« エルフィンロード走ってきた | Main | 明日はチバちゃんとジョギング »

2005.10.15

走らなかった夫のその後

何を言っても全く「走る事」に興味を示さなかった夫が初めて走ったのが9月2日。それから1ヶ月半が経過した。
一番最初は3.5キロを全部走ることができなかったのが、今は5キロ走れるようになった。
夫のkenjiは、3日以上練習を休むと体が元に戻ってしまうというカネボウ伊藤国光監督の教えを忠実に守っている。 帰宅してから真っ暗な農道を走り出かけている。何度か、一緒に走ったけれど、最近は歩くことなく後半ビルドアップ(?!) しているようだ。キロ7分で5キロ走ることは、問題なくできるようになった。
ここで問題になってきたのがこれからの季節どうやって練習するか?
雪道走ればいいんだけど、そればっかりでは・・・。
という事で、昨日は雨だったので私の職場(町の健康運動施設)に初めてデビューした。 ここの決まりは最初は体力測定をやらなくちゃいけないので、私が付いて測定を実施。
結果は・・・。
まず、体重が重いのはわかっていたけれど、体重の割りに体脂肪率が低い。(あくまで割合の問題だけど) もともとガタイがしっかりしているので、骨や筋肉が重いんだろう。でも、まだまだかなりの太りすぎ。 走り始めて4キロ減った体重があと10キロくらい減るといいんだけどねえ。
体力測定の方は、まあこれがぴったり49歳の平均値。どの項目もこんなにぴったり平均だった人を見たことがない。
優れているだろうなと思っていた敏捷性や平衡性も平均で(なんだ、たいしたことないな~)、 劣っていると思っていた持久力が他よりも少し良いという結果だった。持久力は、ここ1ヶ月半でだいぶ鍛えられたのかな。
という事で、体力測定結果的には妻が圧倒的有利に立った次第。(当然ですね)
その後、トレッドミルで30分走った。室内なので風がなくて暑くてまいったとの事。

だんだん走れるようになってきているのは自分で実感しているようだけれど、走るのが楽しいと思ったことは一度もないそうで・・・。 つらいけど、自分に負けちゃいけないと思って走っているんだそうだ。
きっと、夜とかトレッドミルとか楽しくないような設定でしか走ったことないからかな~。
それともレースに出たら一気に楽しくなるのかな~。普段の走る練習って全然楽しくないものなんだろうか。
今ぐらいの季節は走るのにはとっても気持ちがよくて、私は思わずニタ~としながら走ってしまうんだけど、 そんな心境になってくれる日はくるのだろうか??
とりあえずkenjiの来年の美瑛ヘルシーマラソンハーフ挑戦の夢は消えていません。
みなさん、走り始めた頃はこんな感じだった?特に中年になってから走りはじめた同年輩の男性諸氏、いかがなもんでしょうか。

|

« エルフィンロード走ってきた | Main | 明日はチバちゃんとジョギング »

Comments

最初、ダイエット目的でなんとなくジム通いしはじめ、周りのノリでいやいやながら出たマラソン大会が、今現在自分の生きがいとなるとは思ってもみませんでした。不思議なもんですね~
これから塩谷丸山楽しんできま~す♪

Posted by: akkun | 2005.10.15 at 08:17

はじめまして。
私は44歳から走りはじめましたが、きっかけは地元の草レース(10km)に、ほとんど練習もせずに出場したことでした。
もちろん10kmなんて未知の距離で、1時間をちょっと切るくらいで走れて、自分としてはまあまあかなと思ったら、順位は80人くらい中ビリから2番。
市民ランナーという自分の知らない世界があることを知って、「このままでは終りたくない。」という気持ちになりました。

やっぱりレースですよ。
それとランナーの友達。
(きっかけとなった初レースの思い出、TBしますね。)

