« この瞬間のために頑張った! | Main | ココログメンテの日 »

2006.11.30

2006東京国際女子マラソン完走記

今日は11月の最後の日。完走証東京国際女子マラソンを走ってからもう10日近く経ってしまった。
明日から12月だし、いつまでも余韻に浸ってはいられない。
そろそろスノーターサーの出番かな。

初国際レースのドラマ編は、

2006東京国際女子マラソン- 感謝の42.195Km

写真たっぷりで、雰囲気味わえます。

更にみなさんに写してもらった写真がたくさんあるので、写真集も。お暇な時にでもどうぞ。
2006東京国際女子マラソン写真集【こうめバージョン】

そして、レース内容編は・・・
(完走できて浮かれてばかりじゃいけません。きちんと振り返らないと)

11月の東京は暑い日もあるという事で、寒さ対策まるでなしで東京入りした私は、 当日周りのランナーがアームカバーや手袋を用意しているのを見てちょっと焦った。何にも持ってきてないや。こんな天気なら、 ロングタイツでもいいかもしれないなと思った。しょうがない。赤い勝負ウェアのFRUNユニフォームで頑張ろう。
そして最後まで迷ったのが帽子。競技場の中まで持参したものの、やっぱりやめた。頭は赤いFRUNバンダナで決めよう。 どうせ濡れるんだから、目だったほうがいいや。
と・・・寒さよりも目だって応援をたくさんもらおうという作戦だった。

この日の私は、8月の北海道マラソンの時と比較して体重がプラス1キロ強。前日の受付でもらったパンフレットには参加者の氏名、年齢、 身長、体重が書いてある。同じような身長の人を見つけるが、どの人も軽い・・・。
国際レースを走るような人は、やっぱり体重がかなり軽い。
これも、今更じたばたしてもしょうがない。

あとはキャリアのみを見方にして走ろうと決めた。
スタート後、競技場内を周回している時はなんだかうれしくてスピードの事なんか何も考えいなかった。 とりあえず観客の声援に応えようとそればっかり。1キロ毎の表示で時計をチラッと見ると、やはり速い。
下りになってからは、とにかく抑えて、抑えてとそれだけを考えて走った。
ところがあんまりスピードは落ちていない。

中間点のタイムが1時間36分59秒。ちょっと速すぎかもしれないと反省する。しかし、脚はどうって事ないし、呼吸も楽だ。 雨で湿度が高いのと気温が低いのが幸いしたのかもしれない。

折り返してから風が向かい風になり、雨も強くなってきた。30キロまでは時計を見ながら走っていた。どのスプリットもキロ5分を切っている。 関門は気にすることもなかった。

30キロ手前くらいから、体が冷えてきているのが自分でもわかった。指は悴んでほとんど動かないし、力も入らない。 腕を振りたくても体が固まって動かない感じだった。足だけはかろうじて惰性で動いている。

30キロ以降は、気合を入れるために沿道の応援に大きな声で答えるようにした。そうでもしないと寒くてやってられん。 上半身は動かないものの、足のダメージはほとんど感じる事がなかった。時計のラップは雨に濡れてしまってよく見えない。 だからラップを取るだけとってタイムを見るのはやめた。

35キロから上りになるはず。でも、上っている感じはしない。こんなに足が楽なフルマラソンは初めてだった。
39キロの急な上りも、覚悟していたほどの坂でもなく、歩道を併走してくれる仲間を横目で見ながら、 歯をくいしばって走ったらあっという間に終わった。
そして最後の下りをダーッと行って、競技場の中に入ると俄然元気が出て、4~5人の人を抜いた。足がびっくりするほど動く感じだった。
最後のゴールは気持ちよくフィニッシュ。時計を見ると自己ベスト4分更新!

完走できればOKという甘々な目標しか立てていなかったので、やった~と大喜びだった。

・・・・で、あとから自分の時計のラップを確認して、数日後送られてきた記録集を見たら、重要な事がわかった。

35キロからの5キロのスプリットが、キロ5分20秒もかかっている。3時間27分で走った洞爺湖の時は、 最後も5分8秒までしか落ちていない。どうりで、走り終わっても体が楽なわけだ。
もっと最後まで時計を見て、タイムの目標もきちんと立てていたら、もう少し速いタイムで走れたんじゃないのかなと反省。

