« 走って伝えられること | Main | 文化活動とRUNスタイルの共通点 »

2009.11.21

横浜国際女子マラソンで咲いたfrunの華

 前の日曜日に開催された第一回横浜国際女子マラソン。
 もちろんテレビの前でじっくり観戦。でも、残念ながら市民ランナーは全く紹介されず・・・。後半で、 我が町に豪雨が襲ってきて停電になってしまったり、散々だったけれど、私の所属チームfrunの高速ランナー2名の完走を確認して、ホッとした。

 3時間15分以内という高いレベルの参加資格 (ランナーズ誌のフルマラソン1歳刻みランキングによると女性でこの資格をクリアするのは全体のわずか2.6%。 男性のサブ3よりも少ない比率です。)をクリアした精鋭たちでも、高い気温と強い風に悩まされた人が多かったようで、 3分の1の人が完走できなかったとの事。そんな中で見事完走は本当に素晴らしい。
 スタートに立つまでには、時には厳しい練習もあっただろうなとか、体調が悪いこともあっただろうなとか、 仕事とRUNと家事を頑張った仲間の顔が思い浮かんだ。

 そして応援に繰り出した仲間の話を読んだり写真を見て、胸が熱くなってきた。
 本当に楽しそうに走ってる。楽な条件ではないのに、レースを心から楽しんでいる。気持ちの余裕がないとこんな顔はできないだろうなあ。
 頑張っている仲間の姿を見るのはなんと嬉しいことか。
手を振るバニーさん
仲間の声援に大きく手を振るバニーさん

サングラスを取る1 サングラスを取る2
サングラスを取って声援に応えるなみこさん
仲間に気が付いてサングラスを取って声援に応えるなみこさん
(写真は、frunのりっきさんからお借りしました。)

frunの赤いウェアが輝いていました。
タイム的には満足のいくものではなかったようだけれど、でも、二人はまだまだ上を目指して更なる飛躍をするでしょう。
レースで輝いて走るには、やっぱり目に見えないところの地道な練習があってこそ。そんな事を実感したのでした。

 去年の今頃、最後の東京国際女子マラソンを走ってしばらくのんびり宣言をしていた私。今年はレースもフルマラソン3本のみ。 しかも特別な練習はなし。気楽に走って頑張らないという選択をして過ごしてきた1年だった。
 でも、横浜で走った輝いている女性ランナーを見て、なんだかまた少し頑張ろうかなという気持ちになってきた。

 1年に1回くらいは頑張るレースがないとやっぱり張り合いないし(笑)
とりあえず、冬の間はみっちり体を作る事にします。

この連休中は、マラソンシーズン真っ盛り。つくばや、福知山、大田原とレースを走るみなさんも多いことでしょう。みなさんの健闘を祈ります。

|

« 走って伝えられること | Main | 文化活動とRUNスタイルの共通点 »

Comments

TVで見ました。
スタートシーンで確かにFRUNシャツを確認出来ました。バニーさんかなみこさんかはさすがに分かりませんでしたが、応援する側からは周回コースで何度も会えるので今後も楽しみな大会ですね。でも出場資格は広げて欲しいですね。

Posted by: Bean | 2009.11.21 09:21

三角山から何と叫ぶのか楽しみです(笑)

Posted by: gen | 2009.11.21 21:16

横浜を駆け抜ける女性達は、素敵に輝いていましたよ。
厳しい標準をクリアしている方たちの走りは、みな力強く、そして光り輝いているように見えました。
その中に、今年はいないけど、やっぱりこうめさんの姿を探したいな~と思いながら、赤いニコ3の旗を振って応援しました。

これからも毎年、応援に行きたいと思います。
頑張る女性達に、私も力をもらえるから。

Posted by: 海実子(みみこ) | 2009.11.21 22:11

Beanさん。スタート直後なみこさんの後姿が見えた時は、うれしかったです。頑張って~と心の中で声かけましたよ。
出場資格・・こればっかりはしょうがないです。出たければ参加資格をとればいいと思っています。

genさん。期待しているような事は叫ばないと思いますよ~。

海実子さん。本当に走ってるみなさんを見てるとなんだか自分も頑張ろう!って思えますよね。応援お疲れさまでした!

Posted by: こうめ | 2009.11.22 06:11

陰ながらの努力、レースをみているとそういうところを想像して、またメキメキ力が湧いてきて、元気をもらえますよね。frun走者のお二方とも、引き締まったカラダ、努力の成果が現われておりステキですね。

Posted by: ジュンジュン | 2009.11.22 21:02

ジュンジュンさん。
二人ともきっとすごい努力をしたんだと思います。そしてまだまだ上を目指している。素敵な女性たち。そんな仲間が回りにいるのは刺激になっていいですね。

Posted by: こうめ | 2009.11.23 07:02

りっきです。遅ればせながら、自分の撮った写真を使って下さりありがとうございます。

自分は現場に立ち会ったので、当然、臨場感とか感動とか、たくさん肌で感じてきました。
でも、こうめさんのような、同じ国際ランナーだと、たとえテレビ観戦であっても、感じ取るものは僕の比じゃないのでしょうね。
ブログの文面を読ませて頂いて、とっても刺激を受けられた様子が、読み手にビンビン伝わってくる記事ですね。

こうめさんも是非、横浜にお越し下さい。写真のウデ磨いてお待ちしています。

Posted by: りっき | 2009.11.28 06:30

りっきさん。福知山お疲れさまでした。そして東京マラソンも・・・おめでとう!
写真ありがとうございました。テレビではトップランナーしか映らなかったのでりっきさんの写真でみなさんの頑張りが手に取るようにわかりました。頑張ってるみなさんは美しいですね。

Posted by: こうめ | 2009.11.29 06:14

こうめサン、こんにちは。

知り合いランナーが沢山居る方が、応援のし甲斐があるってモンです。横浜でお待ちしています。東京国際に続く力作の完走記も、期待しています。

デワデワ

Posted by: XJR13クジラ | 2009.12.06 13:38

XJR13クジラさん。
そうですよね~。知ってる人が多いほうが・・・。しかし、今の私はまず3.5くらいのレベルですから。修行して目途が立ったら応援お願いに上がります!

Posted by: こうめ | 2009.12.06 18:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横浜国際女子マラソンで咲いたfrunの華:

« 走って伝えられること | Main | 文化活動とRUNスタイルの共通点 »