Posted by: RASCAL | 2005.10.15 at 08:48

私はたばこを止めて太ったから走り始めました。39歳の時です。
私はスポーツが得意だったので(職業もスポーツをしますから),フルマラソンぐらいと思っていました。

ところが‥‥,おばさんたちにどんどんおいて行かれるのですよ。(自分もおじさんですが)まったくかないません。きっとこうめさんみたいな人達だったのでしょう。それが悔しくて,走り続けることになりました。

それからウルトラにはまってしまい,以前には考えられない距離を走っています。速さを求めていたのに,ゆっくり長くに楽しさを感じています。

走りたいレースはどんどん増えてきます。日本中走りたいですね。もちろん外国も走りたいです。
本当の生涯スポーツしています。

kenjiさん,中年仲間として応援しています。


Posted by: chama | 2005.10.15 at 09:01

最初の1年くらいは、体脂肪27%少しでも下げようと
走らなきゃなーっと思って(金もないので)
強制的に走ってましたので、お気持ちよくわかります。
トレッドミルも最初そう感じました。
今は、LSDなら1人で走るのも気分よく走れますし
大会でた充実感や、やせた後の余生として
楽しんでます。
走り始めたのが、2000年5月
初10km大会出たのが、 2003年10月(FRUN入会)
その間は、1人でストレス貯めながら走ってました(笑)
大会に出たら変わると思います。

Posted by: gen | 2005.10.15 at 09:12

今のように大会にも出てちゃんと(?)走ろうと思ったのは、やはり煙草をやめて太ったこと、特に腹がみっともなく出たことに怒りを覚えたからです。
初めて参加した昨年春の10キロの大会で、自分より年配の方や女性に軽々と抜かれるのが悔しくて、その後さらに走り続けることになった…というのは、chamaさんと一緒ですね。
最近kenjiさんの話が出てこなかったので、もしや挫折?と思っていたんですが、走り続けているとのことでウレシイです。でも、昼間外を走ったほうがぜったい気持ちいいですよね。

Posted by: navi | 2005.10.15 at 10:08

ほぉ!
1.5ヶ月で4k減!!
リバウンドが怖くて、やめられないね。
kenjiさん、「頑張り」ましょう。

Posted by: ふれっぷ | 2005.10.15 at 10:47

自分は最初練習もしないで年に1度のヘルシーマラソン親子ペアに参加していたのですが、息子に惨敗続きでこれじゃあいかん!と走り始めました。
やっぱり練習はつまらなくて、習慣となるまでは大変でしたね。ただ、練習を開始してすぐにふらのへそマラソンの5kmにエントリーしたので、あまり情けない走りをしたら恥ずかしいと思って無理やり練習してました。

やっぱり大会という目標があったからどうにか走れていたのかなぁ・・・。

Posted by: Ogaman | 2005.10.15 at 12:25

ありゃりゃ~なんか知らぬ間にぃ~!?

走る・・・全然楽しくないです。キッパリ・・・なぜやり続けているか、自身で決めた事・・・目標の美瑛ハーフを完走・自身に負けたくない・昔のようなスリムな体に戻って見たい・寝たきりにはなりたくない・キャンプ仲間で始めている人への無言のメッセージ(私でもできる証明)・カネボウ伊藤監督の優しい説得力あるお話。こんなところでしょか、とり合えず美瑛ハーフまでは無理せず自身のペースで頑張ります。

Posted by: kenji | 2005.10.15 at 13:04

心優しい男性諸氏から次々と暖かいメッセージが寄せられているようですね。
今は楽しくないって言ってるけど、その内楽しいかもって思える日が来るに違いないと思います。
まずは一度昼間走ってみましょう。気持ちいいから。

akkunも最初はダイエット目的だったのですか。塩谷丸山登山楽しかったみたいですね。
冬にはどこかでスノーシューやりましょう。

RASCALさん。時々こそ見してました。RASCALさんの今の姿からは想像できない初レースの様子です。高島平頑張ってくださいね。

chamaさんでも最初はそうでしたか。それが今では連続ウルトラ挑戦ですものね。ゆっくり長くは、速さを競うのとは違った楽しみがあると思います。

genさん。kenjiは今体脂肪率27%です。genさんのように事も可能と言う事ですね。

naviさん。naviさんの腹がみっともなく出ているのは想像できませんが・・・。初レースが去年の春の10キロで今年は北海道マラソンにも挑戦。そして旭川マラソンでサブ4って、kenjiにも勇気がでるような話です。すごいわ~。

ふれっぷさん。そうなの。最初は一気に減るんでしょ、きっと。これを維持するには走り続けなくては・・・。

Ogamanさん。やっぱり人前に出るという事はモチベーション高くなりますよね。目標は達成すると次々新しいものがやってくるし・・・(笑)
美瑛で頑張るようです。よろしく!

