« ライバルと走る! | Main | プールでウォーキング »

2005.07.25

伊藤国光監督の話

先日ご紹介した陸上教室、「走らない夫」がちょっとだけ顔を出したつもりが、 話が面白くて最後まで聞いていたそうで・・・。その「走らない夫」が聞いてきた話です。
陸上教室の様子約80名ほどの参加者があって熱心な質疑応答が交わされたようです。

正面には、伊藤監督、高岡さんと入船さんの世界陸上組と、トレーナーの4名が座っています。

「走らない夫」が覚えていた事をいくつか。もしかしたら捉え方が違っているかもしれませんけれど・・・。何せ「走らない夫」 が聞いた話ですからね(しつこい!)

1.ゆとりを持った練習をすること。自分の今持っている記録が、80%の力で出せるような練習をすればいい。 自己記録を上回るタイムを出そうと100%の練習をすればいいってものではない。
・・・・・これは難しい表現ですね。練習ではいっぱいいっぱいで走らないってことかな~。量、 質ともがむしゃらにやればいいというものではないんですね。
普段の2割増しの力が本番で出せるようにしておいたらいいのかなと思いました。

2.マラソンはかかとで走るものだ。だから練習の時に、つま先で走って短い距離で速いタイムを出せていても、 その走り方では本番では足が持たない。最初はゆっくりで最後にスピードを上げるような走りをしていると良い。
・・・・・ビルドアップの練習が効果的ってことかな。

3.膝など故障しがちの人は、芝生の上やクロスカントリーなど、アスファルト以外の所で走る練習をすると良い。
・・・・・これはよくわかります。

4.腕の振りはとても大切。バランスよくきちんと腕を振るには、手を握るほうがいい。 どうしても手が開いてしまう人は500円玉を持って走ると良い。10円や5円なら落としても気にならないけど、 500円玉を持っていたら落とすのがもったいないので、握っていられる。
・・・・・うん、わかりやすい話。私は右手がいつも開いてくるので、その話を聞いてから両手をバランスよく握る事を意識して走ってみました。 気のせいかスピードでるような・・・。あくまで気のせいかもしれませんが。

5.高岡選手の話-ジンクスは気にしますか?という問いに対して。今までジンクスを作らないようにしていた。作ると、 万が一それが無いと気になってうまくいかなくなるから。でも、最近はレースの前に、餅を食べるようにしている。
・・・・・・餅ですね。なるほど。たしかに、レースの時に、 これを食べてとかこれを飲んでとか決まりごとを決めているとそれを忘れたと気がついた時の落胆が大きいからな~。 (そそっかしい私は何度も経験あり。その時は必ずタイム悪いし)

6.トレーナーの話-鉄分などをサプリメントから摂取するよりも、一般の食品から摂った方がいい。 職業選手は食事があまり喉を通らないような激しい練習をするので、サプリメントから摂るのもやむを得ないけれど、 そうじゃない一般の人や中高生はサプリメントはお勧めしない。鉄分にも、植物性の食べ物(ひじきなど)に含まれている鉄分と、 動物性の食べ物(レバーなど)に含まれている成分には、違いがあるので、両方バランスよく食べるのがよい。
・・・・・へ~知らなかった。なんでもバランスが大切ということですか。

と、まだまだ夫は小出しに話をするので、今覚えている分だけですけれど、忘れないうちに書いてみました。
全部ちゃんと覚えていて、私のコーチになってくれたらいいのになあ。>夫殿

高岡さん、入船さんは、千歳を離れていよいよ世界陸上へ向けて出発準備のようです。8月下旬にはまた千歳に戻ってくるそうです。その時に、 おめでとうございます言えるといいなあ。

|

« ライバルと走る! | Main | プールでウォーキング »

Comments

なかなかわかりやすい話ですね。
自分に当てはめると、1)練習量は少ないからOKかな?
2)つま先での走りはとても無理!すぐふくらはぎ吊りそうになるので。
3)これも一応周一回はしているな~OKですね。
4)手はいつも軽く握っているのでこれもOK.
5)ジンクス?自分も2時間前は大福餅たべてますね、なぜか食べたくなるんです。あるまでコンビニ探します。無い時はほんとに調子悪かったような? そう夕張のときコンビニ近くになかったもんな~
6)食バランス?これはむずかしいですね。
自分1人食べ物帰るわけにいきませんからね?

