« うれし涙・・・ | Main | サンタクロースチャリティラン »

2008.12.03

東京国際女子マラソン

今年もあと1ヶ月弱になってしまいました。
11月16日の東京国際女子マラソンから、もう2週間以上経ってしまったけれど、あの日の事はまるで昨日の事のように思い出すことができます。

3年間頑張って練習した甲斐があったなというレースだったと思います。自己ベストはでなかったけれど、今の自分の練習量や内容からいうと、とても良い結果でした。

応援してくれたみなさんどうもありがとう。

完走記をようやく作成しました。

2008年東京国際女子マラソン完走記

  2008年 (2007年) (2006年)
5km 23:06 (22:48)  (22:21)
10km 46:42 (45:56)  (45:12) 
15km 1:10:28 1:09:52 (1:08:25) 
20km 1:34:23 1:33:53 (1:31:48) 
中間 1:39:35 1:39:11 (1:36:59)
25km 1:58:08 1:57:49 (1:55:43)
30km 2:22:25 2:22:09 (2:20:08)
35km 2:47:21 2:47:33 (2:45:42)
40km 3:13:03 3:15:35 (3:12:22)
ゴール 3:24:42 3:28:02 (3:23:45)
  曇 15.5度 晴れ 18度 雨 10度
タイム的には、前半は前回2回に比べて遅めの入りだったけれど、最後の坂のタイムは今回が一番良かった。 夏から秋の初めにかけての不調からようやく脱出して、本番にこれだけの走りが出来たことは、本当にうれしかった。

100_3552 3年間のこうめの「東京国際女子マラソンチャレンジプロジェクト」は完結です。

|

« うれし涙・・・ | Main | サンタクロースチャリティラン »

Comments

こうめさん、遅くなりましたが、お疲れ様でした。完走記読みました。

今年は前半調子良くなかったみたいだったので心配していたんですが、ここ一番しっかり合わせて来たのはサスガですね。夢叶わなかった私には本当に羨ましい限り。それから女子マラソンが始まった頃がちゃんと記憶にあって、だからこそ感慨深い物でもあるのでしょうね。記録を目指すのは今年で終わりと聞いていますが、来年の誕生日のNYCも前回のリベンジがあると思うのでこうめさんらしく走って下さいね。

Posted by: NAOJI | 2008.12.03 12:24

読ませて頂きました。
完走する事の難しさを改めて知りました。
こうめさんのお人柄が多くの人を
惹き付け、周りにも幸せを与えてくれて
いたのですね。
写真が遅れていてごめんなさい。
これからも楽しんで走って下さいね。
同級生を逢わせて下さって、本当に
ありがとうございました。
お疲れ様。

Posted by: chichiの母 | 2008.12.03 16:05

お疲れ様でした。私は「完走」できませんでしたが、自分自身の中で「完結」できたと思っています。幸い足の痛みもなく、徐々にですが走り始めました。また、どこかの大会で一緒に走ってくださいね。こうめさんは私の走る目標ですから!

Posted by: しぶまま | 2008.12.03 16:47

やったー!!こうめさんの完走記、すっごく楽しみにしてました。去年東京の沿道で走る生こうめさんを見て感動し、「よし、私もいつか絶対に!」と誓ったことを思い出しました。テレビに映らないたくさんの参加ランナーが、夢の大会へ思いを馳せて毎日の生活の中で走る時間を工夫をして確保して頑張ってる。自分が走り始めるまではテレビで見る超エリートランナーの「競争」だった東京国際が、もっと温度を持った生身の対象にがらりと変わりました。
東京国際女子で快走するこうめさんも、このビッグイベントが終わってもやっぱり毎日走っちゃうこうめさんも私のあこがれです。次のこうめさんの目標が何かまだお聞きしてませんが、少しゆっくりされたらまたきっと私たちが考えもしなかったような夢を聞かせてくださるんじゃないかとヒソカに楽しみにしています。お疲れ様でした!

