« 東京国際女子マラソンの将来は? | Main | カゼヲキル 1助走 »

2007.09.28

「女」が走るという事

前回の記事で東京国際女子マラソンの今後の単独開催についてみなさんのご意見をいただきました。
このまま単独で継続して欲しいと言うご意見が、上回る結果となりました。

このまま単独が良い→33票
単独実施は反対  →12票
どちらともいえない →6票 という結果です。

東京国際女子は、他の国際女子マラソンにはない市民の部という部門があります。
大阪、名古屋で走るための国際ランナーとしては、3時間15分のタイムをクリアしている必要がありますが、東京は市民の部であれば、 3時間30分以内の記録があれば参加する事が可能です。
その代わり、東京の国際の部は、3時間以内(いわゆるサブ3)の記録が必要です。
サブスリーは男子でも、かなり頑張らなければクリアできない記録。このタイムで走ることができる女性ランナーは本当に数少ない「羨望の的」 です。
しかし、3時間30分となると、女子でもちょっと頑張れば実現可能なタイム。
だいたい、私が可能だったのですから。
そのタイムを目指して今日も練習を頑張っている女性ランナーがたくさんいるではないでしょうか。

「市民ランナー」が記録を狙おうと思った時、「練習時間の確保」に悩む人は多いのかもしれません。
JogNoteの仲間の働く女性ランナーさんも同様の悩みをお持ちの方が多くてちょっとホッとしました。

仕事をし、家事もちゃんとやって、育児もしつつ、練習時間を確保して、 目指す目標に向かって頑張っている女性は本当に素晴らしいと思います。

女性ランナーのみなさん、どうやって練習時間のやりくりをしてるのですか?
朝RUNですか?それともすべての家事が終わってから夜走る?
家族の理解はありますか?家族と過ごす時間が不足していませんか?
練習時間の確保のために犠牲になっていることはありませんか?

・・・と書いてみたけれど、これは女性だけの問題ではないかもしれないですね。
男性で家事分担をされている方も少なくないのはもちろんですが、 家族との時間の確保のために練習時間の捻出に苦労をされている方も多いのかもしれません。

-------

そういう私は・・・
時間に空きがあれば走ろうと思っているのが夫にバレバレで、一番サボりがちになる「掃除」 の不備を指摘されること多々ありのしょうもない状態です。
・・・つぶやき・・・
朝RUNを時間の余裕を持ってじっくりやるには4時に起きなきゃだめだなあ。しかし、 それにはもっと早い時間に寝ないと寝不足で疲れがたまるなあ。(今でも10時前にはたいてい寝てるのに・・苦笑)
夜走るのは、田舎道が真っ暗だからヘッドランプでもつけないと危険だし、夕食の後片付け終わってからじゃあ遅くなってしまうなあ。
う~ん仕事がもっと早く終わればいいのになあ。
(今春からフルタイムで仕事をしてるので去年までの気楽な練習ができなくなってしまった。しかし、数年前までの、 バリバリ一日働いて残業もして休みもたまに働いての状態に比べたら気楽なもんかもしれません。)

と久しぶりにグチッてみました。

ランニングがブームのようですが、「女」が走るという事は、なかなか大変な事であります。

タイムなど目指さず美しさと若さを保つため~くらいの気楽な気持ちで走ればいいのに~と言われそうですが・・・。

そうはいっても、東京国際女子マラソンまであと、50日!

|

« 東京国際女子マラソンの将来は? | Main | カゼヲキル 1助走 »

Comments

こうめさん、うちのカミサンはいまだ走りこそしないけど、ここ1年半くらい熱心にジム通いしています。でも平日行くとなると早くても夜7時とか7時半から。終わったら10時とか11時ですよ。帰ってきたら洗濯するので精一杯のようです。僕もまあ走ってるのでお互い様です。子供がいないからできる生活だなーとつくづく思います。僕も部署を異動してからぜーんぜん走れなくなってしまいました。朝走るのも難しいし、こういう悩みは男女関係ないかもしれませんね。

Posted by: まっち | 2007.09.28 22:34

先日、同世代の女性ランナーさんと一緒に走りながら語り合ったこと・・・記録に挑戦(・・・すごい偉そうですね・・笑)しようとしたら時間が足りなくなるよねぇ!
って話してました。
彼女も働いている中で頑張ってます。

まぁ、でも、ある時間を最大限に工夫して走り続けるという事も『市民ランナー』の醍醐味なのかもしれませんね!

体調を崩さずに、東京マラソンに出発できますように!

Posted by: きっしぃ | 2007.09.29 06:19

追伸・・・私は毎朝、4時に起きて何とかしのいでいます。
朝ランはどうも苦手なので、朝家事と、朝仕事です。
でもね、こんな生活は長くは出来ないだろうなぁ・・・いつも笑って話してます。

Posted by: きっしぃ | 2007.09.29 06:24

私は、夏でも冬でも仕事は、2時間ほど早めてサマータイムしています。帰る時間は、7時から8時位。夕飯食って、ストレッチしながら新聞見て、お腹が一服したら1時間ちょい走って、風呂入ってニュースを見ていたら目が開かなくなり就寝。その繰り返しです。家族と時間が合わないので朝ランはしません。夏は明るくて冬暗いなら、年中暗いほうが、体内時計が狂いません(笑)
休みは、掃除もしてますぞ。
みんな、頑張れ~。

Posted by: gen | 2007.09.29 13:51

まっちさん。札幌マラソン来週末ですね。お待ちしています。
仕事環境が変わったりすると練習内容や時間も違ってきますよね。市民ランナーはみんなそうだけど、時間のやりくりって本当に大変。
平日ジムに通ってる奥様も偉いですね。仕事してからジムで運動して家に帰ると、くたくた~かもしれないなあ。
たしかに私も子供がいないからこんな風にしていられるけど、小さい子がいる方はもっと大変だろうなと思います。

きっしいさん。4時起きしてるんですか~。すごいです。
別海いよいよですね。気負わず走ってきてください。

genさん。確かにいつも暗い方が体内時計が狂わないか(笑)晩御飯食べ過ぎ防止にもなりそうですね。この間、夜走ろうと思っていたのに、晩御飯食べすぎでお腹苦しくて断念という日もありました。それじゃあ夜RUNできないですよね。

Posted by: こうめ | 2007.09.29 18:49

frunりっきです。
ちゃんとコメント付けるのは超久しぶりですが、いつもテンションの高い書き込みを拝見しています。

そぅ、時間がないですよねぇ。
特に、共働きだったりすると、仕事もしないとならない。家事もしなくちゃならない、
男は「仕事・仕事で忙しい…」とかいうけど、でも家事を平等分担してくれる人はまだまだ少数。
なんだ、条件が平等じゃないじゃないか!! なんてね。

しかも、女性の場合子どもがいたりしたらもう走るどころじゃない!!
なんてケースもあったりして…ね。
そんなのズルイですよね。…たく。

すごーくお気持ち、わかります。
我々男性陣は、それに比べると本当に恵まれているなぁ…と思います。

アタマ来た時、溜まった時はグチでもなんでも良いから、遠慮なく発散しましょう。
発散してスカッとしたら、それがきっと明日へのパワーになりますよん。

でもこうめさん、きっと、この、もとの書き込みをした時点で、
ご自分の中では全て解決しているんじゃないかと、思ったりもします。
東京国際女子マラソン、頑張ってくださいねぇ。p(^^)q

Posted by: りっき | 2007.09.30 21:03

りっきさん。ありがとうございます。

ま、グチってみましたが、現状に不満がいっぱいという訳でもないので、なんとか頑張ってます。11月の東京国際女子が終わるまでの期間限定ですが・・・。
それが終わったら少しのんびりするつもり。

まだまだジェンダー問題は根深いものがありますが、ちょっとずつは日本も進歩してるんだろうなと思います。

我が家では洗濯担当が夫なので、私の汗だくウェアも洗ってもらってます。頭が上がりませんです(笑)

Posted by: こうめ | 2007.09.30 21:38

はじめまして!
以前からちょくちょく覗かせていただいていましたがこちらには初めてコメントさせていただきます。

僕も「女性が走る事」についてはこうめさんが仰るとおり大変だと思います。特に小さい子供さんがいると育児・家事等と時間も少なくまあ家族の理解がないとなかなか難しいのも実情でしょうね。

ところで大きな大会へ付いて行くとこうめさんのような素敵なランナーとお話するの機会があるので、とても楽しみにしています。実は嫁も東京国際女子マラソンに参加するので、僕も長女に会いに行きがてら付いていく事になりました。もしお見かけしたら声を掛けさせていただきたいと思っています。宜しくお願いします・

Posted by: はぴちのpapa | 2007.11.07 17:08

はぴちのpapaさん、コメントありがとうございます。
奥様、国際の部出場なんですね。あこがれるなあ。

三重のウィニングランの方とは昨年一緒に行ったマッキーさんの知り合いでYさんたちとお話させてもらいました。Yさんは、年齢が私よりずっと上なのにタイムが素晴らしくて刺激になりましたよ。

東京でお会いできるといいですね。

Posted by: こうめ | 2007.11.07 20:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「女」が走るという事:

« 東京国際女子マラソンの将来は? | Main | カゼヲキル 1助走 »