なかなか勉強になりますね、今度は聞きにいこうと思う。

Posted by: yagi | 2005.07.25 23:45

またこのような機会があったらご紹介しますね。

私が持ってる、高岡&入船&伊藤監督のサイン、世界陸上で活躍したら価値が上がるなあ~。

Posted by: こうめ | 2005.07.26 07:23

練習でレースペースより遅いロングのペース走をする時とレースペースより速いペースで10キロぐらい走るペース走をしますが師匠に言われるのは最後まできっちり走れて余裕があること。ペースが維持出来なくなって落ちたり、一杯一杯になるまでやっては良くないと言われます。これも80%と同じ意味なんだな~と思いました。鉄はサプリメントに頼っています。自分の場合、食事で摂ってもお茶が好きなのがダメなんですよね~。食後のお茶はなかなか我慢出来ません。動物性と植物性両方摂った方が良いんですね。何でもバランス良く食べるって難しいな。

Posted by: NAOJI | 2005.07.26 09:23

僕の場合、
1と2は具体的にどうすればいいのか、良く分からなくて難しい感じがします。特につま先とかかとの話は???です。
3はつまりこうめさんを見習えと。
4は分かり易い話ですね。個人的に僕も最近は手の振りを意識するようにはしています。
5については、ジンクスを語れるほどの経験がない。でもレース前に餅を食べる人は多いですね。
6は補助的にたまに鉄分のサプリメントを摂りますが、食べ物にほとんど好き嫌いがないので食品から摂るようにしています。
…それにしても、走らないご主人がこれだけ話の内容を覚えているのは、たいしたものだと思います。

Posted by: navi | 2005.07.26 12:36

みなさん、こんにちは。

走らない夫と3度も書かれ・・・よ~し走ってやろうじゃないか・・・とも思いましたが私は人の何倍も凝り性、スポーツなら自身の限界を見なければ納得できない性分なので我が家のランナーを追い越しちゃ~彼女のプライドにもキズをつけちゃうことになりそうなのでやっぱりやめときます。

でカネボウの監督・トレーナー・選手のみなさんは本当に温和で監督の素晴らしい人柄を敬称しているようです。自身やらないスポーツですが監督の話は説得力があり、ちょっとと思った時間が最後まで聞いてしまうほど楽しい時間を過ごさせて頂きました。高岡・入船両選手には世界陸上でがんばれ~と叫びたい気持ちです。

Posted by: kenji | 2005.07.26 13:05

ありゃりゃ~。走らない夫が登場してるわ。

NAOJIさん。やっぱりそういう事なんでしょうね。練習で限界まで追い込んでもあんまり意味がないと・・・。

naviさん。参考になりましたかね。3の芝生とかクロカンとかは、自分でも気がつかないうちに筋力鍛えられているのかもしれません。だから最近あまり故障もないし、筋肉痛もないのかな~。

走らない夫殿。えっ、私を追い越す?そりゃ、あと20キロくらい痩せないと無理ですわ。しかし、もし走るようになったらたぶん壮絶なバトルが展開されておもしろいかも。あと10年くらいたったらどう?

Posted by: こうめ | 2005.07.26 15:36

いやいや、kenjiさんも登場ですか。こうめさんたいした自信ですね。でも10キロぐらいだったらkenjiさんに負ける可能性もありますよ(笑)どうですか気合を入れて妻を負かしてみては?我が家はハーフまでは勝てる自信がありますが5キロ、10キロはまだダメです。でも相手は私と張り合おうという気も無いのでのれんに腕押し状態です(苦笑)一度レース中に「おら、どうした!」ってつんつんして闘争心に火を着けてみたいもんです。

Posted by: NAOJI | 2005.07.26 18:43

NAOJIさん、こんばんは。

やってみたい気持ちは以前に比べ・・・多少あるかなぁ~という感じはするんですがねぇ~!?
あぁ~まずい・まずい、こんな事書いたら大変なことになりそうなんで・・・もぅちょっと歳を重ね命が惜しくなった時にやってみましょう!!