Posted by: うぺぽ | 2008.12.03 17:39

NAOJIさん。自分で間に合うだろうかと少々(かなり?)心配でした。間に合ってよかった~。30回目の区切りを自分の頑張った3年間の区切りにしたかったので、頑張れたのかもしれません。

chichiの母さん。女子にとって3時間30分って一つの壁のような気がします。だから簡単には完走させてくれなくて。その分、嬉しさも倍増です。写真、お暇な時に送っていただけたらうれしいです。完走記に追加しますので。

しぶままさん。回復順調なようでよかったです。スタートラインに立つまでが9割を占めてるから、たとえ全部走れなくても納得いくのもわかるような気がします。これからもどこかで一緒に走ることがあると思います。どうぞよろしく。

うぺぽさん。テレビには全く写らないけど、市民ランナーのドラマはトップ選手のドラマに劣らないほど素晴らしいものがあると思います。1000人いたら1000通りのドラマがあるのです。
うぺぽさんも横浜目指して頑張ってくださいね。

Posted by: こうめ | 2008.12.03 19:19

目頭が熱くなりました。諦めない心、喜びを持って走ること、まるで著名な作家さんのエッセーのように、一気に引き込まれました。
いや、著名な作家さんじゃなくて、実際に感じて走ったこうめさんだからこそ書ける文章なのでしょうね。
勇気をありがとうございます。

Posted by: ゆきねこ | 2008.12.03 21:16

改めて、東京国際女子マラソン、お疲れ様でした。
ああ、よかった。応援にいけなくても、こうめさんの元気に走る姿がココで見られた~。
そして今回も、最高の笑顔のグリコゴールが素敵です。
走った人も、走れなかった人も、全てのマラソンファンが、この大会の終結を残念におもっていると思います。
また違った形で、頑張っている女性ランナーが、世界のトップランナーと一緒に走れる大会を開催して欲しいものです。

そしてこうめさん。
私もこうめさんに習って、最高のグリコゴールが出来るように、走ることを楽しんでいきたいと思います。

Posted by: 海実子(みみこ) | 2008.12.03 21:20

大作読ませていただきました。最高♪

あの日、第一部スタートをトラックの中で見送っている時、ほとんどのランナーは緊張感などかけらもなくお祭り騒ぎでした。それを見た役員の方が「次はあなたたちが主役ですからね~」と言って更に笑わせてくれました。

こんなにスタートラインに立てたことが嬉しくって嬉しくってたまらない大会は今までなかったです。そして走っていて楽しくて楽しくてたまらなかった大会もなかったです。ゴールに近づくと終ってしまうのがとても寂しかったことを思い出します。

Posted by: NO.71 | 2008.12.03 22:07

最後の坂が今回一番速かったなんて、マラソンの神様も粋な計らいをしてくれますよね。お疲れ様でした。

Posted by: むうさん | 2008.12.03 23:13

拝見させていただきました。なぜか、涙が出そうになりました。
はじめて、こうめさんのブログを見たのは、2年前、東京国際女子マラソンに初参加されたときの「応援が背中を押してくれた」でした。
赤がやたらと目立ったそれは、最初、なんじゃこりゃ~、と思いました。ところが一読後、初めて知った世界に、大変感動しました。
以来、こうめさんの大ファンになりました。
そして今回の完走記でひとつの区切りがついたのかと思うと、感慨もひとしおです。
私は今年から、というより最近マラソンにまじめに取り組みだしました。
そして、ひとりで続けることは難しいと感じて、走友会はfrunを選びました。
こうめさんは、これでひとつのプロジェクトが終わったとのことですが、私もこうめさんに少しでも近づける様、高い志を持って頑張っていこうと思います。
こうめさん、本当におめでとうございます。
そして、ありがとうございました。

Posted by: REI | 2008.12.04 01:10

昨日何度も読み返しました。
わたしはマラソンも駅伝もエリートランナーの集団で、
自分とは別世界の人たちのものだとずっと思っていました。

Qちゃんの言葉がこうめさんを動かしたように、
こうめさんの言葉にわたしは動かされて走るようになりました。
Let's run with a smile!
なんて素敵な言葉なんでしょう!
少しずつ、その域に近づいて走っていこうと改めて思っています。

Posted by: ぶらんぼう | 2008.12.04 09:34

こうめさんと一緒に、私も東京国際女子マラソンの10分の1の歴史のひとつになれたこと、改めて光栄に感じています! 

それに、こんな素敵なこうめさんと、いろんな偶然が重なっていることを、すごく幸せに思っています。東京国際をきっかけに走り始めたこと、実際に走った3大会とも朝一番で更衣室で会ってゴール後にも会えたこと、同じランナーさんを真ん中に伴走ロープでつながっていたこと・・・。

いつか北海道も走りに行きますね! これからも、ずっとよろしくお願いします! 