Posted by: こうめ | 2005.10.15 at 13:16

私の場合は、ズバリ!ダイエットのため走り始めました。
最初の1ヶ月で10キロ、その後6ヶ月でさらに10キロ痩せました。
もう毎日体重計に乗るのが楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。
そのうちに10キロくらい平気で走れるようになると、大会へ参加するようになり、10キロからハーフさらにフル完走まで6ヶ月で達成し、ついには100キロマラソンに到達してしまった次第です。
Kenjiさん絶対ランニングは継続しましょう。
楽しいですよ)^o^(

Posted by: Kuri | 2005.10.15 at 13:23

教祖さま、kenjiさん、皆さん、こんにちは。
こちらのブログにはあまり来てません(なるべく遠慮したいという気持ちが・・・笑)が、本家BBSでご紹介があったので、仕方なく。(爆)

今年のGWに北海道にお邪魔した時に初めてマラソン大会というものに妻と一緒に出させて頂いたのですが、たった5kmをヘロヘロになりながら、妻に放って行かれながら何とかゴール。 天気が良くて気持ちよかったというのと、凄く大勢の参加者にビックリでしたが、やっぱり走るのは楽しいという気持ちにはなりませんでした。(家の近所でチョロチョロとジョギングしているのと比べると気持ちは良かったですけどね。)

kenjiさんの言う 『寝たきりにはなりたくない・キャンプ仲間で始めている人への無言のメッセージ・・・』 というのは、私のことかな!?
kenjiさんは絶対に走らないと言ってましたが、私はその内走り出すだろうなぁ~と予想してましたよ。(笑)  そしてその中に『無言のメッセージ』(お前も頑張れ!)があるだろうということも、最近の言葉でいうと想定内でしたが、やっぱりまだまだ楽しめるという、ここにお出での皆さんのようにはいきません。
でも、自分なりに運動不足の解消の意味でボチボチとは頑張っていこうと思ってます。

Posted by: Haruppe | 2005.10.15 at 15:02

あっ、そうそう、kenjiさんから『もう1つの言葉』を密かに待ってたりしてます。(笑)

Posted by: Haruppe | 2005.10.15 at 15:04

Kuriさん。1ヶ月で10キロ!一体前は何キロだったんだろう?yagiさんが、以前のKuriさんと今のKuriさんは別人だって言ってたけど、たぶん別人なんでしょうね。

Haruppeさん。教祖の無理やりの誘導に導かれて、ようこそこちらへいらっしゃいませ~(笑)
楽しいと思えるようなしかけは必要です。たとえばゴールしたら何かご褒美もらえるとか。
温泉とかビールとか・・・(あっ、kenjiもHaruppeさんもあまりお酒飲まないもんね)。しかし、走って温泉にでも入った後に飲む一杯のビールは格別なんですわ。↑の方たちはそれを楽しみにしている方も多いのです。
それに、5キロだと楽しくなる前に終わってしまいます。もっと長い距離の方が・・・(爆)。
ランナーは(特にウルトラ系のランナーは)、きついとかつらいのを楽しむのが好きなのです。ちょっとM系ですが・・・。

Posted by: こうめ | 2005.10.15 at 15:30

いやぁ~(^^;;; 私ちょっとM系は苦手です。(^^;ゞ
S系も好みではありませんが。(笑)
それと歳を取ってから何だか気が短くなったのか、こつこつ地道に時間を掛けてというのが苦手になりました。 若い頃はそうでもなく、こつこつ型だったように自分では思っていたのですが、最近はパッと出来ないと嫌になっちゃう諦めっぽいところが多くなっちゃいました。 なぜだろう???

