« 「市民の部」出場決定のご連絡 | Main | 2週間前に思うこと »

2007.10.29

ニューヨークの秋

先日のエントリーで書いた村上春樹氏の新刊「走る事について語るときに僕の語ること」。
一回目はとにかく早く読みたくてざ~っと読んだけれど、ただいま2回目を熟読中。読み進むうちに、う~む、 ふ~むと自分のこれから残された人生(たぶんあと3分の1くらい)を考えてしまう。
2004NYCマラソン
(写真は2004年のゴール直後の様子)

本の中の第7章「ニューヨークの秋」は、彼の自宅であるマサチューセッツ州ケンブリッジで書かれたものだ。 ちょうど2005年のNYCマラソン1週間前の練習の様子や心境が綴られている。
彼は、マラソンを走るためにNYの街を訪れると、ヴァーノンデューク作曲のバラード「ニューヨークの秋(Autumn in Newyork)」を思い出すと書いている。

P182からの引用

 11月のニューヨークは実に魅力的な街だ。空気は意を決したかのようにきりっと澄みわたり、セントラル・ パークの樹木は黄金色に染まり始めている。空はあくまで高く、高層ビルのガラスが太陽の光を豪勢に反射させている。 ブロックからブロックへと、限りなくどこまでも歩いていけそうな気がする。バーグドーフ・ グッドマンのウィンドウには上品なカシミアのコートが飾られ、街角にはプレッツェルを焼く香ばしい匂いが漂っている。
 レースの当日、僕はニューヨークの秋を、その「蠱或(こわく)の光景」を、 自分の脚で駆け抜けながら心ゆくまで味わうことができるのだろうか?それともそんな余裕なんてどこにも見当たらない、 ということになるのだろうか?もちろん走ってみなくてはわからない。それがマラソン・レースなのだ。

10年前の1997年11月2日、私は初めてNYCマラソンを走った。私の41歳の誕生日の翌日の事だった。
スタートまではなんとか降らずに我慢していた空模様も、途中から豪雨となり、マンハッタンの1st.Ave.では、雷まで鳴り出す始末。 雷の音に負けないように自分も叫びながら走っていた。
全身ずぶぬれになりながらも不思議と辛さを感じることもなく、 ずっしりと重くなっていったTシャツの裾を絞りながらゴールを目指したのを覚えている。
そして雨は、ゴール間近のセントラルパークに入った頃には止んでいた。ゴールした私の目には、黄金色に輝く木々と虹が飛び込んできた。 あの虹の光景は今でも目をつぶるとはっきりと思い出すことができる。
あれからもう10年経ったなんて・・・。


ニューヨークの秋は、 本当に美しい。そんな良い季節にNYCマラソンが開催されます。
11月の第一週目の日曜日。今年はどんなドラマがあるのでしょうか?
あの人や、この人が今年も走るNYCマラソンは、11月4日 (現地時間)です。

Have a good time!
彼がいうように、「マラソン・レースは楽しんでこそ意味がある」と思います。
ニューヨークの秋を満喫してきてください。

|

« 「市民の部」出場決定のご連絡 | Main | 2週間前に思うこと »

Comments

この人です(笑)。こうめさんのブログに書いていただいて恐縮です。そうですよね。楽しまなくちゃ意味がない。楽しめるように、出発までの数日間いろんなことで頭を悩ませつつ過ごそうと思います。
今年もアラートにこうめさんのメアドを登録させていただきました。去年「5kmごとに師匠にメールを飛ばしている」というのが何よりもモチベーション維持に繋がったので、今年も僭越ながら真夜中のメールを飛ばさせていただきます。途中で途切れないことを祈りながらゴールを目指したいと思います。

Posted by: Fumiko | 2007.10.29 at 22:47

この人に続いてあの人です(笑)。TBもありがとうございます。まさか5年連続で走りに行くことになるなんて、自分でも呆れてしまうくらいNYCマラソン好きです。今年は練習面でも仕事との兼ね合いでも、相当無理して行くような感じになっています。それでも、年に1度のNYCにすら行けないような仕事は要らない!くらいの覚悟で(笑)今年も楽しんできたいと思っています。僕もこうめさん、アスリートアラート登録しましたからね~。月曜の早朝から迷惑メールかもしれないけど。

Posted by: まっち | 2007.10.30 at 00:05

この人&あの人のFumikoさん、まっちさん。
メール楽しみにしています。
携帯のほうに送ってもらえるとライブで楽しめるので(仕事中だけど・笑)うれしいな。
あとで携帯メールのアドレスメールしますね。

FumikoさんとMontaさんにもTBしようと思ったんだけど、なぜかうまくいかず。ココログ変かも。

Posted by: こうめ | 2007.10.30 at 05:46

おぢゃまします♪

前回、
こうめさんがNYを走った数日後。
ボクはセントラルパークの片隅で商談をしていました。
まだあちらこちらに参加者の喧騒と余韻の残る摩天楼のど真ん中、
やはり澄み晴れ渡った空を見上げながら、遠い彼の国にいるこうめさんを想ったものです。自分の妻以外の女性のことを思い出すなんてとても不思議な気分でした。

もうすぐTOKYOですね。
その週は出張が入ってます。どこかできっと(そっと)応援するつもりです。出すもの出して♪思い切り楽しめますよ~に♪

Posted by: B.J | 2007.10.30 at 08:36

登場してませんけど(笑)、私もアラート登録させていただきました。しかも携帯に・・完全に深夜の迷惑メールなので、音消して遠くのほうにでも置いておいてくださいませ。

7月下旬に骨折したときは、今年のNYは応援か全部歩きで完歩かなーなんて思ったりしたのですが、何とか半分くらいは走れるだろうという状態にはなりました。あとはNYが大好きな気持ちと今年もいけることに感謝して26.2マイルを思い切り堪能してこようと思っています。 もちろん歩かず完走、去年を1秒でも上回るが目標です!

Posted by: nana | 2007.10.30 at 13:35

B.Jさん。
そうですか。思い出していただいたなら光栄です。
東京はもちろん出すものしっかり出して、快走したいと思っています。どこかでそぅっと応援してくださいませ。

nanaさん。深夜の迷惑メール楽しみです。
スタート後、たぶんいったん寝て、朝早くメール見るのを楽しみにしています。
26.2マイル満喫してください。きっと気持ちよく走れると思うから。シューズお揃いですしね。あのシューズはかっとびます。

Posted by: こうめ | 2007.10.30 at 19:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/16906754

Listed below are links to weblogs that reference ニューヨークの秋:

» NYCマラソン2007まであと1週間 [はしるやせる]
ばたばたしているうちに、もうあと一週間ですよ。今年もニューヨークが近づいてまいり [Read More]

Tracked on 2007.10.29 at 23:59

» 走ることについて語るときに僕の語ること [ふれっぷ]
村上春樹のエッセイ。「走ること」を軸とした「小自伝」です。 こうめさんが紹介して [Read More]

Tracked on 2007.11.16 at 10:16

« 「市民の部」出場決定のご連絡 | Main | 2週間前に思うこと »