« やられた・・・別海パイロットマラソン | Main | 「走る女」は美しい!? »

2005.10.04

走り続けるために必要なものは、何?

10月10日に京都で行われるFRUNの10周年記念のイベント
ランニングシンポジウム「走り続けるへ明日へ 市民ランナー未来宣言」 のテーマを掘り下げるために、アンケート調査を実施しています。

「走り続けるために必要なものは、何?」私も考えてみました。なんせもう30年近く走ってるんですから(笑)

日曜日に開催された札幌に遠征してきたまっちキャンプテン率いるレディース隊のみなさんも、北の都のレースをすっかり楽しんで、 ついでにビフォアーとアフターも充分楽しんでいただいたようで、主催者になりかわり(?)お礼を申し上げます。
去年の今頃は、ランニングの大会に参加するために旅行するなんて考えもしなかったかもしれない人たちが、みんな走ることの楽しさに目覚めて、 レースを目標にみんなで集まって練習会を企画したり・・・と、なんだか別人になったような気分じゃないのかな。
すばらしいのは、全員完走した事はもちろんだけど、それぞれがしっかりレースを振り返って次に向ってもう始動してる事。
これからも、無理せず楽しく長い間走り続けてくださいね。
札幌マラソン遠征隊のみなさん、Good Job!!

まっちさん>次はいよいよ11月6日NYCマラソンですね。サブ4いけます。頑張って。
musajinさん>次のレースはゴール後に口も利けないくらい頑張ろうって、素敵! きっと頑張れると思う。17歳のmusajinさんはあっという間に超えられますよ。
nanaさん>走った疲れを取るためにもう走ってるnanaさん。立派なランナーだわ。
fumikoさん>車道を走るランナーの中に自分がいるのって気持ちいいでしょ。 それに感動したのってかんかよくわかります。
ひまわり2さん>同じくらいのペースのおじいちゃんを最後にちぎってよかったですね。 ゴール後の握手のコミュニケーションもランニング大会ならではのものかなあ。
みいこさん>ラストでダッシュ。膝の調子が悪いのに頑張りましたよね~。マラソンは心理戦。 だからおもしろいのかも。一緒に走る仲間がいるっていいですよね。

なんだかレディース隊のみなさんの記事を読んでいると走り出した頃の自分を思い出しました。もうずいぶんと遠い昔になってしまって、 忘れかけていた新鮮な気持ちを思い出すことができました。みなさん、ありがとう~。

では、私の回答を・・・

●1.走り出したきっかけはなんですか?(複数回答可)

a)健康のため
b)体力を付けるため
c)ダイエットのため
d)人付き合い
e)楽しそうだったから
f)フルマラソン完走など、目標達成のため
g)何となく
h)その他(     )

回答1( e )
コメント(あれば):
時はまさに女子マラソンが始まった時代で、大会は無料、おみやげもらえる。これは楽しそう。そんな単純な事がきっかけでした。

●2.走り続けている目的はなんですか?(複数回答可)
a)健康のため
b)体力を付けるため
c)ダイエットのため
d)仲間との交流
e)楽しいから
f)記録更新や目標大会完走など目標達成のため
g)何となく
h)その他(  )

回答2( e , f  )
コメント(あれば):
こんなに長い間走っていられるのは走ることが好きだから楽しいからに違いありません。でも、 その中に自分の記録の更新や目標の大会での完走など、ぴりっと刺激のある目標もあるので余計長続きするのかもしれません。 何にも目先に目標がないとモチベーション維持できないし。

●3-1.走るのをやめようと思ったことはありますか?

a)ある
b)ない

回答3-1( b )
コメント(あれば):

★3-2.やめようと思ったことがある人だけお答えください。それは、どんなときですか?(複数回答可)
a)仕事などで忙しく走る時間を取れない
b)家族の病気や介護で走る時間を取れない
c)家族との時間を犠牲にしたくない
d)他の趣味や勉強を優先したい
e)故障や病気で走れなくなった
f)体力的につらくなった
g)精神的につらくなった
h)人間関係のトラブル
i)その他(     )

回答3-2(   )
コメント(あれば):

●4-1.走り続けるために、必要なことはなんですか?(複数回答可)
a)走る時間
b)お金
c)走りやすい場所
d)家庭や職場の理解
e)仲間
f)専門家による指導や雑誌記事など、走るための情報
g)参加したくなるような大会
h)健康(体力)
i)走りたいという意欲(気力)
j)その他(    )