初国際レースとしては、上出来だけれどしっかり反省もして次に繋げなくてはね。
反省ポイント 
1.寒さの対策を何もしないで臨んでしまった。どんな気温や天候になるかわからないのだから、 色々な場合を想定したウェアなどの準備をしなくてはいけなかった。
2.体重が夏に比べて1キロ強増えていた。北海道マラソン後、食べる量が多くて少しずつ体重が増えていた。増えているのがわかるから、 あまり体重を計らなくなった。これじゃあ、いけません。
3.タイムの目標を決めていなかった。たとえ完走できればOKだとしても、目標タイムはきちんと設定すべきだった。 そして最後まで自分のペースがどれくらい落ちているのか確認しておかなくてはいけなかった。
4.前半をもう少し抑えたほうが結果として良いタイムだったかも。これは、本当にそうかどうかはわからないけど・・・。 後半の落ち込みをもっと少なくするようなレースができるような練習をもっとやらなくちゃ。

とにもかくにも今年一番のレースで、自己ベストのおまけ付きで完走できたのはうれしかった。
今年は3つのフルマラソンを走ったけれど、どれも気が抜けない大会で、3ヶ月おきにピークを作るのはとっても大変だった。 今年一年はフルマラソンの年と決めていたからなんとか頑張る事ができたけれど、かなりいっぱいいっぱいだったと思う。 真剣勝負3本と言う無茶な事は、今後はやりたくないなあ(笑)

明日からは今できることをやっていこう。体重を減らす&基礎的な筋トレで体作りをもう一度。

              Lap    Split      分/K
5K 0:22:21
10K 0:45:12 0:22:51 0:04:34
15K 1:08:25 0:23:13 0:04:39
20K 1:31:48 0:23:23 0:04:41
中間 1:36:59
25K 1:55:43 0:23:55 0:04:47
30K 2:20:08 0:24:25 0:04:53
35K 2:45:42 0:25:34 0:05:07
40K 3:12:22 0:26:40 0:05:20
ゴール 3:23:45 0:11:23 0:05:11

市民の部
出場者数401名 完走者数303名

順位 206/303

先頭ランナーが40キロ通過した14:12のグランドコンディション
天候 雨 気温 9度 湿度 93% 西南西の風1.2m/s
その頃私は、26キロ手前あたりを、ずぶ濡れになって走っていました。
27キロすぎ

|

« この瞬間のために頑張った! | Main | ココログメンテの日 »

Comments

こうめさん、いつも拝見しながら来年3月の荒川マラソンでのフルデビューに向けて心を準備させています。
私も飯田橋付近の5km地点でみなさんが走られる姿を沿道から見ましたが、あの後の冷たい雨の中、自己ベスト更新されるなんて、本当に凄いですね。
私はまだまだ走り始めて1年ですが、フルマラソンのゴールの向こう側に新しい自分が待っていると信じて日々、走っています。これからもこうめさんのblog、ぜひ参考にさせていただきます。

Posted by: hiddie | 2006.12.01 00:12

感動的な完走記を読ませて頂きました。特にこうめさんが残したコメント「タイムがいいと楽しかった~になるんだけど、走ってるときはたいてい苦しいです」は僕も何度も思いましたよ。来年初めフルを走ることになり、ペース感覚はどうしたら走っていいか分からなくてこうめさんのタイムを参考させて頂きます。本当にお疲れ様でした。

Posted by: kent | 2006.12.01 01:34

hiddieさん。フルマラソンてやっぱりハーフや10キロとは違う楽しさ(苦しさも)あると思います。42キロ走った向こうにはきっと新しいhiddieさんがいる事でしょうね。

kentさん。ペースは、私のを反面教師にしてくださいね。どうも、私は前半突っ込みすぎて失敗する事が多いです。

Posted by: こうめ | 2006.12.01 06:54

こうめさん、
スライドショー拝見しました、感動しました。
今年は三度のフルを走られどれも見事な走りでうらやましい限りです。
(北海道マラソンでは大通り公園でこうめさんに抜かれました)
年末年始は家族(新札幌です)の元に帰るのですが、冬道を走るためにスノーターサを買いました。これもこうめさんのブログのおかげです。

Posted by: Ken | 2006.12.01 09:15

オッス!!その後元気ですか?
東京国際の完走記を読まして貰いました(笑)

自分はテレビで見ていたのですが、あの最悪な条件の中
での完走は感動しました!!それから頭のバンダナにも
感動しましたよ・・・自分も試合の時はバンダナを
巻いて走るので(笑)

それから、こうめさんの写真を見てグリコのポーズでの
∈^0^∋が最高でしたよ!!
ほんまお疲れ様でした。

自分は、今日から三月の篠山に向けて日々の積み重ねに
ガンバします(笑)
又、どこかの試合場で会える事を楽しみにしています!!

