« 気持ち良かった! | Main | カウントダウン美瑛 »

2006.06.05

千歳JAL国際マラソン-レースも応援も楽しんだ

日本でもっとも気持ちのよい林間コース(注:大会パンフレットに記載有り)と言われる千歳JAL日航マラソンでハーフを走ってきた。
この大会は以前は秋に開催されていたのだけれど、数年前からこの6月開催になった。支笏湖に向かう林道の中を走るこのコースは、 土の上を走るので足に優しいというのが売りで、新緑がまぶしい木々の間を走るのはさぞかし気持ちがいいことだろうと期待していた。

楽走&Vegeの幟お天気の方は、晴れ男のichanがわざわざ愛知県から来道するという事で、全く心配していなかった。 案の定、 見事なマラソン日和。千歳駅前で、まっちさんと待ち合わせて、会場行きの無料バスに初めて乗った。疑い深い私は、 駅前でバスの案内をしている係りの方に「バスは有料ですか?」と聞いてしまったが、なんと太っ腹、無料だった。
あっという間に会場に到着して、体育館の中を見回すと目立つところに黄色い旗が。「楽走412旭川」。加えて東京から「TeamVege」 の旗もドッキング。

つい1週間ほど前にJogNoteで知り合いになった「ロゴ」さんがおみやげ持参で顔を出してくれたり、 会場はランナーばかりなので色んな方と挨拶を交わす。

スタート前今回のレースは、2週間前の洞爺湖マラソンと違って、距離はハーフだし、位置づけはペース走なので、 気分がとっても楽。その分気合はない。
スタート前、まゆちゃんに写真を撮ってもらって、バンという音と共に走り出した。

最初の混雑を得意のするする抜け出し走法で走って行った。あれ?なんか変?私が記憶しているコースじゃない。
あれ?あれ?と思っていると前に黄色い楽走のユニフォーム発見。カッチさんだ。少し併走していたけれど、ペースが速いので、 少し後ろに下がる。
相変わらず、あれ?あれ?と思いながら走っているが、コースには砂利が結構たくさんあって、足の裏にごつごつ当たってあまり走りやすくない。 土の上の平らなところならまだしも、ごつごつの場所ではスピード出すのもちょっとなあと抑え気味。 スタートから数キロの間のコースは今までと少し変っていたようだ。前は、最初は舗装路だったはず。

中盤、折り返しコースの場所では、先頭ランナーから次々とランナーがやってくる。顔見知りを発見しては、手を上げてエールの交換。 そして自分も折り返してからは下り。ペースが上がるけれど、あんまり上がり過ぎないように注意。何しろ今週頑張っちゃいけないのだから。
2回ある道路の信号ストップは見事に2回とも引っかかってしまった。
給水は全部取る。取る時はありがとうと言う。紙コップとスポンジはちゃんと箱に入れる。今回は余裕でクリア。
声援には笑顔で応える。こちらもOK。にっこり顔ペースキープ。
ゴール近くに来て、まっちさんが後ろから迫ってきて鮮やかに抜き去っていった。抜いて行く時、「こうめさん、大丈夫?」 と言われたような気がするけど、よれよれしてたか??
「大丈夫?」と聞かなくちゃいけないのは私のほうだったはず。まっちさん怪我にもめげずナイスラン。足取り軽かった。 ゴール間際にOLランナーさんから声をかけてもらった。ありがと~。
結局、1:38:32でゴール。女子の入賞は3位までなので、年代別5位も特に何もなし。惜しまれるのは、 最後に一度抜いた女性に抜き返された事。もしかしたら同じ年代グループだったかも。う~ん、今回は根性ないなあ。
途中のペースは、上がったり下がったり。こういうペース配分は気合の入っていない証拠のようだ。

じゃがいもゴール後、ランナーは、茹でたジャガイモが配給される。秋の開催の時はとうきびだったけど、 春になってからは、じゃがいもに変った。このいも、やたらと色が黄色く栗のようで甘かった。品種は、インカのめざめだそうだ。 ちゃんとバターと塩も付いてるし。北海道バンザイ!
まっちさん、和さんたちとしばらく休憩&歓談してから、和さんとフル組の応援に出た。 2キロ先くらいまで和さんと一緒に歩いて行って声援を送る。すでに先頭グループが通過していく。速い!
こちらからの声援に多くの人が笑顔を返してくれる。なんだかうれしくてやめられなくなった。
結局、35キロすぎの地点まで走って行って、次々来るランナーに声をかけまくった。みんな一生懸命走っている。フルマラソンは大変だ。 さまざまな年代、男性も女性も42キロを一生懸命走っている。速い人も、そんなに速くない人も走っている姿はみんな美しかった。
「こうめさん、ブログ見てますよ~」とおっしゃってくれた方もいた。どなたでしょう?