回答4-1( a,b,d,e,i )
コメント(あれば):
なんだかたくさん必要なものがあるなあ。でも一番大切なのは気力だと思う。時間があっても家族の理解があっても、仲間がいても、 結局走りに出るのは自分の気力次第。


★4-2.その中で、いま、いちばん足りないものは何ですか
(1つだけ回答)
a)走る時間
b)お金
c)走りやすい場所
d)家庭や職場の理解
e)仲間
f)専門家による指導や雑誌記事など、走るための情報
g)参加したくなるような大会
h)健康(体力)
i)走りたいという意欲(気力)
j)その他(    )

回答4-2( b )
コメント(あれば):
欲しいシューズ、行きたい大会、試してみたい飲み物、着てみたいウェア、あ~お金があれば、ボウルダーにでも合宿行くんだけどなあ。 毎年NYCマラソン行くんだけどなあ。

●5.いつまで走り続けたいと思いますか?(複数回答可)

a)死ぬまで
b)体力の許す限り
c)生活環境が許す限り
d)目標を達成するまで
e)飽きるまで
f)その他(   )

回答5( b )
コメント(あれば):
できればずっと走れる体力を常に維持していたい。

●6.走る続けるために、心がけていることは何ですか。
(自由回答)

回答6( 自分に正直に走ること。無理しない事。楽しく走ること。  )

●7.あなたについて教えてください。
(掲示板で公開したくない場合は、年齢等は未記入でもかまいませんが、整理の都合上、ニックネームの記入をお願いいたします)

★7-1.性別
a)男性
b)女性

回答7-1( b )

★7-2.年齢
a)20才未満
b)20代
c)30代
d)40代
e)50代
f)60代
j)70才以上

回答7-2( d )

★7-3.居住地
都道府県でお答えください。

回答7-3(北海道)

★7-4.名前
ニックネーム(ハンドル)でかまいません。

回答7-4(こうめ)

さて、あなたは、どうですか?市民ランナーのあなたのご意見をお聞かせください。
http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrentT_m/FRUN_B034/wr_type=T/wr_page=1/wr_sq=FRUN_B034_0000000041

|

« やられた・・・別海パイロットマラソン | Main | 「走る女」は美しい!? »

Comments

私の回答、 こうめさんとほとんど同じ。違うのは居住地と走るきっかけと、もしかしたら、やめようと思ったことあったかなくらいかな。ランニング続けるにあたって、やっぱりお金はあるととても、便利。でも、もってないので工夫するしかないですね。

Posted by: まゆママ | 2005.10.05 14:45

まゆママさんも、ほぼ一緒ですか。
走るきっかけは何だったのですか?あとやめようと思ったのはなぜ?育児と関係あるのかな?
お金は少ない中で工夫してなんとか楽しむようにしましょうかね。

Posted by: こうめ | 2005.10.05 20:47

別人になったような気分、まさにこうめさんのおっしゃる通りです。今回は節目の誕生日後だったので、なにか記念になることないかな~と思って気軽な気持ちでのった企画だったのに。。実際走ってみて、想像していたよりもっと楽しかったし、レース前には思いがけず膝を痛めて自分の体のケアということも考えるようになったりで、収穫がいっぱいありました。
そして前の誰かを抜かそうと気負った瞬間に、ふっと足が重くなったりするの感じて、自分の中でも心理戦だなーと思いました。マラソンって面白いですね。長々すみません。自分のペースでこれからも走りたいと思いますので、よろしくお願いします♪

Posted by: みいこ | 2005.10.05 22:39

こうめさん
いろいろサポートありがとうございました。で、僕がレディースを率いたんではないのでお間違いなく。僕、引率される側ですから(笑)。
NYCまで1ヶ月、目標は「最初から最後までキロ5分半で駆け抜ける」で行きたいと思います。1stAVEの地鳴りのような歓声が蘇ってきますね~。

Posted by: まっち | 2005.10.05 23:21

きっかけは去年のNYCマラソンですが(国内応援(笑))、まさか1年たって自分が走っているとは・・本当に別人になった気分です。今日も「走る女は美しい」なんてキャッチに惹かれて雑誌を買っちゃいました~。

Good Job!ってナマで聞きたいな。札幌に行ったおかげでこれからも楽しく続けて行こうと思えました。これからもよろしくお願いします!

