« 北海道マラソン2010-明日はやっぱり暑いね | Main | 9月9日「アスリートの風」に出るのです。 »

2010.08.31

2010北海道マラソン-完走はうれしいものだ

フルマラソンの練習は全然できていないし、天気が良いほうに変わって、しかも暑いらしい。5時間の時間があれば、なんとか完走はできるのかな?でも、Aブロックスタートは、のんびり走るにはかなり不利。153136167 どうしたってペースは速い。そのうち、本気で走れるかもって勘違いしたらどうしましょう??  オーバーペースが一番怖い。

と、前日まで思案していたけれど、当日朝tony79さんのブログを読んで、いいこと思いついた~。
そうだ携帯持って走ろう。今までやりたくてもできなかった北海道マラソン、制限が5時間になった今なら走りながら中継できるかも。

公認レースの登録の部で携帯持って走るなんておちゃらけた事するなんてとお叱りを受けそうですが、これも私にとってなんとか完走するための秘策の一つ。決して真剣に走らなかったわけじゃありません。
twitter中継楽しんでいただいた方もいてうれしかった。

153161607スタートの中島公園に到着したのはまだ10時前、すでに多くのランナーが集まっていて、ようやくレースの雰囲気が体に伝わってきた。 

  
大会の特集新聞と冷たい「さっぽろの水」をもらってスタート準備。蒸し暑さ120%。走る前から汗が出る。湿度高いの嫌いだ。

 

001
チーム「frun」の仲間が次々と集まってくる。お久しぶりの人もたくさんで、まるで同窓会と七夕とお祭りがいっぺんに来たような雰囲気だ。毎年繰り返されるこの雰囲気が好きだ。

153176734 153180117  
スタートブロックはA。今の私の総力では場違いな場所だけれど、ここから今年も北海道マラソンは始まる。
153210791

5キロの給水所は、大勢のランナーがごった返している。テーブルは15箇所。
ここで今年はボランティアをしてくれているNAOJIさんがいるはずだが、全く見つけられない。水が入った紙コップをとってごくごく飲む。
エイドの最後まで行ったところで歩道に上がって一枚。
携帯カメラの性能では走りながら写すのは無理があるので、立ち止まるタイミングが難しい。

153220170

 

創成トンネルの中は、ランナーの足音でいっぱい。出口を目指して走る、走る。
チェックしたペースはやっぱり少し速め。
もっと押さえなくちゃ。
どんどん抜かれるのを気にしてはいけない。

 

 

153226542

 

11キロ付近。10キロのエイドにいるはずのじろーさんも全く見つけられず。
ペースを落としたせいか、楽な気分で走っていられる。(この時までは・・・)

要所要所に応援部隊が待っていて、声援を送ってくれるがとてもうれしい。
もちろん声援には笑顔で応える。


14キロ付近で、両親が待ってくれているのがわかっていたので歩道よりに走る。どこにいるだろう?と探していたら、見つけた。
「戻ってくるまでいられないかもしれないから」という声を聞きながら、お願いしていた梅干受け取る。
毎年同じ場所で応援してくれる両親には元気に走っている姿を見せてあげたい。今まで何回かは、その場所まで行きつけなかったり、どこでレースをやめてしまったり。不甲斐ない姿を見ていることも数度。
ここを元気に往復とも通過することが私にとっての重要なポイントだ。暑い中応援ありがとう~。

153242293

 

可愛い女の子が2人、すっきりと立って大きな声で応援してくれる。
「ファイト!」で、手拍子チャチャチャ。
とってもうれしい!

 

 

 

100829

 

そしてボランティアのみなさんも、本当に一生懸命で頭が下がりっぱなし。

暑い中ありがとうね~と声をかけると、
「いいえ、走っているみなさんのほうが大変です。頑張ってください!」って。

泣けるよね。ホント。

 


153268935 153278978  
梅干ポイントを過ぎて少ししてから、ホッとしたのか、暑さが気になる。なんだって、こんな暑い日に何時間も炎天下の舗装路走ってるんだ、私。自問自答。
だいたい体に悪いよ。暑い日は川の上がいいよ。涼しいし。
新川通。往路と復路の選手が交差する。反対側の選手にエールを送りながら、まだ20キロキロも来ていないとうんざり。
いつもよりだいぶペースを落としている分、暑い中動いている時間が長くなることを忘れてた。
気が付くと、ちょっちゅう救急車の音が聞こえるし、道路脇で足をストレッチしている人も目立ってきた。

