近の桑園駅前までがこの日のコースだった。途中から参加した人、途中まで走った人、 それぞれだったけれど、荷物を運んでくれたり、給水サポートをしてくれたり、本人が走らずサポートに回ってくれたNAOJIさんに多謝。

で、私は30キロすぎまで走って新川駅からJRでお先に失礼させてもらったので、その後の楽しいオフ会の様子は、 皆さんのブログを指をくわえて眺めただけ。う~んちょっと残念!

スタートして5キロすぎまでと、10キロから19キロ過ぎまでの新しい道の感想を少し。
(残念ながら写真はないので、6月24日のNAOJIさんの試走レポートを参考にご覧下さい。)
まず今までなかったスタート直後の登り。4キロくらい続くようだが実際走ってみるとそんなに気になる登りでもないような気がする。 スタート直後だし、気分もハイになっているのであっという間に終わるかも。
その後の13キロくらいまで続く下り。こちらも、波に乗って無理せず下っていけば問題ない。 (私は下りが得意なので気にならないのかもしれないけれど)
最初にいやだなと思ったのは、15キロ過ぎて、JRの下を潜るところ。結構な傾斜の短い登りと下りがある。 それまで下りで楽をしてきた足にはちょっといやな感じがあるかも。
でも、そんな事を気にして走っていてはここから先は乗り越えられない。
20キロ付近は北24条の繁華街を通るので応援も多いだろう。キープスマイル心がけよう。
新琴似一番通りに入ると長い直線が続くのでちょっと飽きがこないかなと心配。折り返しのランナー見物で気を紛らわそう。 景色はだんだん田舎の匂いが増してきて、少しホッとする。(数年前までこんな景色だといやだったのに、すごい変りようだ>私)
第1折り返し、第2折り返しとめまぐるしく折り返すのはちょっとどうかな~と思うけれど、 この辺で追い抜きたいランナーの狙いを定める事ができるかな。(おいおいそんな余裕があるのか?という疑問が大きいが・・・)
稲積橋のアップダウンが後半勝負の分かれ目か?
35キロすぎたらあとはもう中島公園に向ってまっしぐら・・・のはずなので、 今年の北海道マラソンのテーマ通り格好良く走っているかどうかだけ気にする事にしようかな。 (35キロの関門をうまく通過できればの話だけど)

と、書くだけならあっという間だなあ~。最大4時間しか与えられた時間がないとすると色々考えるまもなく終わってしまいそう。願わくは、 何とか42キロは走りたいものだ。
今の内うんと暑くなって当日はどうか、「涼しい一日」になりますように。去年のように風が強いのは構いませんから。 (長沼の強風下の練習でもはや風は敵ではない・・と、とりあえず言い切ってみる)

ちょっと、グルメ情報を・・・
今回新たにコースになった道路上に気になる店が2件。
1件は、15キロ手前、北2条東7丁目「金寿司」。左手に交番が見えたらそのすぐ先の右手。
ここの寿司はうまい!値段もリーズナブル。日曜日は休みなので残念ながら走っている途中で握りというのは無理。
http://www.asku.com/RV/010R/?_item_id=6201013&area_id=48

もう1件は、29キロくらいの場所、北23条東1丁目「ベッカライ島田屋」。道路の左手、アパートの一階の小さいパン屋。 ドイツ系のパンがおいしい。実は、店主は私の友達。
試走の時に挨拶に立ち寄ったけど、残念ながら留守だった。
http://www.kongaripanda.com/itekitabn4/bekaraisimadaya.htm

さて、あと18日か。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2005.08.05

北海道マラソン-今年もチバちゃんが

北海道マラソンの招待選手が決まった。なんと、今年もチバちゃん(千葉真子選手)が!
これは縁起がいい!

去年、前日受付の会場の外で、チバちゃんと谷川真理さんに遭遇。
しっかりずうずうしい私は、握手&サイン&一緒に写真を撮ってもらった。
2年ぶりの北海道マラソンでなんだか緊張していた私だったけれど、すっかりこれで気を良くしてリラックスすることができた。 チバちゃんのお陰で完走できたと言ってもいいくらい。
大会の1ヶ月後には、チバちゃんがHPのBBSに書き込みしてくれてすっかり舞い上がった。 この時はキャンプ中でPCを見ていなかったのだが、常連さんがびっくりして携帯にメールをくれたりして・・・。あれからもう1年か~。

チバちゃん。こうめは今年も元気に走りますよ。
チバちゃんもあの颯爽とした走り見せてください。楽しみにしています。

naviさん。ゴールは「ベストスマイル」だからね~。

| | Comments (13) | TrackBack (2)

2005.08.03

北海道マラソンカウントダウン

8月28日の北海道マラソンまで、今日であと25日。そろそろカウントダウンかな。

今年が19回目の北海道マラソンは、1987年に1回目が開催された。その時の事はとてもよく覚えている。
住んでいた場所が、当時のコースの37キロくらいの近くだったので、見物に出かけた。
その頃も、もちろん走っていたけれど、フルマラソンを走ったのは、その前の年のホノルルだけ。 それも走ったのか歩いたのかわからないようなタイムだった。そんな私が37キロ地点で見たものは・・・。

フルマラソンを目の前で見るのは初めてで、上位の選手の走りに感動したのはもちろんだけれど、それよりももっと私の心を打ったのは、 関門と戦いながら必死に走っている人たちの姿だった。いろんな大会で見かける私の中の分類で「速い人」に入っている女性ランナーでさえ、 後ろの方で頑張っている。
トップ選手が通り過ぎて、応援の人々も少なくなった沿道で、いつも最後の終末車が通り過ぎるまで、旗を振り、 拍手をして選手に声をかけていた。
当時はまだまだエントリー数も少なくて、女子の完走者は53名だったようだ。

それから毎年37キロ地点で応援するのを夏の楽しみにしていた。 自分もいつかこの大会に出られる日が来るといいなという夢を持って応援していたのだった。なぜか暑い事が多く、 この日だけで真っ黒に日焼けしてしまった事もあった。
その後、参加資格の記録を持つようになってからも、数年はエントリーする事をためらっていた。他の大会で4時間以内で走ることができても、 北海道マラソンは特別。そんな気持ちが大きかった。
暑さと関門との戦い。これに勝てると自信が持てるようになったらエントリーしようと決めていたように思う。

Continue reading "北海道マラソンカウントダウン"

| | Comments (20) | TrackBack (0)