で話はかわりますが、近いうちに山登りを我が家のランナーに付き合ってやって下さい。私はベースキャンプで炊事班をあづかります、そうでもしないと私を山に・・・山を見るのは好きですが登るものではないと思っているものですので宜しくおねがいします。

Posted by: kenji | 2005.07.26 20:29

NAOJIさん。大丈夫だと思うんだけどね~。敵は持久力無いみたいだし。

おりゃりゃ~。またお出ましになったkenji殿。
命が惜しいと思った時には、走れない体になってるかも。今のうちにチャレンジするのがいいんじゃないのかな~。まっ、最初のうちは対決なんてしませんから~。ゆっくり走ってくださいませ。
じゃ、シューズでも買いに行く?

NAOJIさん。今度山行きましょうね~。

Posted by: こうめ | 2005.07.26 20:41

そうですね〜、とりあえずシューズは買っといたほうがいいでしょう。新しいランニングシューズがあれば、天気のいい日にはちょっと走ってみたくたくなるもんです!

Posted by: navi | 2005.07.26 20:56

ほれ、naviさんもそう言ってるし。
・・・・どう?

Posted by: こうめ | 2005.07.26 21:26

お邪魔します!
kenjiさんそこまでいってやっぱりやめとくの?
限界まで挑戦してみては・・・どう?

私は限界までやりませんが北海道に来る前の体調に悪さももジョギングで吹き飛びましたし体脂肪も減ってます。
こうめさまに感謝しています。

すごいシューズとウエアー買って始める気がします・・・
華麗なる夫婦対決楽しみにしています!違うか(笑)

Posted by: mo-chanママ | 2005.07.26 22:17

kenjiさん、なんて勿体無い、山は登るものですよ。登山もマラソンと同じでペース配分で疲れ方が違ってくると思います。こうめさんのペースで登れば速過ぎて辛いかもしれません。最初は小さい山から道端の花の写真を撮ったりしながら、ゆっくりと。一度どこか登って見ては?今時期だと低い山は暑いからニセコで五色温泉辺りの登山口の標高が高いような山に行ってみたらどうでしょうかねぇ。

Posted by: NAOJI | 2005.07.27 05:43

mo-chanママさんまでお出ましいただいて・・・。むふふ。逃げられなくなってきた。

NAOJIさん。そうなんですよね。
イワオヌプリあたりを狙っています。あそこならkenjiでも登れるでしょう。まずは体験してもらわないと・・・。ゆっくり登ればいいんだよね。

Posted by: こうめ | 2005.07.27 07:00

おはようございます
何か外堀がうまって抜け出せなく
なりそうな感じがします。恐ろしい女性軍団(笑)
kenjiさん 頑張って下さい。

Posted by: gen | 2005.07.27 08:32

genさん。NAOJIさんと私は、昔FRUNで北海道アマゾネス軍団と呼ばれたメンバーですので~。

Posted by: こうめ | 2005.07.27 08:55

市民ランナーにも、大変分かりやすく、興味深い話ですね。ひじきとレバーの鉄分は違うんですね。それから、80%の力でというところが、面白かった。これなら自分にも出来そうですし。
とても、参考になりました。ありがとうございました。

Posted by: きょうのわんこ | 2005.07.27 22:58

きょうのわんこさん、こんにちは。
参考になったようでよかったです。でも走らない夫が聞いてきた話ですから~。

Posted by: こうめ | 2005.07.28 05:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊藤国光監督の話:

» エアポートホテルアネックスで陸上教室開催される [I LOVE GOLF]
近所のホテルで開催された陸上教室(長距離の)。 カネボウ陸上部の伊藤国光監督、コーチ、選手2名が講師。 選手2名は、世界陸上マラソン代表の高岡選手、入船選手である。   高岡選手は、2年ほど前、千歳市内の某お好み焼き屋にて、隣のテーブルになったことがある。 札幌のハーフマラソンの前日だったかな。確か。 当時、マラソンの日本記録保持者であったが、現在もそうである。 昨年のオリンピック代表になれなかったので、今回の世界陸上は念願かなっての参加だ。   それにしても、千歳は、長距離選手... [Read More]

Tracked on 2005.07.27 01:47

« ライバルと走る! | Main | プールでウォーキング »