Posted by: take | 2006.12.01 10:32

スライドショー、拝見。
コースを分けてるコーン・・。
「ドコモだけ」だったんだ・・。(^^)

Posted by: ふれっぷ | 2006.12.01 10:55

Kenさん。年に3回のフル真剣勝負は、かなりきつかったです。もう二度とできないかも。これからは、真剣勝負は1つか2つにしようと思います。
帰省中のスノーターサーで雪上ラン楽しみですね。

takeさん、おっす!バンダナの方が目立つと思ってそうしました。それは正解だったようです。上下赤のウェアの人は大勢いましたけど、頭まで赤いのはあんまりいなかったみたいですぐ見つけてもらえましたよ。
篠山頑張ってください。

ふれっぷさん。ドコモだけ、大活躍でした。コーンの他にゼッケンの下の方にもドコモだけの模様が。
ドコモさんからの記念品は、ストラップだけでしたけどね。参加記念品一等賞は資生堂でした。定価換算で1万円分。普段化粧品なんて買わないので大事に使います。(特にコエンザイムQ10入りの美容液・笑)

Posted by: こうめ | 2006.12.01 16:52

スライドショー、拝見させていただきました。
こうめさんからはランだけでなく、PCのスキルも見習わなくては!!と、思ったしだいです・・・。

Posted by: カメKAYO | 2006.12.01 21:43

カメKAYOさん。ご覧頂きありがとうございます。
このスライドショーは、canonのユーザーが簡単にアップロードして作る事ができるものなので、私のスキルはほとんどありません(苦笑)

Posted by: こうめ | 2006.12.01 22:44

素晴らしいラップですね。
たしかに後半は落ちているけど、私ならこのくらいだと落ちているうちに入らないかも。

私の方は、前半抑えて後半も沈むというパターンも多いので、前半は少し突っ込んでみようというレースを今年はできたことが収穫かな。
あとはどこまで粘るかを、来年の課題にしたいと思います。

Posted by: Ogaman | 2006.12.01 23:14

こうめさん!ありがとうございます(^^)
こうめさんのブログ記事を読ませて頂いて、私も勇気と元気をいただきました(*^_^*)

Posted by: そよ風 | 2006.12.01 23:23

こうめさん、くぅ~っ、といつも泣かせる完走記読ませていただきました。やっぱりずっと笑顔でしたね♪次の目標は・・・来年も東京ですかっ!

Posted by: まっち | 2006.12.02 00:10

完走記&スライドショー拝見しました。
あの日の感動が蘇りました。スライドショーは凄いですね。どれも表情が素敵です。
そんな中に、私も写っているのを見つけてチョッと、いやかなり、嬉しかったなぁ。

Posted by: マサ | 2006.12.02 02:49

Ogamanさん。このラップいいように見えますが・・・、まだまだです。後半の落ち込みが納得できません。自分でギリギリまで頑張った落ち込みなら納得できるんでしょうけど、体が楽でした。ゴールしてからもダメージなかったし。ただ寒かっただけだったんです。
洞爺湖の時はゴールしてからしばらく動けなかったくらい頑張ったのですが、今回は「笑顔&グリコ」にポイントを置いていた(笑)ので、タイム落ちても気がつきませんでした。きっと、東京前に35キロ以上のロング走が不足してたのが原因だと思います。
まあ、今回はこれで良しなんですけどね。
頑張れば20分は切れるかもという気持ちがあります。

まっちさん。笑顔でしたね~。やっぱりよっぽど嬉しかったんだと思います。来年の目標は・・・まだ未定ですが、タイムは20分切りたいです。できれば15分切りたい・・・とどんどん欲張りになります。
再び誕生日になる2009年にNYCマラソンをかっこよく走るために頑張らねば。(←これ今の所の目標)

マサさん。勝手に映ってる写真使っちゃいました。喜んでいただけたんだったら良かったです。
NAHA頑張ってくださいね。(いや、違った。楽しんでくださいね。)

Posted by: こうめ | 2006.12.02 06:23

完走記読みました。どの写真みても笑顔ばっかりでしたね。一緒に行きたかったな~。こうめさんのことだから、そんなに苦しい練習をしなくてもタイムが伸びていったのかと思っていましたが、そんなことも無かったんですね。ちょっと意外でした。天気とコースがもう少し良かったら3時間20分以内だったのでは。大阪の参加資格も射程圏内に入りましたね。私も少しでも近づけるように頑張らなくちゃ。と気持ちだけはあるんですが、なかなかです。