一度、体育館に戻って荷物を持ってから、制限時間が迫っているフルマラソンランナーを見守る。みんな必死で走っている。「もう少しですよ~。 」と声をかけるとにっこりしてくれる人も大勢いた。ホントに疲れているはずなのに、笑顔ができるなんて素敵です。

北海道の初夏の一日、マラソン日和で6,500人弱の人が走ることを楽しんだ。大会マスコットのラン坊たちもきっと喜んでいるでしょう。 昔はラン坊も家族がいなかったのに、今はラン坊パパ、ラン坊ママに子供が二人もいるんですよね~。時の流れを感じるなあ。
千歳のハーフが私の初ハーフだったのだけれど、一体何年前だったのかな~?たぶんこの大会が始まったばかりの事だったように記憶している。 まだ20代の頃で、生まれて初めて20キロを超える距離を走って、ゴールしたら足が象のように腫れていた。 タイムも2時間30分くらいかかったはず。

今回は、ハーフの距離を走った後に、応援で11キロJog。ダメージは、応援で立ち止まっていた時に蚋に足を狙われて、 ほそ~い足首に10数匹群がっていた事。お陰で、現在、足がぶっとく腫れています。はぁ。

|

« 気持ち良かった! | Main | カウントダウン美瑛 »

Comments

今思い出しました、私、ラン坊パパとママにハイタッチしてスタートしたのです(笑)

Posted by: まゆちゃん | 2006.06.05 at 23:39

こうめさん。
だってずっとイーブンペースで走ってたら追いついちゃったから、もしかして大問題でも発生しちゃったりして~、なんていろいろ考えてたんですよ(笑)。
僕は今回は最後も頑張らなかったし、なんだかたっぷり余裕残して終わってしまって心残りが・・・。まあ「無理しない」がテーマでしたので。士別は無理しますよ~(笑)。

Posted by: まっち | 2006.06.06 at 00:35

まゆちゃん。へ~それは良かったよね。千歳はなんかお祭りムードがあって楽しいと思うなあ。

まっちさん。そうですか。ペースバラバラで、遅い時は5分/Kってのもあったからかなあ。下りは4分20秒くらいなんだけど(苦笑)ハーフなので大問題も起きずでした。ま、起きてもタイム気にしなければゆっくりトイレタイムにしますが・・・。
士別は思い切り無理してください。

Posted by: こうめ | 2006.06.06 at 06:24

お疲れ様でした。
ゴール前のこうめさんの応援で生き返りました。お蔭様であの後気持ち良く流しを入れてゴール出来ました。

最後の最後、千歳駅の向かい側ホームまでお付き合い頂き有難うございました。(笑)

Posted by: ichan | 2006.06.06 at 07:00

ichan、お疲れさまでした。最後に流し~、すごいや。
帰り道お会いできて良かったです。一人で駅までは結構長く感じるのです。最後にホームで涙の別れもできたしね(笑)北海道マラソンで会いましょう。

Posted by: こうめ | 2006.06.06 at 08:01

>結局、1:38:32でゴール。
>惜しまれるのは、最後に一度抜いた女性に抜き返された事。
>もしかしたら同じ年代グループだったかも。

もしかすると、この方かもしれません。
http://ameblo.jp/runrunrunner/
1時間38分20秒で年代別4位だったということですから。
1月に千葉で小出監督の講演会があったときに一緒になった方で、知り合いです。
東京国際女子の国際の部を目指されているそうです。
また会えますよ、きっと。

Posted by: かずき | 2006.06.06 at 18:42

 何度もご声援いただきありがとうございました。
 林道からサイクリングロードへ渡ってから,「あと何キロですよ~。頑張ってください。」と声が耳に達していましたが,足がアップアップで全く応えられませんでした。
 次は体調を整え,腹下りではなく美瑛の坂を下ります。

