« 文化活動とRUNスタイルの共通点 | Main | 自分にしかわからない嘘はつかない事―コンサ曽田選手談 »

2009.12.04

夢を叶えるために

夢は思っていても叶わない。そうだよね。

自分の夢は口に出して、家族や友だちや大勢の人に共感してもらおう。そして実現に向けて支えになってもらおう。

ホントにそう思います。

登山家の栗城史多さんを知ってますか?北海道民はご存知の方も多いかもしれません。
世界7大陸最高峰のうち6大陸を単独で登った1982年生まれの若者です。 最後に残ったエベレスト単独無酸素登頂に今年の9月にチャレンジしたけれど残念ながら成功できず。 でも彼はもう次のチャレンジ向かっています。

彼のブログの本日のタイトルは「叶う」。

黙って挑戦も良いけれど、私は断然「有言実行」が好き。
今年1年は、ランニングに関しては口に出す夢もあまりなく、のほほんさんだったけれど、そろそろ夢を語りたくなってきたのです。
1日に十回、口にすると叶うんだって!
十一回、口にしちゃだめらしいです(笑)

ウエストに寒さ対策のように張り付いてきた脂肪を落としたいと思いつつ、休養明け宣言でもしようかな。

来年の洞爺湖マラソンで、3時間30分以内で走りたいなあ。

-----あらあら、もっと上を目指すと言う宣言を期待した方、いませんか~(笑)
ものごとには順番というものがあります。まずはここから。
2010年5月23日洞爺湖マラソンまであと170日でした。

|

« 文化活動とRUNスタイルの共通点 | Main | 自分にしかわからない嘘はつかない事―コンサ曽田選手談 »

Comments

洞爺湖サブ3.5スタート宣言★こうめさんの松ぼっくりスタートの勢いがあれば、北国の春にはビシッと仕上がっていくのだと思われます(o^-^o)。
お正月前から取り組む減量作戦は、功を奏すかもしれませんね☆どんな食生活を送られるのでしょう。
■■з゚)こっそり…チラリ

ちなみに栗城クンは大学の後輩です(むこうは知らないだろーけど (ノ∀`)・゚・。 笑)

Posted by: ジュンジュン | 2009.12.04 21:07

ジュンジュンさん。
冬の間は松ぼっくりスタートよりも、じわじわ行ったほうがいいのかななんて思ってますが・・・。
減量作戦は正月明けからだったら手遅れだと思われます・・・。今でギリギリかな(笑)

なんと栗城さん、後輩でしたか!じゃ、同じ山岳部!すごっ!

Posted by: こうめ | 2009.12.05 08:31

いぇいぇ、当時大学に山岳部はなく、ワタクシは一人で道内あちこちでかけたり、北大の人たちとわぃわぃやっておりましたヽ(´▽`)/♪当時はまだ女子大でしたー。

Posted by: ジュンジュン | 2009.12.05 10:42

はじめまして
写真の女性、はちきれんばかりの笑み、素敵です。
プラス思考ですね、前向きですね、行動派ですね。
夢と現実の時間差縮めてくださいね。
余計なことですがほどほどにね。

Posted by: エスプリ | 2009.12.05 11:52

はいはーい、私も便乗しまーす。ずばり

「東京マラソン完走」!

レベル低いですが、今はそれが精一杯なので。これが叶ったら洞爺で3.5にどこまで肉薄できるか、できるところまで頑張るに変更しまーす。

PS:私もまずは減量から。走れない間に肉襦袢がたっぷり(^^ゞ

Posted by: うぺぽ | 2009.12.05 22:06

口に出して叶えるって、大事ですよね。
なかなか思うようにいかなくても、一歩ずつ夢をかなえていけばいいかなって、思います。

ゆっくりでいいから、夢(小さくても)を叶えようと思いました。

減量・・・私も・・・(明日から(;´д`)トホホ…)じっくりと実行ー。

Posted by: おおひろ | 2009.12.05 22:48

ジュンジュンさん。そうでしたか。女子大生だったジュンジュンさんて、なんか変な感じ(笑)

エスプリさん。ありがとうございます。確かに「ほどほどに」が一番大切と思います。その辺はだいぶ学習しました。なにせ「年」ですから(苦笑)

うぺぽさん。そうですね。まず目の前の夢をクリアしてから、次ですね。東京マラソン、ぜったい完走してね。だって、みんなが走りたくても走れない大会だからね~。
肉襦袢て簡単に着用できるけど、脱ぐのはなんと難しいことか。

おおひろさん。ゆっくりでも叶えましょう。一つずつだね。減量・・・今日からってことになる?

Posted by: こうめ | 2009.12.06 06:04

とっても興味深いお話です。
特に最初の数行、深く同感させていただきました!

もし、雲を掴むような大きな漠然とした夢を抱えていたとしても、そこに繋がる小さな具体的な夢がいくつもあるはずだから。
それをはっきりと口にしていれば、気合いも入るし周りから見守ってもらえるし、何よりずっと楽しい毎日になりますよね。
ちょうど新年ももうすぐだし、私も何かを宣言しよう!って思いました。
10回ですね(笑)

こうめさんのすがすがしい決意!
私もチラリ☆とのぞき見させていただきますです…ぬふ。

Posted by: ぶんぶん | 2009.12.07 17:56

ぶんぶんさん。やっぱり周りに宣言するとしないでは違いますね。言ってしまえばなんとかしないといけなくなるし。
新年の宣言はお勧めです!1月2日、お仕事お休みだったらぜひ三角山に行きましょう!

Posted by: こうめ | 2009.12.07 20:00

わーすごくタイムリーなブログでびっくりしました。
私は自分の夢を口に出して言っちゃった方がいいのか、言わないでおいた方がいいのか、最近いろいろ考えていたんですが、やっぱり有言実行ですよね!
私の夢はハーフで105分切り、そして仙台国際ハーフに出場することです。
あと2分のところまで来ました。来年の5月に走れるように、今シーズンは頑張ります。
こうめさんも洞爺湖でぜひぜひ3時間30分を切って下さい!

Posted by: みなみ | 2009.12.07 22:31

みなみさん。あと2分ですね。宣言したからきっと達成できますよ。応援してます。お互い頑張ろう。

Posted by: こうめ | 2009.12.08 06:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢を叶えるために:

« 文化活動とRUNスタイルの共通点 | Main | 自分にしかわからない嘘はつかない事―コンサ曽田選手談 »