うんざりと思ったとたん、胃の具合が悪い。また熱中症の初期症状か?飲み込んだ水分が吸収されていない感じ。
道路脇で何度か水分を吐き出す。吐き出すと少しすっきり。そして給水所で水を飲んでまたしばらくすると吐き気がするの繰り返し。
しかし、こんな事は今まで何度も何度も経験済み。
30キロあたりで、うぺぽさんサマキさんの応援を受ける。
おもわず「すぐにでもやめたい気分」(笑)

でも、長い長い新川通の応援は、地元密着でとってもうれしかった。近くに住んでる人たちがサンダル履きで、暑い中マラソン走ってる物好きを応援してやろうという感じで、とっても暖かい。

121  
くまぼうさんが新川通りから出て行くあたりで応援してくれていた。思わず、まだ関門には間に合うのかと聞いてしまった。実は、この時絶不調。収容バスが後ろから来てくれたら、はい喜んで~と乗りたい気分だったのだ。相変わらず胃はむかむか。

35キロあたりで、ゆきねこさん率いるfrun幟応援軍団の声援を受ける。私がfrun最終ランナーでしょと聞いてみた。やっぱりそうみたい。
では、関門ぎりぎりで最終ゴールを抜けてやろうかと少し気持ちが切り替わってきた。あと数キロならだましだまし走れるかも。
と相変わらずヨレヨレ走っていたが・・・。残り5キロの看板の後、猛烈な吐き気が襲ってきて反対車線まで行って道路脇で、胃の中の水分を全部出した。
あら、不思議。すっきりしたよ。ほんとにすっきり!

153312613 脚はまだまだ元気だし、じゃあ、ここからロングスパート行ってみるか。ということで、急速に元気回復した私は走った走った~。
タイムはとってないけど少なくとも周囲の方々のペースよりはだいぶ速かったはず。誰にも抜かれずごぼう抜き。気持ちいい~。

北大構内に入ってきた。大きなポプラの木が影を作っている。気温も少し下がってきたし、時折吹く風が心地いい。
うぺぽさん、サマキさんがここまで移動していた。「完走だね」と声をかけてもらう。本当だ。さっき会った時は結構あきらめムードだったんだけどね。

前方にYANCO氏発見。足取りしっかりしてる。良かった。完走できるね。もう少ししたらNAOJIさんの待つ40キロポイントだ。

052  
NAOJIさん、じろーさん、akkun、そして予定通り10キロ走って応援に回ったnaviさんがいた。あまり遅いので来ないんじゃないかと心配していたようだ。大丈夫、元気回復したよ。
 153320426

北大から道庁へ入るあたりで、ふれっぷさんあんさん夫妻を捉えた。

あんさん、もう少し。頑張れ~。

そしてゴールまでの直線で、1時間以上前にゴールしたトン子さん、ズンタンの応援を受ける。
いや~やっぱりここまで走ってきてよかった。
ゴールタイム、4時間41分。今までの歴代フルマラソン記録の中でもワーストに近いタイムだけれど、そんなことはどうでもいいや。
完走メダルをかけてもらって、ものすごくうれしかった。
ゴール後、増田明美さんがランナーにお疲れ様と声をかけてくれている。私も握手して「がんばりましたね」と声をかけてもらった。
「あきらめなくてよかったです」と応えた。

夏の暑さの中で行われる北海道マラソン。今までも暑さに負けて自分からレースをやめてしまった経験がある。暑さよりも湿度に弱い私は今回は最悪の条件だった。そんな中でも、最後まで走ることができ本当に良かった。
ゆっくりだったら暑くても楽に走れるのかと思ったけれど、そんなことでもなかった。暑い中活動している時間はそれだけ長かったんだ。
レース結果のデータを見ると4時間超えてゴールした人のほうが断然多かった。
制限時間延長に感謝。
8000人のランナーを暖かく迎えてくれた札幌の人々に感謝。
ボランティアのみなさんの素晴らしい活躍に感謝。
応援してくれたみんなに感謝。
そして、ゴール後にもらった北海道米のごま塩おにぎりに感謝。