Posted by: NAOJI | 2006.12.02 14:13

NAOJIさん。正直、この一年はきつかったです。3ヶ月ごとに気合を入れるレースがあったので、気を抜く暇がありませんでした。気ままに走れる日はごくわずか。
特に苦手な周回はきつかった~。
気象条件の悪い時もあったし、体調がイマイチのときもあったし。でもそんな中でも、決めた周回数をある程度のペースを保った上で走らないと、あとで絶対後悔すると思って走りました。
後半でビルドアップしてみようなんて事も考えたりするもんだから、もうヘロヘロでした。
何度、ここで止めようかと考えた事か(笑)
600メートルトラックでやったスピード練習(1200×5本とか)もいつもヘロヘロでした。
なんかヘロヘロばっかりだなあ。
そんな事ができたのも、この11月の本番の日に悔いがないようにと思ったからできたわけで・・・。何もないと無理だなあ(苦笑)
洞爺で3時間30分を切った時は、その時の全力を出しつくしたという感じだったので、それ以上にタイムが伸びるという自信はありませんでした。でも今回終わってみると、20分はいけるかもって気になってきました。
人間て貪欲なものだ~。

NAOJIさん、東京はとっても楽しかったです。大丈夫、行けるから。頑張ってください。

Posted by: こうめ | 2006.12.02 16:51

写真&完走記 読みました!
私もがんばろうと 力が沸いてきます!

Posted by: まゆちゃん | 2006.12.02 18:10

こうめさん良い顔だわ。一緒に写っている人たちも。
なにかを成し遂げた喜びの顔ですね。先日オロロン国際トライアスロン大会のDVDが届きました。やっぱりゴールの笑顔が同じ感じ(^^)。あの笑顔の下には日々の練習の積み重ねが埋まっているのだな・・・と実感したらちょっと「ウル」ときてしまったです(^^;)。忘年会にはそのDVD持って行くのでFRUN仲間の
姿を見てやってくださいね。

Posted by: sandy | 2006.12.02 20:25

まゆちゃん。新たな目標に向かって来年もがんばろう~。

sandyさん。たしかに「やった!」って感じの笑顔ですね。オロロンのDVD楽しみにしています。

Posted by: こうめ | 2006.12.03 05:09

スライドショー見ました。ラストでずいぶん追い抜いたんですね!
ラップのことですが、35kmから5分台に落ちたのに気がつかなかったようですが、あのあたりから、本当に緩やかな登りなんです。タイムを見ながら走って、あそこで落ちないように上げていたら、反対に最後に辛くなったかも知れませんね。足の行くままに走られたのが、リラックスしてよかったと思います。
余力があったのは次回に爆発させてください!

Posted by: shimo | 2006.12.03 10:45

shimoさん。写真、本当にどうもありがとうございました。よい記念になりました。
ゴール前ずいぶんと元気が湧いてきて、どんどん抜きました。それまで体力を温存してたのでしょうか??
35キロから上りだ~と覚悟しながら走ったのに、全然上りに感じてませんでした。あとでよく考えたらスピードが落ちてたからだったようです。でもそれがゴールでごぼう抜きにつながったのかもしれないですね。
余力は次回にとっておきます。

Posted by: こうめ | 2006.12.03 17:21

こうめさん、スライドショー共々拝見しました。
すっごく素敵な笑顔!
自己ベスト4分短縮なのに、楽なレースっていうのもすごいですね。
憧れるわあ。

Posted by: まりも | 2006.12.03 22:06

こうめさん、出遅れました。
こんな凄い記録なのにまだまだ反省なんですね。
いや~飽くなき向上心に敬服です。恵まれた環境にいるichanはもっと頑張らんと。いつもいつも刺激を有難うございます。

Posted by: ichan | 2006.12.04 06:13

まりもさん。きっとがむしゃらに走らなかったから楽だったのかなと思います。それにず~っと足はアイシングされていたようなものだから。暑いときに比べて体のダメージは少ないようです。

Posted by: こうめ | 2006.12.04 06:13

ichan。へへへ、終わって一息つくと、あ~こうすれば良かったと思うことがたくさん。
どうも全力を出し切るというのはかなり難しい事のようです。

Posted by: こうめ | 2006.12.04 07:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2006東京国際女子マラソン完走記:

« この瞬間のために頑張った! | Main | ココログメンテの日 »