さっきogamanさんのHPを覗き見させて頂き、kenjiさんが目標にしている美瑛ヘルシーマラソンのハーフコースを拝見させて頂きました。(ogamanさん、覗き見だけですいません。)
何か800mの心臓破りの坂があるとか・・・
我が家の前の道も1kmほど(緩やかな部分を含めると1.5kmほど)の心臓破りの坂がありますよ。マウンテンバイクで登ると足がパンパンになります。(^^;;;;;;
なので、とてもその方向には走りに行きません。(苦笑)
皆さんには喜んでもらえそうな坂ですかね?

Posted by: Haruppe | 2005.10.15 at 16:55

太っていない私は皆さんと逆ですが、去年走る前は53キロぐらいでず~ときていました。
走るようになってきてから55~56キロを維持しています。
筋肉が付いたのか、食べる量が増えたのかわかりませんが、今の状態が一番良いですね。

去年は5キロ、10キロで大会出場は終わりましたが、今年は春から伊達ハーフから始まりいろんな大会に出てすごい楽しいです。

やっぱり一度大会に出ると違いますよね、また気のあった仲間に会うのも楽しみの一つです。

来年美瑛ハーフ走った後が楽しみです。
そのままどんどん行ってほしいですね~。

Posted by: yagi | 2005.10.15 at 19:09

時々ブログを見ていただいていたなんて感激です。
ご主人、とにかく苦労してハーフを完走した、そのときに何を思うか、ですよね。
「もうこんな事はこりごり」と思うか、それとも、、、

私の場合は、走歴4ヶ月で無事初ハーフを2時間切って完走できたのですが、その記録が2200人中1800番くらいの記録だと言う事を知って、ますます「このままでは止められない。」と思いました。
それからは、記録が伸びていくのが楽しみで、、、。

ランナーというのはおせっかいなもので、私も一人でも多くの中年が(別に中年に限りませんが)ランナーになって欲しいと思います。
応援してます。

Posted by: RASCAL | 2005.10.15 at 20:29

 kenjiさんの記事を読んでいて,4年前に自分が走り始めた時のことを思い出しています。
 最初はただがむしゃらに走るだけで5kmどころか1kmも走り切ることは出来ませんでした。 私の最初のレースも美瑛のヘルシーマラソン(クォーター)で,走っているときは苦しくて二度と出るもんかと思いながら走っていましたが,ゴールの満足感と達成感を味わったら,病みつきになりました。kenjiさん,ゴールした時の昂揚は最高ですよ。

Posted by: かずじ | 2005.10.15 at 20:37

みなさん、こんばんは。

今晩はエルフィンロードマラソンゲストランナーのチバちゃんに会いに北広島市に行ってきました。みなさんの励まし同様、元気を頂いたような・・・ この板にお出まししたキャンプ仲間も私と一緒に多分・・・頑張るでしょう!! 
美瑛ハーフが終わった後、自身にどのような気持ちの変化があるかわかりませんが、逃げずチャレンジだけはします。色々励ましのお言葉ありがとうございました。

Posted by: kenji | 2005.10.15 at 22:14

なんかkenjiがうまくまとめているようですが・・・。逃げないとここで宣言しました~。
やっほ~。

Haruppeさん。坂を上りきると下りもありますからね~。それがうれしくて。坂道もたまにはいいよ。飽きなくて。

yagiさん。来年の美瑛楽しみにしていてください。kenjiの場合はそれまでにもっと体重を落とさないとね~。

RASCALさん。たしかにランナーはおせっかいですね。すぐにフルとか100キロとか他人に勧めるし。でもランナーが一人でも増えるとうれしいですものね。

かずじさん。ゴール後の満足感いいですよね。kenjiにも味わって欲しいです。

Posted by: こうめ | 2005.10.15 at 23:18

Haruppeさん、覗いていただきありがとうございます。近頃では私も覗くだけになっているHPです(笑)。

美瑛のコースは全体的に下りのワンウェイですが、あの上り坂がいいアクセントになっています。ハーフの15kmというと一番苦しくなるところ。そこに延々と続く上り坂ですから、ここでランナーの姿を見ていると感動します。