ようやくこれで私の北海道マラソンは、6勝5敗。
1999年、2004年、2005年、2006年、2009年、2010年完走
2000年12Kリタイア、2007年中間点リタイア
2001年25K、2002年20K、2008年25K関門
2003年体調不良でDNS
もちろん今回の完走は、ワースト記録 4:41:06

|

« 北海道マラソン2010-明日はやっぱり暑いね | Main | 9月9日「アスリートの風」に出るのです。 »

Comments

ほんとうに、グッタリした顔で走ってらっしゃったので心配していたのですが・・。
最後、遠ざかる背中を見て「さすがぁ」と、感心していました。

お疲れ様でした。(^^)

Posted by: ふれっぷ | 2010.08.31 at 10:29

暑い中での完走お疲れ様でした~
笑顔で元気に通過する姿を見て思わず叫んじゃいましたが、「まだ来ない、まだ来ない」って皆で心配してたんですよー。
ハイタッチし出来て嬉しかったです(^^)v

そうそう、“吐いてスッキリして復活”は以前にもありましたよね!
その道の達人(?)の僕には信じられなくもあり羨ましくもあります(笑)

Posted by: akkun | 2010.08.31 at 10:58

完走おめでとうございます!不死身のこうめさんがいつになく遅いから、オットと「あまりに暑いから、これは途中でkenjiさんにピックアップされて川に行ったね」と半ば本気で話してました。だって日曜日は川に最適だったもの!

30km過ぎでお見かけした時、だいぶ調子が悪そうだなとは思いましたが、なぜか「ああ、こうめさんは今年は最後まで行くな」と直感しました。なんでだろう?

40km手前の北大の所で予定より早く来たこうめさんを見た時、「やっぱりね。後半、脚が楽でペース上げてくると思った」と一人ニヤリ。

応援する側からすると、暑い中を一心不乱にゴールを目指すのはタイムに関わらず感動的ですが、やっぱり道マラは身体に悪いですって(笑)。テレビ放映なんてしがらみから解放されて、朝6時スタートですとか、10月開催ですってなったら、初日にでも申し込んじゃうんだけどなあ。

というわけで、10月の別海、またご一緒できるのを楽しみにしてまーす(で、メインは今年もどっちでしょう??)

Posted by: うぺぽ | 2010.08.31 at 13:29

 お疲れ様でした。
私も吐き続けましたが、最後まで復活できず(×_×;)
さすがこうめさん(^^)吐きが痛み止めのせいか、熱中症のせいか?でしたが、やっぱり熱中症かな?          別海で何とか復活したいのですが、太ももの痛みが取れるまで少し我慢してウオーキング にしようと思います。

Posted by: あん | 2010.08.31 at 16:22

あのひどい暑さのなか、完走しちゃったんですね。
すげ~~~っ!!

50mでも走るのが嫌な私は、ひたすら尊敬します。

お疲れ様でした!

Posted by: hane330 | 2010.08.31 at 16:55

ふれっぷさん。ぐったりしたままで終らなくて良かったです。お二人の後姿を見つけた時は、まさかと思いました。
夫唱婦随ですばらしい。

akkun。みなさんにハラハラさせるタイムでぎりぎりゴールしようかと思ったんだけど、なんか急にスパートできちゃったんですね。脚は軽々だったのは、ずっとjogだったせいだね。

うぺぽさん。もうほんとにすぐにでもヘリで涼しいところに連れてって欲しい気分でしたよ。田舎暮らしには信じられない蒸し暑さだった。
関門が遅くなったので、収容車も来てくれず、あきらめムードで走っているうちに元気が出たって感じでしょうか。しかし、体に悪いレースだなと思います。

あんさんも辛かったのですね。私も、またまたやられました。胃薬飲むのを忘れてた。でも5時間の時間があったので、回復できた感じです。akkunが書いてるように、こういうの何度かあるんです。全部吐いたらすっきりするの。でもなかなか全部吐けないのが辛いところです。

hane330さん。全く体に悪いことをやってました。フロンティアフェスタに行った方が健康的だったかも。
年齢を考えると、きちんと回復するまで注意しなければね。

Posted by: こうめ | 2010.08.31 at 19:23

暑さで苦しいレースは悩みますね。
お疲れ様でした。
私は体質のせいか吐いたり,胃が水を受け付けなくなったりした経験がないので
皆さんの苦しみがあまりピンとこないです。
暑くて苦しいのは同じですが,
ただスピードが出ないだけで,沿道も
楽しめました。暑くてもお祭りレースだから
元気なうちはまた参加しようと思ってます。

