« 再び「ほくほく庵」へ | Main | 年齢は壁じゃない~おめでとうYさん。 »

2008.01.27

大阪国際女子マラソンを見ながら考えたこと

今日は大阪国際女子マラソンの日。注目の福士選手が調整1ヶ月ちょっとでフルマラソンを走るという。
テレビ観戦必須だ~。

けれど・・・。NAOJIさんから、2月いっぱいお休みになるお馴染み「ほくほく庵」経由温泉RUNをしますよとメールが来ていた。 朝になって、どうしようか考えながら外を見ると天気もいいし。ちょっくら走ってくるか~と、 少しだけ積もった除雪をしてからいつものコースへ向かった。
千歳橋手前で無事NAOJIさんとgenさんに合流。走りながら、今日の大阪国際の話になる。
NAOJIさんが、「福士選手はどうかな~?」と聞いてきたので、
わかめうどんきっぱり「たぶんダメだと思う」と言ってしまった~!!

中継点のほくほく庵で今日は、「わかめうどん」。先週NAOJIさんが食べていておいしそうだったから。
おろし生姜が乗っていてわかめがいっぱい。体に良さそうなうどんだった。
2月いっぱいほくほく庵は冬休みで~す。みなさん、ご注意を。

うどんを食べた後は、家への最短距離を目指して、NAOJIさんgenさんとは途中でお別れ。

家に帰ると、すでにマラソンはスタートしていて、福士選手がぶっちぎっている。でも・・・。頭の中は???がいっぱい。
マラソンの調整期間がわずか1ヶ月とちょっと。しかも35キロや40キロは走っていない。いくらトラックでは国内敵無しだといっても・・・。 マラソンてそういうもんじゃないよねえ。
と思っていたら、やっぱり遅れだし、最後は、見ているのもつらくなるようなくらいのJogになってしまっていた。でも、諦めることなく、 最後までゴールを目指して無事ゴールラインを超えた時は、ホッとした。
福士さん。初フル、どんな感想を持ったのかが知りたいなあ。再びマラソンを目指そうしたときには、 きっと練習充分で最後までガッツのある走りをしてくれるに違いない。

そんなよれよれになってゴールした福士選手のゴールタイムより遥かに遅いタイムでしかゴールできない私だけれど、経験だけは25回。
次のフルのレースに向けて、どんな状態に持っていったらいいのか、試行錯誤しながらもだんだんわかってきたような気がする。
だから、ちょっとずつ練習も進化しなくちゃいけないなあ。

最初に月何キロとかの目標は決めないこと。
・・・それは、練習内容によってあとからついてくることだから、 毎日の距離とか毎月の距離とかにとらわれずに必要な時に必要な練習をしたいものだ。

それから、しっかり休むこと。
見えない疲労の蓄積が一番恐い。気持ちが張っているとたいした疲れも感じないけれど、 年々1歳ずつ年を取っている分疲労の回復度も遅くなっているはず。年齢に逆らわずにいかないと、後でツケが必ずやってくる。

しなやかな筋肉作りをすること。
レースが始まる季節になると、筋肉痛にはならなくても、朝起きたときに脚が張っている感覚が強くなってくる。 それじゃあ良い走りはできないはず。ストレッチやアイシングはちゃんとやろう。そして、必要な筋トレもサボらないこと。

栄養はしっかり取って、食べ過ぎないように。そして充分な睡眠を確保しよう。
体重を減らしたいがために、必要な栄養を控えてしまってはいけない。食事のバランスは重要。甘いものには要注意。

これちゃんとできたら、いいレースができそうな気がするけど、どうなんだろう?

|

« 再び「ほくほく庵」へ | Main | 年齢は壁じゃない~おめでとうYさん。 »

Comments

一般的なニュースを読み聞きし理解する限り、福士はフルマラソンを走りたくなかったんでしょう!
30km以上走ったことがない、、、せめてもの反抗です。
福士は一流選手だから走り出したら、トップスピードでいくだけで、最後まで足がもつれてもゴールまで走ったのも、もしかして意地もあるけど、誰かに大きな力だと思うけど、見せ付けたんじゃないかしら。
あんな素晴らしい選手をつぶさないで欲しいーーー!

Posted by: shimo | 2008.01.28 at 08:56

shimoさん。なるほどそういう見方もありますね。福士さん、まだトラックで頑張ったほうがいいのかもしれないような気もします。
10000mやハーフの延長にフルマラソンがあるという訳ではないのがよくわかりました。

Posted by: こうめ | 2008.01.28 at 18:51

先日の大阪はどんなに速いランナーでも
準備が無ければ我々と同じ人間なんだと・・
改めて思わされました(~_~;)
福士選手の2回目のマラソン・・
きっと昨日以上に緊張するかも知れませんね。。

それから、こうめさんのマラソンに対する教訓、
私も最近、同じ事を考えていました。。
始めの頃は闇雲に頑張って距離を追ったり
無茶な練習もしていましたが、
これからは少し自分の体と相談しながらメニューも組まないと、
長く続かないような気がしてます。。

Posted by: GO | 2008.01.28 at 19:29

GOさん。福士さんの最後はまるで自分がヨレた時の走りのようでした。脱水にもなっていたみたいだし、やっぱりフルマラソンは奥深いですね。

どうしても、他の人の走っている距離を見ると少ないんじゃないかと思ってしまって、結局距離稼ぎみたいになりがちです。距離もスピードも、自分の体に負荷をかける時と抜くときをよく考えて練習しなくちゃだめですね。

Posted by: こうめ | 2008.01.28 at 21:08

僕はまだ経験は短いけど(でもフルはもう10回も走ってました)、最近心掛けているのは「月間走行距離を追わない」「ポイント練習以外は距離もペースも抑える」「無理せず休養する」の3つです。忙しくなってなかなか走れないというのもありますけど。とは言いつつ、もう少し走っても良いなーとは感じています。あ、甘いものはやめられません(笑)。

Posted by: まっち | 2008.01.29 at 06:15

まっちさん。もう10回もフル走ったんですね?そのうちのNYCマラソン率は5割くらいかなあ。忙しいのに出張先で早朝RUNしたり、がんばってますよね。ポイント3つは大切ですよね。私はポイント練習が今のところないような状態なので、雪がとけたらちゃんとやらなくちゃなあと思っています。

Posted by: こうめ | 2008.01.29 at 12:26

 転倒の度に思わず目をつむってしまうほど最後は見てるのがつらかったけど、半場意識なくても最後まで走ってしまうものらしいです。鍛え抜いたランナーの性なのでしょうか。
 僕は去年の失敗からいろいろ考えて、ひとつ今年は距離を追ってみます。秋でようやく50になりますので(^^ゞ
 ところでこうめさん、「大阪」 出ないんですか?

Posted by: ノリQ | 2008.02.01 at 22:54

のりQさん。
今年でいよいよ50歳ですか。ようこそ!
大阪ですが、3時間15分の参加資格を取るにはまだ実力不足。今の練習量、内容ではちょっと難しいかもしれません。でも、とりあえず自己ベスト狙って今年も走ろうと思っています。

Posted by: こうめ | 2008.02.02 at 07:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/17865761

Listed below are links to weblogs that reference 大阪国際女子マラソンを見ながら考えたこと:

« 再び「ほくほく庵」へ | Main | 年齢は壁じゃない~おめでとうYさん。 »