« 北海道マラソン完走記-「頑張らない」という選択2 | Main | 走・走・漕・漕・走 »

2009.09.13

北海道マラソン完走記-「頑張らない」という選択3

北海道マラソンから2週間経って、相変わらずのんびりしてます。10月初めは別海でまたフルなんですけどね。まあ、いいか。
昨日は20キロ走りましたが、今日は足は休養。替わりに千歳川を2回下ってきました。 サイクリングロードを頑張って走ってる人いっぱいいましたよ。
さて、3回目。
-----
今年の北海道マラソン。頑張らないって決めたので、後半にペースを上げても心拍数がぜいぜいするほどまでは頑張らずに北大~道庁を通過。
でも北大構内では、たぶん自分の記録更新を狙っているのか、 回りの人が振り向くくらいハァハァするまで追い込んで走っている女性ランナーが私の横を通過した。追い抜いていった背中に心の中で 「頑張って!」
私だって、40キロ近くになって必死に走ったこともあるので気持ちはよくわかるつもり。

頑張らないと決めていたけど、応援で「頑張って~!」と声をかけられたときはもちろん「は~い!頑張ります!」と応えた。 エイドの人たちが飲み物を入った紙コップを手に必死に「頑張って!」声をかけてくれるのを見て、私は胸がつまってしまったほど、 うれしかった。
頑張らないけど、頑張る。そんな気持ち。
だから、今回は応援には精一杯の笑顔で「頑張ります!ありがとう!」って応えた。

去年、おととしと完走できずに、メダルを下げた人をうらやましく眺めていた私だけど、今年は笑顔で完走できそうだ。そう思ったら、もう、 うれしくて、うれしくて。
道庁を抜けて、大通公園脇の最後の直線は、大勢の人が重なって声をかけてくれている。
「こうめさ~ん」の声にはっと横を見ると、去年の11月の東京国際女子を一緒に走った仲間がいた。あれ?今年は出ていないの?

ゴールゲートの手前では、ちゃんとグリコポーズ。タイムは良くないけど、納得行く走りができたので、満足のグリコだった。

ゴールで出迎えてくれたのは、見事自己ベストで念願の3時間40分を切った美ジョガーさん。なんだか自分の事のようにうれしかった。
ボーイスカウトにメダルをかけてもらって、すっきり晴れやかな気分になった。
やっぱり北海道マラソンは完走しなくちゃだめですね。

「頑張る私」と「頑張らない私」、どちらも間違いなく私。
どちらも、フルマラソンの42キロを走るのがやっぱり奥深くておもしろいと思っている私だった。

更衣室で着替えて外にでると、ゴール前の直線で声援を送ってくれた東京国際女子仲間に偶然出合った。
横浜国際女子の参加基準が3時間15分になっちゃった事などで、ちょっとモチベーションが下がってしまって出場しなかったとの事。 でも走ってる人たちを見たらまたやる気が出てきたみたい。
本当の国際ランナーにはなれなかったけど、走る楽しさと苦しさがわかるようになった私たちだったような気がして、 別海で会おうねと言って手を振った。

ボーイスカウトにかけてもらったメダルは、うれしかったので、家に帰るまで首にかけたまま。NYと違ってここは日本の札幌だから、 メダルを見て「おめでとう」とか「あんたはすごい」とか言ってくれる人はいないけど、そんな事はどうでもいいの。 夏の終わりの一日に42K完走してちょっとうれしかったし、多くの人が声援を贈ってくれた感謝の気持ちを込めて、こうめさんの首には 「FINISHER 2009 8.30」のメダルがかけっぱなしになっていました。
選挙の特集ページの関係でレースの翌々日の火曜日の新聞に出た多くの北海道マラソン完走者の一覧を見て、 「そういえばなんか首から下げて電車に乗ってたおばちゃんいたな~。そうか、選挙の日だったけど、マラソンだったんだ。 42K走る人ってこんなにたくさんいるんだな」くらいに思ってくれた人が何人かいたらそれでうれしいと思います。 

「走るのって楽しいよ♪」と思えた北海道マラソン2009でした。

|

« 北海道マラソン完走記-「頑張らない」という選択2 | Main | 走・走・漕・漕・走 »

Comments

頑張らない頑張りってわかりますよー。
何かをクリヤーしたから、自分でokだしするんじゃなくって、やって何らかの結論が出たらいつでもok。

壊れない生き方だってあると思います。
破壊して再生もありだと思うけど、正常進化っと言うのもある。いろいろあってもいいと思う。

それに、、、体力が衰えて行くことがダメとは思いたくないです。

Posted by: shimo | 2009.09.14 at 02:22

こうめさんにとって、やっぱり北海道マラソンは特別な大会なのですね。
肩の力を抜いて走れるようになるのはいつのことやら…。
《頑張らないけど頑張る》。
どこがどうなのよ!と問われると自分は答えられないけど、なんとなく分かります。
走ることでは出来ていないけど、他のこと、~勉強でも仕事でも恋愛でも~そういう気持ちは合った気がします。

今はダメダメダメ子ですが、こうめさんのような感情を持てるようになりたいです。

Posted by: ぶらんぼう | 2009.09.14 at 14:17

こうめさん、3回シリーズ完読しました~。どんな大会でも、頑張っても、頑張らなくても、やっぱり完走するのが目標だなー。昨年のNAHAでそう思いました。5kmでもフルでも、やっぱり完走したときの気分はなんとも言えませんよね。楽しく走るのが一番で、二番目が完走かな。頑張るかどうかはそのとき次第なんだろうなと思います。僕はこの秋冬は「頑張れない」シーズンになりそうですよ(笑)。

Posted by: まっち | 2009.09.14 at 22:22

shimoさん。その通りですね。
そうそう。体力の衰えに逆らわず、だからこそわかる経験則とか楽しみ方とか、大切にしていきたいと思っています。

ぶらんぼうさん。北海道マラソンは地元だし、簡単に完走させてくれないので他の大会とはちょっと違った気持ちになるのですが、肩の力を抜けるようにようやくなったという感じです。
まああせらず、気張らず行きましょう。

まっちさん。完走しないとやっぱり気持ち悪さがあと引きますよね。楽しく完走できれば、タイムはあと回しでもいい感じ。秋~冬のお楽しみマラソン、頑張れなくても楽しく完走してね。

Posted by: こうめ | 2009.09.15 at 07:42

一緒に走っているような気分を味あわせていただき、ありがとうございます!
今年はどうなることやら…と不安でしたが、ステキな大会でしたね。

私は今年初めて給水ボランティアに挑戦し、40km地点を担当しましたが、
ランナーの姿に非常に励まされました。
周りはボランティアのベテラン揃いだったのにも感動しました。

気温が低くて給水は忙しくなかったこともあり、
安心して応援に専念できましたよ。

やみつきになったので、来年も給水したいと思います(笑)
来年も、低温微風のコンディションでありますように。
ご報告を読ませていただき、ありがとうございました!

Posted by: えつけ | 2009.09.20 at 14:54

えつけさん。ボランティアありがとうございました。40キロの皆さんは大きな声で励ましてくれてとっても気持ちが良かったです。
来年はこんなに恵まれた気候ではないかもしれないけど、また楽しく走りたいと思います。
応援よろしくお願いします。

Posted by: こうめ | 2009.09.20 at 18:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/46204048

Listed below are links to weblogs that reference 北海道マラソン完走記-「頑張らない」という選択3:

« 北海道マラソン完走記-「頑張らない」という選択2 | Main | 走・走・漕・漕・走 »