Posted by: tony79 | 2010.08.31 at 22:14

tony79さん。内臓がやられるのは結構つらいんですよ~。私は脚がやられたことがないので、そのあたりの苦しみはわからないのですが・・・。
5時間になったし、お祭りレース的な要素が強くなってきましたよね。

Posted by: こうめ | 2010.09.01 at 05:59

お疲れさまでした〜!
お約束通りのお天気になって、サバイバルでしたね。
初めて道マラを沿道で応援したけれど、みんながそれぞれに辛そうで、そこを超えようと必死の表情を浮かべているのをたくさん見て胸打たれました。
こうめさん、確かに暑そうで辛そうだったのでドキドキしましたが、やっぱり北海道マラソンを走るこうめさんは後光が差してます。最後にそんなミラクルパワーが降臨したんですね!大通公園、行きたかったなぁ。
白が勝って、おめでとうございます☆
10月まで、疲れをとってくださいね〜。

Posted by: ぶんぶん | 2010.09.02 at 00:42

ぶんぶんさん。エリちゃんと一緒に大きな声での応援ありがとう。うれしかったです。
もう少しぴりっとした姿をお見せできればよかったのに、ヨレヨレしてましたね。
でも最後にミラクルパワーが出てよかったです。

Posted by: こうめ | 2010.09.02 at 06:31

ああ、あれは増田さんだったのですね。こうめさんのゴールシーンはUst中継でしっかり見届けましたよ~。だってあの赤いのはこうめさんだけだもの。

完走おめでとうございます。フルマラソンはやはり完走すること、いやそれよりも、スタートラインに立つことが勲章ですね。僕も再びスタートラインに立てる日が来るかな。

Posted by: まっち | 2010.09.04 at 00:21

はじめまして。
いつもブログ拝見させてもらっています。
北大前くらいで、こうめさんにブッちぎられた者です。
こうめさんが、写真を撮る為?に立ち止っている時に抜かし、その後すぐに抜かされるという事を繰り返していましたが、北大前あたりで僕の視界からこうめさんが消えてしまいました。。。
でも、僕的には25~40キロ辺りの一番キツイ時に、こうめさんに引っ張ってもらった気がしています。(勝手ながら。。。)
有難うございました。

Posted by: ひと | 2010.09.04 at 09:05

暑い中のレース、お疲れ様でした。
今年もレース前・レース中・レース後とこうめさんにお会いできて、大事な任務達成♪♪と喜んでいます。
一昨年のDNFの時のようなちょっとした不安はありましたが、今回はきっと、こうめさんはゴールまで行きつくと、信じていました。
その確信どおり、北大では軽快な足取と最高の笑顔で、ホッとしたと同時に私も嬉しくなりましたよ。

あんなに暑くて、応援の私ですら汗だくだったのに、走った皆さんの強さには本当に感心しますし、皆さんすばらしかった!
応援・ボランティアの方たちもとても温かみがあって、本当にすばらしい大会です。
そうですね・・・朝6時からのスタートとか、10月の開催だったら、私も応援やめて走るかも・・・(笑)

体をゆっくり休めて、また次のレースを楽しんでください。
こうめさんが楽しく走っている様子を、またここで拝見したいと思います。

Posted by: 海実子(みみこ) | 2010.09.04 at 15:57

まっちさん。動画配信されていたんだね。増田さんはいつもの優しさで、ランナーに声をかけていました。うれしかったよ。遅い人たちを待っててああやって声かけてくれるなんてね。
まっちさんの復活の日、楽しみに待ってます。私も北海道マラソン復活には4年かかったよ。

ひとさん、初めまして。もっとヨレヨレせずに走っていれば良かったんですけどね。頼りない引っ張り役ですみませんでした。が、最後は急に復活しました。ごめんなさい。

海実子さん。今年も応援ありがとうございました。応援が増える最後で復活できてよかったです。というか・・・ずっとちゃんと走れよって感じですが(笑)いつか海実子さんも参加者側へ。その時は私、応援団で頑張らせていただきます。

Posted by: こうめ | 2010.09.04 at 20:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/49302365

Listed below are links to weblogs that reference 2010北海道マラソン-完走はうれしいものだ:

« 北海道マラソン2010-明日はやっぱり暑いね | Main | 9月9日「アスリートの風」に出るのです。 »