« 2005年最後の馬追山 | Main | 買い物ついでのランニング »

2005.12.07

ほら、太陽も笑ってる。

『ほら、太陽も笑ってる。』

これ私が小学校6年生の時に作った詩の一部です。
通っていた小学校の90周年記念の歌を作る事になって、全校生徒が歌詞を考えました。その中で私の詩が記念の歌に選ばれました。
このフレーズ以外は覚えていません(苦笑)。先生が私の詩をもとにうまい具合に変えてくれたので・・・。

追記:太陽 も 笑ってる。←ここ重要です。太陽も笑っているんだから、 私もあなたも笑いましょうという意味です。

今日は(も)朝からビリッと冷え込んで、遠くの山々が綺麗に見えました。まだ雪も積もらず、 普通のシューズで走れる幸せを感じながら走りました。
その時に思い出したこのフレーズが『ほら、太陽も笑ってる。』でした。

Smile Running Project  だんだん大きな動きになってきたようです。
大会で走る時、大きな力になるのが、沿道の応援。旗を振りながら声を出して応援してくれると、背中を押されたような気持ちになります。実際、 背中を押されているのかも。
東京大マラソンのお手本となるNYCマラソンは、その沿道の声援が途切れる事がありません。人種も違えば、宗教も違う、 国も違う見ず知らずの人に、大きな声でずっと応援してくれるのです。100万人以上の人がこの日だけは、 一日マラソンというイベントを楽しんでいるような感覚を持ちました。
ちょっと日本とは違うなあ~と思います。

日本の大会で思い出に残っている大会は、1998年に開催された「奥尻復興ハーフマラソン」です。 1993年7月12日北海道南西沖地震の復興を記念して8月9日に開催されました。 島の周りを走るコースで美しい海と対照的な真新しい建物がなんとも痛ましい思いを持ちました。
その沿道には、つらい地震を乗り越えてきた島の人たちが出てくれていました。そして走っている私たちに向かって「ありがとう」 と手を振ってくれていたのです。
「ありがとう」って、私たちが言うべき言葉でした。災難を乗り越えてきた島民が、島の外からやってきたランナーに心から「ありがとう」 って言ってくれました。
私はサロマで100キロ完走した時も、北海道マラソンを初めて完走した時も、ゴールで涙は出てきませんでした。
でも、この奥尻のハーフマラソンの時は、涙が流れました。
走っている人も、応援の人も、みんな感謝の気持ちを持っていた。だから参加した人たちの心の中に深く思い出に残ったのだと思います。

大東京マラソンも感謝の気持ちで笑顔で走るランナーが大勢いるといいなと思います。そうすれば見ている人も笑顔になって、 みんな幸せな気分になるはず。

それは長寿の秘訣かも・・・。あれっ?最後にGRCネタになってしまった。
※注:GRC=ゴールド(五十雀 or グレート)ランナーズクラブの略・・・その内正式に発足するかもしれない(?笑) 参加資格50歳以上のランナーズクラブの事です。 

|

« 2005年最後の馬追山 | Main | 買い物ついでのランニング »

Comments

さすが、小6の時から、文才あったようですね。しかし、通っていた小学校の90周年ってものすごく歴史ありません?

Posted by: まさ | 2005.12.07 at 22:50

まささん。文才というか・・・たった1フレーズだけ残った私の詩です。
この小学校、屯田兵が入植した時に開港した学校で、今はもう130年くらいになるのでしょうか。すごいですね。

Posted by: こうめ | 2005.12.07 at 23:35

奥尻の話、以前もこうめさんとNAOJIさんに聞いたとき、自分も走っていたら涙で脱水症状になったかも、って思いました。

何処を走っていても、子供とお年寄りは、声援に応えるといいリアクションをしてくれます。
あれが本当に力になるんですよね。

自分もGRCの入会資格を得るまで、人間を磨いておきますね。

Posted by: Ogaman | 2005.12.07 at 23:51

Ogamanさん。たしかにあの場にOgamanさんがいたら、大変なことになっていたかも。

子どもたちの応援は国が違ってもみんな同じように元気でうれしくなります。

Posted by: こうめ | 2005.12.07 at 23:56

記念の歌に選ばれるなんて、その頃から文才があったんですねぇ。

奥尻もいまとなっては懐かしい思い出です。もし東京マラソンの声援が暖かいものだったら感動で涙が出て笑顔で走れないかも。

GRC会長のYANCOさんより五十雀ランナーズクラブも含めておいて下さいとのことです(笑)

Posted by: NAOJI | 2005.12.08 at 05:26

NAOJIさん。
そうですね~。東京のど真ん中を走ってるんだからきっと大感動ですよね。ほんとにそうなればいいね。

GRCの件、会長のお言葉了解しました。会長様にはくれぐれもお元気でお過ごしくださいと・・・。来年の復活楽しみにしております。

Posted by: こうめ | 2005.12.08 at 06:36

こんにちはー。
こうめさん、文壇デビューですか。

昨日、判フレの忘年会に行ってきました。来年の今日はNAHAマラソンエントリーして、沖縄でオリオンビール飲むと盛り上がりました。

大東京マラは青梅マラソンの○周年記念大会と1週間しか違わなくて、日程変更をお願いされたようです。

Posted by: じろー | 2005.12.08 at 10:46

たしか、青梅マラソンだったと思いますが...

Posted by: じろー | 2005.12.08 at 10:47

じろーさん、こんにちは。
来年はNAHAですか~。盛り上がってるなあ。
大東京マラソン、青梅と近いと参加者も減るから調整なんですね。あんまり関係ないような気もするんだけど、どうなんでしょうか?

Posted by: こうめ | 2005.12.08 at 13:13

商標登録しておいたほうが良さそうな
素敵な言葉ですね~。

そのあとを作って、歌でも作ったらどうですか
GRCのテーマソング(笑)

Posted by: gen | 2005.12.08 at 17:27

あっ、テーマソングね。
商標登録しておくなら今かな。
歌の印税でGRCの合宿所かなんか作ったら楽しいかも・・・。夢はふくらむ。

Posted by: こうめ | 2005.12.08 at 22:25

作詞はこうめさんでしょ、もしかして作曲も出来ます?会長はギターなら弾けます。岡林信康調(まさにGRC世代?)で良ければ(笑)

Posted by: NAOJI | 2005.12.09 at 12:36

作曲できないな~。GRCの中で誰かできそうな人いないかな。GRC予備軍でもOKですよね。で、会長の弾き語りってどうだろうね。

Posted by: こうめ | 2005.12.09 at 23:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/7515720

Listed below are links to weblogs that reference ほら、太陽も笑ってる。:

« 2005年最後の馬追山 | Main | 買い物ついでのランニング »