来年もあの坂で応援するつもりなので、Kenjiさんの走りもしっかり見届けたいと思います。

Posted by: Ogaman | 2005.10.16 at 08:29

これからの季節、夜走るのも楽しいかも。
東の空には、明るく赤い火星が昇っているし、その左となりにはスバルも可愛い姿を見せています。夜が更けると輝かしい冬の星座も昇って来るし・・。星の名前を覚えると夜ランも楽しいですよ。

Posted by: ふれっぷ | 2005.10.16 at 10:27

Ogamanさん。来年もよろしくお願いします。あの上りがあるから美瑛のハーフは楽しいのだ。

ふれっぷさん。kenjiは下ばっかり見て走ってます。星でも見たらいいのにね~。余裕無いって。

Posted by: こうめ | 2005.10.16 at 14:56

自称こうめ道場所属のFumikoです♪
わたしの仮装ライバルのkenjiさん。(勝手にすみません。)
>3日以上練習を休むと体が元に戻ってしまうというカネボウ伊藤国光監督の教えを忠実に守っている。
すごいです~。札幌マラソン以来2週間、一歩も走っていないです。ダメだー、自分。
わたしもこうめさんに景色を楽しむといいよ、とアドバイスいただくまでは自分の足を見ながら走っていました。景色を見るようになってから楽しくなってきた気がします。
わたしもまた頑張りますよー。こうめさん、よろしくお願いします!

Posted by: Fumiko | 2005.10.16 at 23:13

Fumikoさん、こんにちは。札幌マラソンの疲れは取れましたか?次のレースは駅伝なの?
kenjiはちょいとむきになって練習してますが、景色見ながら楽しんで走ればいいんじゃないかと思いま~す。チバちゃんもそう言ってたし。

Posted by: こうめ | 2005.10.16 at 23:31

そういえばFumikoさんパリ行ってたの忘れてた。そっちの方が疲れますね。熱出したとか?それはマラソンの疲れもあったのでしょうか?

Posted by: こうめ | 2005.10.17 at 00:05

僕が走り始めたのは37歳でした。やっぱり、みなさんが書かれているように、一度レースに出ると、変わると思います。どんな小さな地方のレースでも、どんな短い距離でも。そのうち、次は10キロ、次はハーフ、そしていつかはフルにと目標というより、夢がどんどんふくらんでいったなあ。ただし、フルへ参加するという決断まではけっこうかかりました。
今度、女性抜きのおじさんだけで遠出ランしましょうか。そうだなあ、スタートは北広の駅、エルフィンから白石サイクリングロード、途中から札幌ドームに抜け、真駒内に出て、河川敷を通り、ゴールは「すすきの!」 楽しそー。

Posted by: じろー | 2005.10.18 at 17:07

じろーさん、こんにちは。
そんなに長い距離だったらkenjiはきっと目を回すと思います。目を回すんじゃなくて、頭くらくらするかな?

Posted by: こうめ | 2005.10.18 at 21:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/6405703

Listed below are links to weblogs that reference 走らなかった夫のその後:

» 初レースの記憶 [らすかる ふらんそわ ど じゃるじぇ]
荒川の失速を、「ちくしょー!」などと思っていたら、初めて走ったレースのことを思い出しました。距離は10km、参加人数80人くらいの草レースでした。 1999年、海外勤務をしていた私は、急な帰国命令に住む家が無く、会社に言われるままに、空いていた社宅に入りました。その社宅の目の前が多摩川でした。 体育会系の学生からおじいさんまで、色んな人が堤防の道を走っています。私もまねして走ってみました。3kmとか、5kmと�... [Read More]

Tracked on 2005.10.15 at 08:54

« エルフィンロード走ってきた | Main | 明日はチバちゃんとジョギング »