Posted by: かずじ | 2006.06.06 at 19:17

かずきさん。びっくり!です。早速ご挨拶してきました。標的にされていたとは・・・。トホホ。そんなことならもっと根性だして抜き返せば良かった。

かずじさん。今回はちょっと残念でしたが、おなかの調子が悪いのって他人事じゃないのでよくわかります。美瑛は坂を下りましょう。

Posted by: こうめ | 2006.06.06 at 21:59

はじめまして。こうめさん♪
あ、はじめまして、じゃないですね。
レース中抜きつ抜かれつしているんですから。
最後の最後に抜いたのは、私です(*^_^*)
走暦2年に満たないヒヨっこランナーの私は
北海道一有名なランナー、こうめさんを知りませんでした。ごめんなさい。
色々な方に明るく手を振りながら走る真っ赤な上下のランナーは目立ちまくっていました!
そこだけ違う空気感がありました。
私はといえば、初めての林間コースににっちもさっちもいかず、笑顔もつくれず、格闘していました。独りでもがき苦しんでいたんですね。
真っ赤のランナーは楽しそうでした。
周りもほの赤くなるような・・暖かい焚き火みたいな空気感を漂わせて走っていらっしゃいました。
最後の最後に抜かしたかった、真っ赤のランナー
ありがとうございました。
見習いたいと思いました。
かずきさんを通じてこうして言葉を交わせるなんて、本当に嬉しいです。
11月の東京では是非ご一緒しましょう!
今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: らんらんらんなー  | 2006.06.06 at 22:19

らんらんらんなーさん。ようこそ~。なんか嬉しいですね、こうやって抜きつ抜かれつした見ず知らずの人とお話できるなんて。
北海道一有名というのはかなりオーバーですよ。

走歴長いので走っていてもいろんな知り合いがいて、挨拶が大変で。。。笑
今回は、楽しく走るが目的だったので、あんな感じでした。この間の勝負がかかった洞爺湖マラソンでは、もっと歯をくいしばっていたのですが、抜かれても抜き返すという根性は、体育館に置いてきちゃったので、そのままあれれれ~でした。

今度は東京でお会いできるのかな。北海道マラソンには、いらっしゃらないのですか?

Posted by: こうめ | 2006.06.06 at 22:27

こうめさん、初めまして。

BBQ街道で逆走しながら声かけている女性がいて、どこかで見たことあるなあこの人、とか思いながら挨拶返したモノです。

いま思えばこうめさんだったんですね。
一応前にもニコ3つけてはいたのですが、今回の千歳ではなかなかこのマーク見つけられず残念でした。

Posted by: マイク | 2006.06.06 at 23:13

私のブログにもいらしてくださって、ありがとうございます。
ブログも、かずきさんとお目にかかった小出道場の講演会がきっかけではじめたので、本当に何もかもがヒヨっこです。
2005年のホノルルで東京国際女子市民の部の切符を手に出来たので
今年は11月のその本番に向けてトレーニングをしています。
北海道マラソンは魅力ですが、今年は見送ります。
フルは本番一本に絞っています。

こうめさんのブログを拝見させていただいて
なにやらすごい親近感が!
実は私の母は道産子です。小樽が実家です。
ハーフの翌日は祖父祖母のお墓参りもしてきました。私のジムの○中トレーナーも道産子です。
北海道 大好きです♪
いつか私が楽しく走るほうに方向転換したら、
(けっこう近い将来!)千歳をまた走ります。
洞爺湖もいいですね~~♪
もちろん 夏の道マラも(^^♪
その時はよろしくお願いしますね。


Posted by: らんらんらんなー | 2006.06.07 at 00:14

マイクさん。
あのマークを付けている人は全体の人数を考えると少なかったのでしょうね。
自己ベストおめでとうございます!

らんらんらんなーさん。本当は私も11月まで1本に絞ったほうがいいんでしょうが、地元で北海道マラソンを出ないでいるというのは、かなりつらいものがありまして・・・。あんまり無理せず走ることにします。
こちらでも再会できる日を楽しみにしています。

Posted by: こうめ | 2006.06.07 at 06:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/10406998

Listed below are links to weblogs that reference 千歳JAL国際マラソン-レースも応援も楽しんだ:

» 知っている人だけ得をする!! [国際分散投資レジェンドウィン]
海外の驚愕的な利益配当!!後からの参加者にも必ず配当が行き渡る画期的なシステムです。紹介者を出さなくても待ってるだけでOK。面倒な手続きは一切不要です。 [Read More]

Tracked on 2006.06.16 at 06:38

« 気持ち良かった! | Main | カウントダウン美瑛 »