« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

2008.03.30

田舎暮らしも7年目

あと1日で3月もおしまい。暖かい3月でたくさんあった雪もみるみるなくなった。いつもなら、 畑にたくさん舞い降りて餌を探すハクチョウたちも畑の乾くのが早かったのか、数が少ないような気がする。 そろそろもう少し北へ向かう時期なのかな。

札幌生まれ札幌育ちで、北海道の都会っ子を自負していた私が縁あって、この町に越してきて7年目に突入した。
来た当時は、知り合いゼロ。田舎の窮屈さがちょっときついなあと思っていた。
本屋もないので、好きだったふらっと立ち読みもできない。コンサートにも簡単には行けない。
走りに出ても、同じような畑の景色ばかりで単調な農道。迷子になったこともあった。
あ~、走ってカフェめぐりとか、お宅拝見RUNとか、何にもできないなあと思っていた。

そんな私も見事に変身!今では、すっかり地元っ子。狭い町だから知ってる人ばかり。どこかを走っていても必ず誰かに見られている。 クロネコのお兄さんともすっかり顔なじみで、道を通りがかると声援を送ってくれる。
信号もない農道を思う存分走れる事が気持ちいい。たまに、都会で信号待ちしながら走るとものすごいストレス。 車がびゅんびゅんの道で信号待ちしてるのもなんだか恐ろしい、ってな具合に見事に今の環境に適応したのでした。

今日は、相変わらず風が強かったけど、隣の町までパンを仕入れに走っていって、帰りも走って帰ってきました。往復33キロ。 家についたらリュックの中の食パンは少しつぶれていました(~_~;)
途中、ハクチョウのV字飛行や、畑で餌を食べているのを眺めながらのRUNでした。
ちょうど7年前もこんな風にハクチョウが飛んでいたのを思い出します。
カメラを持っていったので写真を撮りました。コンパクトカメラなのであんまりクリアに写ってませんが・・・。

V字飛行
V字飛行

飛び立ったハクチョウ
飛び立ったハクチョウ

水遊び
馬追運河のハクチョウ

畑で餌をさがす
畑で餌を探すハクチョウ

麦の香
麦の香・・・住宅街にひっそりとあります。

おいしそうなパンたち
どっしりドイツ系のパンもたくさん。

あさってから4月ですね♪ 気持ちも新たに過ごしましょう。

※追記:4月12日にfrun企画でくりやま老舗まつりRUNをします。frunの方はオフ会の談話室ご覧ください。 frun以外の方で参加希望の方は、ご連絡くださいね。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

2008.03.22

春の風景

今頃になると毎年やってくるハクチョウは、この町に住む人たちに、春の訪れを実感させてくれる。
今年も、11日に初めて出勤時に上空を「クヮ~」となきながら飛んでいるのを見ることができた。そしてだんだん数が増えていって、 あちこちの畑の中にどろんこになって餌を探している姿を見るようになる。

20日の祝日、曇天の中、北広島に向かって馬追運河沿いを走っていたら、いつもの白いやつとは違って、真っ黒な「コクチョウ」 が一羽混じっているのを見かけていた。カメラを持っていなかったのでそのままスルー。
そうしたらその日の夕方のテレビで、紹介されていた。STVどさんこワイド
なんでも、本州で飼育されていたコクチョウが逃げてハクチョウと一緒に飛んできてしまったらしい。
コクチョウはオーストラリアに生息している鳥との事。

まあ、それならば写真の一枚でも撮らなくちゃいけないわ。
という事で、本日昼間にカメラを持って走って見てきました。
馬追運河にかかるこの橋の上は今の時期いつも大勢のハクチョウ見物の人が訪れます。パンくずなど餌をあげる人が多いので、 ハクチョウたちもすっかり慣れてしまって、手ぶらで通りかかると催促されることも・・・(苦笑)

