« 洞爺湖マラソンの天国と地獄 | Main | 小さいけど幸せはたくさんある »

2010.05.30

ようこそ長沼合宿へ。

ぐずぐずした天気が続いていたのに、昨日は久々の朝から青空。早朝の便で、千歳入りした「は」さんが、案内役の札幌の「せ」さんと共に長沼プチ合宿にやってくる日。
田舎を走りたいとつぶやいていた「まぁちゃん」も誘って4人で楽しむことにした。
温泉前で千歳からやってくる車を待ってる間も、ポカポカとお日様の日差しがうれしくて緑が気持ちよくて。なんかそれだけで癒される感じ。まぁちゃんと私は考えてみたら、ほぼ親子の年の開きありか~。一緒に遊んでくれてありがとう。

4人揃って本日のトレーニング場所は馬追山。トレランは初めてという3人に合わせて、今日は「ゆるコース」。の割りに、最初の登りはきつかったね。
IMGP6114 
温泉からゆっくり山に向かって走って名水から山に入る。ドーム跡ルートを登って尾根に出たらあとは下りの(F~G)3.4キロトレイル。瀞台はスルー。登りは無理せず歩いて登ります。
IMGP6117 
「は」さんは走ってました~。気持ちいいものね。
 

 

 

 


IMGP6116

 

2週間前には咲いていなかった花が開いてた。クルマバソウかな

 

IMGP6122

 

 

ヒトリシズカもたくさん。



IMGP6123 
ここまでくればあとは気持ちよい下りだけ。
IMGP6125

IMGP6126 
何しろ緑が目にまぶしいほど。この緑の色は今だけの贅沢品。
トレイルを出てからは気持ち良く下りを走って、名水に戻って給水タイムです。あとは温泉でさっぱり。

アフターは、ほくほく庵でうどん。デサートにハレル屋でロールケーキ。そして畑さんのイチゴ。押谷さんのアスパラとフルコースだったのだ。
IMGP6128 IMGP6130
IMGP6131 IMGP6134
都会の空気を田舎の空気に入れ替えできたかな。
また来てね!

|

« 洞爺湖マラソンの天国と地獄 | Main | 小さいけど幸せはたくさんある »

Comments

あっ、このイチゴちゃん、もしかして老舗祭りでも売られてた高級甘あまイチゴですか?すごいグルメコースですね!

Posted by: うぺぽ | 2010.05.30 at 21:22

うぺぽさん。そうです。あのイチゴ。
甘甘イチゴは、お客様のご要望でご案内~。

Posted by: こうめ | 2010.05.31 at 18:02

こうめさん!お世話になりました。ほぼ1年ぶりの再会。こっちに戻ってきたら、なんか燃え尽き症候群、ってくらいの感じな<おもてなし>を感謝感激です。
自分のブログでは、<あめ編>、<ムチ編>で思い出を記録しておこうと思います。
<ムチ>の方、思った以上にいたぶっていただき、おかげでアフターのジェットバスの気持ちのいいこと。
<あめ>のオマケというかサプライズでのsagraの持ち込みおまかせメニュー、参りました。
いっぱい書きたいけど、このへんで。また、ギュ~ってハグしに行きますんで、<ムチ>お願いします。感謝。

Posted by: hagidas | 2010.05.31 at 23:47

hagidasさま。
2回目ともなると少し趣向を変えてと、ね。「せ」さんの交渉力でsagra持ち込み可能になったと思いますよ。
写真楽しみにしています。うまうま~だったでしょ。

Posted by: こうめ | 2010.06.01 at 06:15

長沼親善大使のこうめさんのおかげで、みんなで幸せな体験をできちゃいますねっ♪ハッピー♪
「ハレル屋」天気も晴れた屋(ノ∀`)・゚・。!

Posted by: ジュンジュン(ズンタン) | 2010.06.01 at 06:58

ジュンジュンさん。今回は親善大使の役目立派に果たしました~。
天気が良かったのでとっても嬉しかったですよ。

Posted by: こうめ | 2010.06.02 at 21:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/48492613

Listed below are links to weblogs that reference ようこそ長沼合宿へ。:

« 洞爺湖マラソンの天国と地獄 | Main | 小さいけど幸せはたくさんある »