« 「走る女」は美しい!? | Main | 走らなかった夫のその後 »

2005.10.12

エルフィンロード走ってきた

昨日(10月11日)天気も良いので、北広島市のエルフィンロードを札幌に向けて走ってきた。
このサイクリングロードを使って今度の日曜日(10月16日)に、エルフィンロードハーフマラソンが開催される。
ゲストはチバちゃん。もちろん私も参加予定。そして当然・・・楽しく走ろうと思っている。歯はくいしばらない。
FUN RUNモードの大会に試走とは??だけれど、農道ばかりはちょっと飽きるしたまには違った道も走りたくなったのだ。それに、 今度の大会で110分の壁をやぶろうとモチベーションを維持している和さんがアップダウンを不安に思ってたようなので、 こんなんだよ~というのをお知らせしたくて。

9時のバスに乗って北広島駅へ。ここからサイクリングロードはスタートしている。でも大会のスタート地点は少し先の総合体育館前だ。 そっちの方へ目指して走ったつもりが・・・。
間違いその1。なぜか千歳方面に向って走ってしまい、ぐるっと遠回りして戻ってきた。約2キロ遠回り。まっ、これくらいはいいんだけど。
コースを総合体育館へ。ここは、レースの最後の最後の上りがあるところ。線路をくぐって急な上りを少し頑張ればゴ~ル。はい、110分切り! ですよ。>和さん
線路下をくぐる

急坂

ゴール

間違いその2。ちゃんとスタート地点から、レースをシミュレーションして・・・のはずが、なぜか反対方向に走っていた。 コース図持ってくりゃ良かったと深く反省。またしても3キロほど遠回りしてサイクリングロードに戻る。去年、 同じコースでレースに出てるのにまったく記憶なし。

ここからは一本道だし折り返し地点さえ間違わなければ大丈夫。
安心して走りはじめた。気持ちいい。ここちよいアップダウンがあってなぜかどんどんスピードアップする。レースペースか、こりゃ。
緩い下り

下って上る

走りながらアップダウンをチェック。上りはあまり苦になる程度でもない。上っても長くはないし。
と、どんどん気持ちよく走って札幌市へ。
上野幌を超えて、さて折り返し地点はどこだ~と橋を数えながら走っていたはずなのに・・・。
気がついたら厚別川渡って、白石東冒険公園まで来てしまった。いくらなんでもここまではこないでしょう。あれ?
間違いその3。折り返し地点を見失う。どこまで走るつもりだ、私。時計を見ると、これから北広島まで走って帰っていたらバスに間に合わない。 午後から仕事あるのに~。ちゃんと調べてから走り出しなさいということか。あわてて大谷地バスターミナルまで戻って一息。結局、 大谷地から長沼までバスで帰った。

折り返し付近
この場所あたりで折り返しのはずです。

走った結果、やっぱりアップダウンはあまり気にならない。行きで上りの場所は帰りは下りだし。 どちらかというと折り返してからだらだらと上る感じがするかもしれない。
試走になったのかならなかったのかよくわかんないけど、天気も最高だったし、紅葉も少し始まっていて、気持ちの良い事この上なし。
チバちゃん、このコース気持ちいいですよ。

|

« 「走る女」は美しい!? | Main | 走らなかった夫のその後 »

Comments

昼間明るい時走った方が良いですね。

自分が走ったとき真っ暗で全然コースのイメージがないです。
早く抜けだそ~と必死で走りましたから。。。。

Posted by: yagi | 2005.10.12 at 08:21

ここは夜走ると怖いですからね。
森の中から視線を感じます・・・
すれ違う人の顔を怖くて覗き込めません。

昼間は最高に気持ちいいですよね。
でも、アップダウンが気にならないのはこうめさんだからかと。
ま、僕もアップダウンは気にならないほうですが、かなり上下にうねってるとおもいますよ。

Posted by: かずき | 2005.10.12 at 10:12

たしかにあそこは夜だと怖いかも。
でも、昼間はすごい気持ちいです。もうずっと走っていられると思うくらい。
昼間のRUNを強くお勧めします。

ところでアップダウン、そうですか~?
適度で飽きずに気持ちいいと思うんだけど。
和さん、私の言葉を信じてください(笑)

Posted by: こうめ | 2005.10.12 at 14:13

こうめさん、昨日の午前中に走られたのですねぇ~!私も夕方に北広島に向かって走りましたよ。
最後の写真はまさに私のスタート地点♪この辺にオレンジの自転車があったら、私が走ってます。昨日、気が付きました。気楽に走ってると坂が気にならないけど、時計とニラメッコしながら真剣モードで走ってる場合は、坂が気になりま~~す!あと調子悪い時!でも、苦になるほどじゃないかな?