馬追運河にかかる橋
橋の下にはたくさんのハクチョウが・・・。

コクチョウ
これ「コクチョウ」です。くちばしが真っ赤。

Continue reading "春の風景"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2008.03.17

チャレンジ!- Qちゃんのテーマ

信じられないような展開になってしまった9日の名古屋国際女子マラソンからもう1週間以上が過ぎてしまった。
女子マラソンのオリンピック代表は、予想通り「土佐」「野口」「中村」の決定し、9キロから先頭集団を脱落したQちゃんは、 連日ワイドショーでも取り上げられ、手術の事をレース後に打ち明けたことに対して、言い訳だと非難されたり、反対に応援の声があったり・・・ 。

レースが終わってから、Qちゃんが今考えていることはなんだろうと考えていた私。
昨日の夕方のテレビ朝日系列の番組「誰も知らない高橋尚子」を見て、少しだけ、 ほんの少しだけQちゃんの思いや辛かったことがわかったような気がした。

手術をしたことをレース後に打ち明けたのが良かったのか悪かったのか、それは私にはわからない。
言い訳に聞こえたのかもしれないけれど、Qちゃんは言い訳したつもりではなかったんだろうなあ。
北京を目指して結成された「チームQ」の存在意義だってなくなってしまうかもしれない手術だったはず。
言わずに名古屋を走ったことも辛かっただろうなと思った。
もし、名古屋でQちゃんが勝っていたら、手術を隠してレースに出たことは美談になったのかもしれない。プロだから結果を求められる。 だから手術をして名古屋では万全の体制で臨んだはずだったのに・・・。

あの日は、膝の手術よりも、トイレまで駆け込んだほどの体調不良の方が影響したのではないのかなあ。
おなかの調子が悪いと脚がどんなに元気でも全然うまく走れない。・・・何度も大問題にやられた私の場合ですが・・・。 5キロのスペシャルの給水に失敗して、ゼネラルテーブルの水を口に含み、脚にかけているQちゃんを見て、今回はだめかもと思ってしまった。
本当にフルマラソンは難しい。どんなに準備万端でスタートラインに立ったとしても、 スタートからゴールまでのその時間に自分の体調がベストでないとうまく走れない。最後まで走る事だって大変な状態になってしまう。 名古屋のQちゃんの失敗は、コンディショニングの失敗という要因も大きいと思う。

そんなQちゃんが、懸命にゴールを目指して走る姿を見て、沿道では大きな声援が沸き、 テレビ中継も終わってしまった競技場に飛び込んできた時にも暖かい声援が飛んでいた。それに対して、Qちゃんは、 記憶から消してしまいたいほどのレースだったのに、笑顔で観衆に応えていた。その姿を見て、うるうるしてしまった。

「あきらめなければ夢はかなう」
それは、Qちゃんが自分に何度も繰り返し言い聞かせてきた言葉なんだと思う。
名古屋ではうまくいかなかったけれど、Qちゃんの走る姿を見て、この言葉は多くの人に伝わったと思う。 勝負の勝ち負けだけがメッセージではないよね。

だからきっとQちゃんはこのままでは終わらないはず。人生山あれば谷あり。次は山に向かって上って欲しい。
Qちゃんの新しいテーマは、チャレンジ! 
「力強い一歩を次に踏み出すためにも、 もう一回チャレンジをするんだという気持ちを持ちたい。」
番組の最後に言っていた言葉は忘れません。

--------
そして私もチャレンジしなくては。
去年は、2006年の東京国際女子マラソンで思いがけずに出してしまった好記録(3時間23分45秒)の後、 少し逃げの姿勢になってしまっていました。去年は、ベストの自分を上回ることはできないんじゃないかという気持ちがあって、 レースも練習も守りだったなと反省。
チャレンジする気持ちなしでは、記録の更新なんて望めない。
だから、今シーズンは気持ちを守りに持っていかないように、チャンレジあるのみ。
あと2ヶ月に迫った洞爺湖マラソンでは、攻めの走りをしたいと思っています。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2008.03.08