Posted by: nana | 2005.10.06 00:24

みいこさん。そうなの、心理戦なの。距離が長くなると余計に感じます。だめだっと思ったらもうだめなんだよね~。
膝をいたわりながら、筋力つけて、また走り続けてね。

まっちさん。そうでしたか。引率されたんだ~。
キロ5分半で駆け抜ける。大丈夫だよ!なんか気合を感じるし。1st.Av.の地鳴りを全身で感じてゴールを目指してね。

nanaさん。私も「走る女は美しい」の本買って来ようかな。走ると気持ちも体もなんだかすっきりすると思わない?
私も美しく年を重ねるために走りたいと思っています。(顔は度外視だけどね)

Posted by: こうめ | 2005.10.06 06:58

きっかけは、夫が5キロの大会に私の名前でエントリーしたことから。楽しそうとは思わなかった。一度も走らず出場して、歩いてしまったのが悔しかったんです。2度目も歩いて、3度目に超ローカル大会で、やっと走り通したら、女子7人参加で女子3位の賞状もらい忘れられなくなりました。やめようと思ったのは、3、4年ほど前早朝走っていて、ちょっといやな場面にであってしまい、めげました。育児とも関係ありです。

Posted by: まゆママ | 2005.10.06 08:42

これ読んで次は少し自分には厳しいタイム設定のレースにしようと決めました。うーん、これからは「こうめマジック」と呼びます。進歩は人一倍鈍いですが少しずつ確実にを目標に、少しでも長く続けたいと思ってます。
ホントにみんなあの真駒内の外周コースでこうめさんの声聞いたんですよー。  

Posted by: むさじん | 2005.10.08 01:15

むさじんさん。声聞こえたでしょ~。へへへ。
また上り~って。
少し厳しい目標設定もいいかも。楽にクリアできすぎてもちょっとつまんないし。でも目標クリアできなくても、がっかりすることないよ~。私なんか、何年もクリアできてないし。その内きっと・・・ね。
次の大会は、
http://www.runnet.jp/runtes/
ここ見るといろいろ出てます。
フロストバイトとかいいみたいだけど、デザインが人気だったトレーナーが次はTシャツになるって話もどこかで読んだような気がします。

Posted by: こうめ | 2005.10.08 05:40

こうめさん、こんばんわ。旭川走ってきました。
3度目のハーフ、ぶしちゃんの伴走でした。キロ6分半で走り、後半はキロ6分で走り2時間16分44秒でした。美瑛が2時間50分なので34分は短縮しました。楽しく後半は人をすいすい抜けてこれで12月の初フル那覇マラソンがますます楽しみになりました。やはり楽しくはしりたいものですね。伴走は工夫が必要ですね。那覇も伴走で行きたいと思います。伴走で学ぶことは大きいですもんね、こうめさん。

Posted by: なべちゃん | 2005.10.10 18:00

なべちゃん、お疲れさまでした。ぶしちゃんずいぶん速くなったんですね。
次の那覇マラソンも楽しく二人で走ってください。

Posted by: こうめ | 2005.10.10 21:40

こうめさん、こんにちは。
おかげさまで、シンポジウムも無事に終わりました。スタッフが言うのもなんですが、想像以上に(笑)いい内容となって、来ていただいた方々にも満足いただけたんじゃないかと思います。
こうめさんのビデオコメントも光ってましたよ!

さあ、今からちょっと走ってきます。

Posted by: まりも | 2005.10.12 09:30

まりもさん、こんにちは。お疲れさまでした。
準備段階からみんな頑張ったからいいものが出来たんでしょうね。どんな内容だったかどこかに載るのを楽しみにしています。

Posted by: こうめ | 2005.10.12 14:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 走り続けるために必要なものは、何?:

» 札幌マラソン [札幌の目]
10月2日に写真を撮りに札幌マラソンを見学。 知人から「マラソンの写真は意外に難しいよ」と忠告されるも 写靂20年の私は「たいしたことがないでしょう」と 思いつつ撮影に挑んだが見事にピンボケだらけだった。 広角レンズである程度接近して撮ったのだが 走り抜ける選手の早いこと[:びっくり:] 構えた位置から50cmぐらいの距離で全力疾走してるので とても追いきれない。 まるで特急列車の通過を駅のホームで見てるような 錯覚を起こすほどだ。 マラソンを趣味としない私は... [Read More]

Tracked on 2005.10.09 15:23

« やられた・・・別海パイロットマラソン | Main | 「走る女」は美しい!? »