Posted by: トン子 | 2005.10.12 at 17:22

いや~、私は普段本当に平坦な所ばかり走っているせいかサイクリングロードは結構アップダウンあるように感じますね。でもホームコースにしているつよしさんは長沼行きの車の中で平坦って言ってました。あれ?かずきさんも同調してなかったっけ?

Posted by: NAOJI | 2005.10.12 at 19:40

こうめさん、こんばんわ。シューズ選びのときアスリートクラブを教えていただいたリエです。あれから、タケダファミリーマラソン5キロにでて、エルフィンロードは10キロに挑戦しようと決め、ちょこちょこ走っていたのですがついこの間10月10日の体育の日にいつものコースを延長してエルフィンロードを走ってみました。途中、足裏にちょっと痛みをかんじたのですが白石サイクリングロードより緑が多くてとても気持ち良くついつい長く走ってしまいました。・・・の結果、足裏筋膜炎になってしまったらしくとても痛いのですがエルフィンロードには出たい。こうめさん、痛みをやわらげる方法とかありますか?

Posted by: リエ | 2005.10.12 at 21:11

エルフィンロードは、アップダウンけっこう激しいですよ〜。
でもね、楽し〜いアップダウンなんですよ、特に帰りは辛くて。
>>>和さん

Posted by: navi | 2005.10.12 at 22:40

こうめさん、コースレポートありがとうございます。
JRの車窓からや写真を見ると林間の楽しそうなコースに見えますし、丁度葉っぱも紅黄に色づいているので飽きずに行けそうです。
市のHPで標高図もみましたが、高低差50m、まぁ登りの距離と下りの距離は同じだし、あんまり気にしても始まりませんしね。
ただ、2枚目の写真が…

Posted by: | 2005.10.12 at 22:44

トン子さん。同じ日の夕方だったんだ~。
札幌方向から走ってくるのと北広島から走っていくのとではアップダウンの感じ方が違うかも。

NAOJIさん。札幌の方(白石サイクリングロード部分)は、橋のところがいちいち下ったり上ったりでちょっと鬱陶しいですよね。でも北広島のところは緑が多くてゆったりしたアップダウンで・・・。私は基本的に平坦なところよりもアップダウンのあるほうがすきなのかな。

リエさん。頑張りすぎちゃったんですね~。日曜日まであせらず休養したらどうですか。それで痛みがひどくなければ走ってみたら。私は足底筋膜炎やったことないので、どうしたらよいのかわかりませんが、アスリートクラブに相談してみるといいかもしれません。でも痛いときは休養が一番だと思う。

naviさん。アップダウン激しくないでしょう。だめですよ、嘘言っちゃ。

和さん。2枚目の写真の坂上ったらすぐゴールですから、ここは死んだ気で登って下さい。時計見てたりしちゃだめですよ。一気に・・・!です。

Posted by: こうめ | 2005.10.13 at 20:47

サイクリングロードからエルフィンは僕も練習コースにしています。サイクリングロードは給水もできるので、夏の練習はいいですよ。一方、エルフィンはそれなりの装備が必要です。東札幌から北広島までのコース案内図を設置してほしいですね。 こないだかみさんと北広島まで歩いたら、3時間かかりました。歩くのも疲れるもんです。走ったほうが楽だな。

Posted by: じろー | 2005.10.14 at 11:03

じろーさん。
エルフィン側は、たしかに住宅街じゃないので給水とかには不便かもしれないですね。コンビにも自販機もないし。でも、私にとってはそれが当たり前の環境でいつも走ってるので特に苦になりません。今回もボトルポーチ持参でした。(結局、最後まで飲まなかったんだけど)
この時もたくさんウォーキングしている人がいました。
歩いて通るのは時間がかかるので、私にとっても走るよりつらいかもしれないです。

Posted by: こうめ | 2005.10.14 at 20:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/6360897

Listed below are links to weblogs that reference エルフィンロード走ってきた:

« 「走る女」は美しい!? | Main | 走らなかった夫のその後 »