Qちゃんへ

いよいよ明日は勝負の日。
ゲンのいい名古屋国際女子マラソンで、Qちゃんがトップでゴールテープを切るのを楽しみにしています。

思い出すのは、2005年東京国際女子マラソンの日
見事な復活で、ゴール後に言った「夢を持つ事を忘れないで欲しい」という言葉は忘れません。
あの言葉で、私は3時間30分を切ってみようと本気で思いました。
何としても翌年の東京国際女子マラソンでQちゃんと一緒に走ろうと決めたのです。
そして2006年の東京国際女子マラソンの日。私はQちゃんと同じスタートラインに立つことができました。
あの日のQちゃんは、ちょっと元気がないように見えていました。結果は残念だったけど、 あの時の残念だった気持ちを明日のレースにぶつけてください。

「あきらめなければ夢はかなうんだ」っていう事、応援している人たちに見せてください。
明日はテレビの前で正座して応援しています。

-----------------

今日は、とっても良い天気で5度くらいまで気温が上がった。手袋も帽子もなしで、夏靴で乾燥路面を気合を入れて走ってきた。 2週間前の猛吹雪なんかなかったような陽気に恵まれた。
明日もいい天気かな。朝の内にちゃんと練習して、テレビ観戦に備えるつもり。
今年の最初のフルマラソン「洞爺湖マラソン」まであと3ヶ月弱。
記録を狙うつもりのレースなので、しっかり練習しないと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.02

それぞれの東京マラソン

真っ青な青空が中継されていてうらやましいぞと思いながら、東京マラソンを観戦してからもう2週間がたった。そして、3月に突入。
1週間前のあの吹雪はいったいなんだったんだろう??本当は東京マラソンの事先週書こうと思ってたけれど、それどころじゃなかった。 (夫は遭難してたし・苦笑)

東京マラソンに参加した人、応援した人、そしてボランティアに関わった人、残念ながら抽選漏れで指を加えながらテレビ観戦をした人。 それぞれが2回目の東京マラソンを堪能したように思う。
問題点はまだまだありそうだけど、みんなのブログを読んだりしていると、 お手本のNYCマラソンにずいぶん近づいたんじゃないのかなと感じる事ができた。
それぞれにとって思い出深い一日だったようでとてもうらやましいな。

故障をしていて満足な練習ができないまま当日を迎え不安な心がいっぱいだったけれど、沿道の応援
に力をもらって完走することができて、またこの日から新しい一歩を踏み出した京丸さん

家族の応援でペースが上がって、自己ベストで走ったFumikoさん。東京マラソンはマラソンの神様からの贈り物だったのかもって。いいなあ。

銀座を走っているとき、札幌マラソンで反対側を走っていた私の幻影を見たといってくれたnanaさん。幻影でも銀座を走れてうれしいです。 ありがとう。

スタート前に、東国原宮崎県知事に会って、結局ず~っと最後まで一緒に走ってしまったSHUKOさん。

乳がんの手術後半年で見事フルマラソン復活を果たしたKさん。完走おめでとう♪すばらしいです。

それから嬉しいことがもうひとつ。
去年の千歳JALのハーフで私が伴走を務めた「ゆっきーさん」が、見事東京マラソン初フル完走!
やりましたね。ゆっきーさん。
先日、電話でゆっきーさんと話をして、今年の千歳はフルに挑戦することに決定しました。
「次の目標が出来たので気が抜けないね」とやっぱり前向きな発言だった。
6月も楽しく走りましょうね。

みんなの完走記を読んでみると、まるで自分が走ったみたいにウルウルきてしまう。
それぞれ色んな思いが詰まった42キロで、やっぱりフルマラソンて楽しい事だったんだと再確認。
素晴らしい応援と素晴らしい青空。
東京マラソン。成功おめでとう♪

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »