« 救護テントから出て見た光景 | Main | 東京国際女子マラソンの将来は? »

2007.09.15

2007北海道マラソンから1週間

あの日の翌日から空が秋空に変わった(ような気がした)。

毎年、北海道マラソン翌日の新聞を楽しみに見ている古い友人たちがいる。何年も会っていなくても必ず新聞で私の名前を探してくれて、 完走おめでとうのメールをくれる友たち。
今年は、数日たってから「名前がなかったけど・・・」という控えめなメールだった。

今年は、会う人ごとに聞かれる「北海道マラソンはどうだった?」の問いに、「半分で止めた。救護テントで点滴打ってもらった」と説明するが、 実はいちいち答えるのも面倒くさい(苦笑)
私が走っていること、毎年北海道マラソンに出ていることは、多くの人が知っていて、ありがたいことに、 多かれ少なかれ結果がどうだったかを気にしてくれている。
去年は、翌日朝刊の大写真で、対応に大変なほどの大反響だった。は~、天国と地獄。
そんなこんなの1週間が過ぎようとしている。いつまでも感傷に浸っている暇はない。

詳しい、未完走記は、あとでまとめるとして

今回の敗因の一番の原因は、

「体調管理の甘さ」

レース当日の体調は万全ではなかった。
数日前に、気持ちを奮い立たせるために強気で行こうと宣言してみたものの、空周りだった。
そして当日は、強気どころか、完走イメージがあまりできていなかった。

言い訳しようと思えば色々あるけれど、そんな事を言ってもしょうがない。
だめだった原因は、ちゃんと自分ではわかっているつもり。

frunのオフ会で、まほろんさんが言った名言。
「練習不足は裏切らない。練習は裏切る事もある。」

練習をしないと走れないけど、練習したからといってうまく走れるとは限らない。
次は、裏切られないようにちゃんと走らなくちゃ。

点滴を受けたの救護のベッドで聞いた話。 (いづれも途中でリタイアした結婚したばかりの方とベテランランナーの高速女性ランナー同士の会話です。)
・・・・・・
家事や仕事、そして練習で、世の中の動きがわからなくなってしまうほどになることもある。
走る時間はなんとか確保するものの、体のケアに回す時間が足りなくなってしまう。
結婚したばかりで、生活のリズムがまだつまめない。家事もちゃんとやろうと思うと、練習のタイミングなどがうまくいかない。
家事は手抜きをすることもだんだん覚えるようになるから。
・・・・・・
などなど、私は点滴を受けながらただボーっと聞いていた。

この春からゆっくりのんびりできた時間はどれだけあっただろう。
走って帰ってきてからしっかりストレッチする時間はどれだけあっただろう。
体の中からの声をちゃんと聞きながら走らないとだめだなあ。

|

« 救護テントから出て見た光景 | Main | 東京国際女子マラソンの将来は? »

Comments

その通りですね。
私は40キロ地点で待ってくれている
嫁を2年連続裏切っちゃいました。
それが一番心残りかもしれません。

体の中からの声を聞くというのは大切ですね。
私も気をつけようと思います。

東京女子は沿道で応援させていただきますよ。

Posted by: チー坊 | 2007.09.15 at 10:43

ぼくも今週は質問攻めです。
でもブログのおかげでかなり説明の手間が省けました。その分、あれこれ対策を考えることに集中できました。あしたは支笏湖まで走ってきます。

Posted by: むうさん | 2007.09.15 at 11:17

こうめさん、こんにちは。
私も完走はしたものの、2年続けての不本意なレースで落ち込んでいますが、でも引きずってばかりはいられない。まさに「気持ちを換える~♪」です。
この大会って不安な要素が少しでもあれば如実に表れる気がしますね。それだけ苛酷な大会ってことでしょう。体調管理もあるけど、その体調を正確に把握してペースを組み立てる自己管理がなされなくてはならないと感じました。このままシーズン終わる訳にはいかないですね。

Posted by: そうらん | 2007.09.15 at 12:14

うーん。
なるほどなぁ・・・・・。

>frunのオフ会で、まほろんさんが言った名言。
>「練習不足は裏切らない。練習は裏切る事もある。」

心に刻んでおきます。

Posted by: 飛鳥 | 2007.09.15 at 12:45

私の道マラは、おやじや親戚に新聞から探してもらえるように走っているようなもんで、完走が命です(笑)
20度以下の気温で、攻めの道マラを経験したいのですが、来年も無理でしょうかね~。

Posted by: gen | 2007.09.15 at 16:57

20km過ぎで、こうめさんに声を掛けられた時はびっくりしました。そんな状態になってたんですね。ichanもゴール後少ししてから意識朦朧となって打ち上げには参加出来ませんでした。ichanも脱水だったのかな~?

なるほどね、まほろんさんの名言。ichanも納得です。特に「練習不足は裏切らない。・・」のところに。(笑)愛知で燃え尽きたのか?十勝に帰ってからは倦怠感に悩まされて、殆どまともに練習出来ないichanでした。でも最初から完走狙いで行ったのが良かったのか、ギリギリ滑り込みでした。

Posted by: ichan | 2007.09.15 at 20:00

チー坊さん、そうでしたか。来年は奥様の待っている場所まで行かなくちゃいけないですね。
11月の東京の応援、ありがとうございます。お暇だったら眺めに来てください。

むうさん。ブログを見てくれる人(主にランナー)はいいのですが、町内のお年寄りとかに説明するのはなかなか大変です。
明日のウルチャレ、ボランティアで行きますのでよろしくお願いします。

そうらんさん。そうですね。このままシーズンは終われない。お互いよい締めくくりをしたいものですね。

飛鳥さん。なかなか奥深い言葉ですよね。これってランニング以外の事でも通じるかな。

genさん。記録が新聞に載るのが元気な証拠みたいなもんですからね。連絡くれない多くの知人がどうしたんだろうって思っていると思います。女子は人数少ないので探しやすいんです(笑)

ichanも脱水ですね、きっと。ぎりぎりでも完走するのは素晴らしいと思います。私は性格的にぎりぎりは恐くて走れないのです(苦笑)。

Posted by: こうめ | 2007.09.15 at 20:31

うちんとこは、拍子抜けするくらい聞かれることなくて静かです・・・。世界陸上も関心ない人ばかりだし、「北海道」じゃなくて「札幌マラソン」でたの?ってはよく聞かれます。めんどくさいので説明や訂正はしませんが、関心のない人にはその程度なのかもしれせん。
 大好きな「支笏湖」、強い雨のようです。気をつけてください。私も行きたかったけれどだめでした。残念です。午後はなんとか晴れていい大会になりますように・・・

Posted by: ノリQ | 2007.09.15 at 21:47

35キロの関門で私の道マラが終わる直前、歩道にこうめさんに似た方の姿を見つけ、あれ?と思いました。関門から歩道に上がり、やはりこうめさんであることが分かり改めて驚いてしまいました。本当に北海道マラソンは何が起こるかわかりませんね。早く体調を整えて次の大会でリベンジして下さい。

Posted by: おまちゃ | 2007.09.16 at 20:07

ノリQさん。今日のウルチャレ、スタート前には雨も上がって、日も差して暑く感じる時間もあったくらいでした。おおむね良いコンディション(対比:北海道マラソンですが・・・)
みなさんで、一日中ランニング&ボラを楽しみました。

おまちゃさん。あの関門のところにいらしたのですね。私はちょうどあの場所の裏のテントで点滴が終わったあとだったので、バス待ち(当然35キロ関門収容バス)時間に歩道に椅子を出してもらって応援してました。
目の前であのロープ出されるのを見るとぐっと来るものがあります。ここまで頑張って走ってきたのに~と。
私は、中間点で大勢の人が走っているなか、あっさり止めてしまったので、ちょっと後悔残ってます。
来年は、完走してくださいね。

Posted by: こうめ | 2007.09.16 at 20:22

遅くなりましたが、北海道マラソン、お疲れさまでした。
自分は今回は元気一杯で走りきったつもりだったものの、序盤から記憶がものすごく混乱しています。
誰と会ったかは覚えていても、、いつどこで会ったかは全然わからないのです。
だから完走記の中に、レース中にあった人の話題を入れることができません。
こうめさんとも会ったことは覚えているのに、それがどのあたりだったかということは、こうめさんのブログを読むまでわかりませんでした。
やっぱり私も途中で吐き気がしたのは、軽い脱水だったのかな。
今までで1番ダメージが大きいフルマラソンでしたから。

Posted by: Ogaman | 2007.09.17 at 23:50

おっしゃる通りです。
ノンビリしていると自覚できる時間は、かえって『ゆっくりラン』をしている時しか無かったような私の半年間でした。
いつも時間に追われ、でも『ママは走ってばかり・・・』って家族に思われるのも嫌で食事の用意もきちんと済ませ・・・いつも、くたくたでした。
今年は運が良くて何とか走り続ける事出来ましたが、こんな生活、長くは出来ない!と自覚しています。
今年の冬は、身体のケアに重点を置いてこうめさんの後姿を追います。
どうぞ、東京マラソンで完全燃焼してきて下さい。

Posted by: きっしぃ | 2007.09.18 at 06:24

Ogamanさん。そんなにダメージありましたか?吐き気があった人はずいぶん多かったようですね。改めて完走おめでとうございます。気がつかないダメージがまだ残っているかもしれないので、充分静養してくださいませ。

きっしぃさん。いつも仕事にRUNに頑張っていらっしゃるのを拝見しています。女が走るのってなかなか大変なものですね。私は、タイム目指して頑張るのは今年で卒業したいのでなんとか最後は完全燃焼したいと思います。
あとは、好きなレースを好きなペースで走りたい。
できれば、ウルトラとか山岳レースをやってみたいななどと夢を見ています。しかし、その夢がかなうのも今の状態で完全燃焼できなければきっと後悔するんじゃないかと思って、なんとか頑張ってる次第です。
今まで一度も全部出し切ったと言うレースがありません。一番出し切ったなと感じたのは、初めて3時間30分を切った昨年の洞爺湖マラソンの時。去年の北海道マラソンも東京国際女子もあれあれ~っという間にゴールしちゃって、感動の涙など流したこともありません(笑)。一度でいいからゴールで号泣してみたいものです。

Posted by: こうめ | 2007.09.18 at 20:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/16451288

Listed below are links to weblogs that reference 2007北海道マラソンから1週間:

« 救護テントから出て見た光景 | Main | 東京国際女子マラソンの将来は? »