Posted by: きょんこ | 2008.12.04 10:51

ゆきねこさん。走った人じゃないとわからない事ってきっとあるんじゃないかと思います。雰囲気が伝わったらうれしいです。

海実子さん。同じ日に海実子さんも別な場所でグリコしてるんだよなあと思って走っていました。横浜も素敵な大会になるといいですね。

NO.71さん。楽しかったですね~。
第1スタートも後ろの方はお祭り騒ぎで号砲を待っていましたよ。トラック走っているとき、第2スタートの方たちのやんやの喝采を聞いてこっちもうれしくなりました~。私も、3回ともものすごく楽しい気持ちで走れました。なぜだろうかと、3回走ってみて、女性のみの大会っていう事も関係あるのかなと思いました。なんだかみんな同志でしたよね。

むうさん。あとでタイムを比較してみて、気がついたのですが、うれしかったです。今回がゴール後の満足感が一番大きかったのは、そのせいかなと思います。

REIさん。私はそんなに高い志を持ったランナーでもなく、どちらかというと不真面目お気楽派です。だから、手抜きもたっぷり。頑張る時と抜く時としっかりメリハリつけるのが長続きするコツかと思います。

ぶらんぼうさん。もしかしたらエリートランナーさんのマラソンと私たちのマラソンはちょっと違うものなのかもしれないけど、走ることを楽しむことなら市民ランナーの方が上手かもしれないですよね。ボチボチやるのが一番です。頑張りすぎは、疲れますから(笑)

きょんこさん。同じ10分の1ですね。不思議と3回ともお会いできてうれしかったです。あんなに大勢の人の中だし、会えない人もいっぱいいるのにね。いろんな糸がちゃんと繋がっているのですね。北海道にいらっしゃる時はぜひお知らせください。

Posted by: こうめ | 2008.12.04 20:54

いいお話だなぁ。
素直に感動してしまいました。

今年前半は、なかなかうまくいかないこともあったようですが、やっぱりそういう経験をしたからこその、今回の好タイムだったのではないでしょうか。こうめさんの記事のおかげで、私の中で東京国際への期待値が相当あがってしまい、ちょっと心配でしたが、その期待を裏切らないすばらしい大会でした。

今までは傍観者として読んでいたこうめさんの完走記がぐっと身近に感じられるようになりました。また一緒に走りたいです!

Posted by: なみこ | 2008.12.05 19:57

なみこさん。良かった~、気に入ってもらえて。なみこさんが、私を抜いていく時、すごく楽しそうに「こうめさん。楽しいね~」って言って走っていったのが印象的でした。
傍観者じゃなくて、主役になれて良かったね。

Posted by: こうめ | 2008.12.06 20:28

最後の大会にこうめさんと一緒に出場できたこと、本当に心から良かったと思ってます。
私は嬉し涙じゃなくって悔し涙になってしまいましたが、東京国際女子を目指そうと、絶対に出ようと思った時から、もしダメでも思いっきり悔しがれるくらい頑張ろうと思ってたので、悔しさは薄れることはないですが満足です。
応援の人も出場の人も何とも言えない連帯感でゴールを目指した素晴らしい大会でした。あきらめずまたゴールを目指します!!どうもありがとうございました。またよろしくお願い致します!!!!
こうめさん、最高~~!!

Posted by: あさ-co | 2008.12.06 20:42

あさ-coさん。
あの連帯感はなんだろうね。他の大会では味わったことのないものだと思います。
今回は、残念だったけど、あさ-coさんの実力はみんなわかっていると思うし、まだまだ上を目指す人だと思うので、次、がんばりましょう!横浜で快走楽しみにしてますよ。

Posted by: こうめ | 2008.12.06 21:03

こうめさま
東京でお会いしたいかちゃん妻のkちゃんです
前日にお会いできて 嬉しかったです
東京が終わってはや1ヶ月が経ちますね。完走記、感動とともに、読ませていただきました。
あの日のことは日常から切り離された別枠の1日のように思えます。
東京は最後になりましたが、またどこかのレースでお会い出来ればなあと思います。
私も完走記書きました
お暇なときに 読んでいただければ嬉しく思います
http://ikachan42195.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-3a92.html

Posted by: kちゃん | 2008.12.14 23:20

kちゃん。東京ではお会いできて嬉しかったです。あれから1ヶ月、あの日はずっとキラキラ輝く一日のままでいるような気がします。特別な日だった。またどこかでお会いできますように。

Posted by: こうめ | 2008.12.15 21:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京国際女子マラソン:

« うれし涙・・・ | Main | サンタクロースチャリティラン »