« さっきゴールしました! | Main | くりやま100キロテレビ放映 »

2005.07.03

くりやま100キロ-遠足終えて

大人の遠足から帰還しました。サロマとは違ったウルトラです。
サロマと連荘の方も結構いてびっくり!途中で一緒になった女性は、サロマとは全然雰囲気が違うと言ってました。 出ているランナー層も違うって。たしかにそうかも。

今朝起きて、足は「象」化してませんでした。今回は、足のダメージほとんどないです。びっくり!まあ筋肉痛ではありますが・・・。 どこか痛めたような感じはないです。私も足も強くなったもんだな~と思っています。
今でも走ってこいと言われれば走れる感じかな。じゃ、走ってくるかというと、今日は休みますけど・・・(笑)

45キロすぎてから急に胃が調子悪くなり、道端で一度吐いてしまいました。 足はなんとも無いのに内臓が調子悪くて走れないというのも情けないなと思いましたよ。スタート前に、 たくさん食べ過ぎていたのか最初はお腹が重いなあという感じだったのですが、その内摂った水分が吸収されていない感じがしてきました。 こうなると飲んでもだめです。タッポン、タッポン音がする感じでしたから。
休憩所で、とりあえず全部胃の中のものを吐き出して、すっきり!ゼリーやらの流動食とおにぎり半分を食べて復活しました。 でも胃の調子は完全に直ったわけではないので、とりあえず給水もだましだまし。
受け付けたものは水(少し)と、コーラ、それにりんごジュース(これは農家自家製の果汁100%だからうまいのです)、そしてアイス (エイドのアイスキャンディーと途中で買ったソフトクリーム)だけでした。固形物は、やっぱりアンパンがうれしかった。
かずきさんの奥さんのはるきさんは小さな子ども二人と食料を持ってバスで長沼まで来てくださったのには本当に感謝です。 子どもたちも疲れたんじゃないでしょうか。おじさんやおばさんの道楽の応援、本当にありがとう。

胃がそんな状態だったので、あせらず遠足を楽しもうと、エイドは長居。ボランティアの専門学校生と話をしたり、 やってくるランナーと話をしたり・・・。写真を撮ったり・・・。
エイドにいる間に抜かされた人々を次のエイドまでにまた抜き返して、またエイドで抜かされる・・・を繰り返していました。
しかし、かずきさんのおじょうちゃんに、「あまり休みすぎちゃいけません」と教えていただいたので(笑)、 かずきエイドから先は休むのもなるべく短くして、結構真面目に走りましたよ。周りはみんなバテバテだったので、 遠くに走っている人がだんだん近くなって追い越して、なかなか気持ちよかったです。
遠足だったので、ラップも取ってませんし、ゴールでストップも押してませんでした。タイムはどうでもいいや。
100キロ、歩かずに走ったのがうれしいです。ダート道(砂利道)も結構長かったり、山登りもあったりするコースですから・・・。誰かが、 これはサロマよりきついコースだなと言ってました。13時間で帰って来いと言われたらきつすぎるって。でも16時間あるから、 ゆっくりでもゴールはできると思います。

Ogamanさん。楽走の方にも応援してもらいました。中間点の休憩所前で、あの黄色い幟が翻っていてちょっと感動でした。 よっしーさんと一緒に写真を撮りました。
足、大丈夫ですか?そっちの方が心配です。くりやまはダメージ無く走ることもできる大会だと思います。

chamaさん。名水のかずきエイドで、chamaさんが去年90キロで写真を撮ってもらった人に会いました。 簡単にchamaさんの事を説明しておきました。ここを読みにきてくださいとお話しておいたので、 もしかしたらchamaさんと久しぶりに会話ができるかもしれません。遠足楽しかったです。来年はぜひまた来てください。

yagiさん。長旅でした~。でも知ってる町なのであまりストレスなかったです。特に後半はいつも走ってるコースですから。 来年いかがでしょうか?

こあきさん。昨日はどうもありがとう。南幌走っていたときは、暑くてバテバテだったので、あのメールうれしかったです。 どこで会えるかと励みになりました。

naviさん。あら~ヒイヒイ言ってるのが聞こえたのかな?これは、はっきり言ってnaviさん向きのウルトラです。
時間は気にしなくていいんですよ。のんびりゆっくり走れば。naviさん、来年出るだろうね。と予言。

Haruppeさん。その気になればできますよ。遠足だからね。長い時間体を動かし続けられれば大丈夫。
100キロだって、最初は1キロからだし。

まっちさん。ウルトラはどっちかというとシニアのスポーツかもしれないので、今からぼちぼち練習してその内100キロ行っちゃって下さい。

HIDE10さん。ウルトラはフルの延長ではないと思います。速い人はそうなのかもしれないけど・・・。特に、この大会は、 独特の世界だと思いました。参加者も少ないので、後半は一人で走る感じです。でも、エイドに行けばボランティアがいるし、 ランナーも休んでる。ゴールでは、みんなが拍手で迎えてくれる。小さい大会だけど、とても楽しかったです。

おおひろさん。サロマとはまた違った雰囲気ですよ。私はおおひろさんにもぴったりの大会だと思うけどなあ~。 サロマ前の足がかりとして来年どうですか?アップダウンを走る練習にはなります。

るうじさん。5年ぶりのウルトラです。地元だっていうのは気持ちが楽ですね~。道わかってるし、練習で走ったことあるし。 楽しかったですよ~。

akkun。ブログで応援していただいただけで充分ですよ。ありがとうございました。
akkunもどう?楽しいよ。

nanaさん。みんな最初はそうです。3キロだって長いと思うんだから。10月のハーフで弾みをつけてくださいね~。でも、無理は禁物。 楽しく走らなきゃ長続きしません。

走りながらのモブログは、なかなかおもしろかったです。 モブログを送信してるからその時のエントリータイムでラップは取れるかなと思って時計もほとんど見ずに走っていました。
月曜日の目覚ましテレビに、もしかしたら(ボツになる可能性も大きいと思うけど・・・)に出るかもしれません。
10キロ地点で写真とって送信してるのを取材されて、何度も写真やり直ししましたから。
サロマとは違った感じのウルトラ、13時間50分弱。充分に遠足楽しんできました。

|

« さっきゴールしました! | Main | くりやま100キロテレビ放映 »

Comments

楽しんできたんですね。
こうしてこうめさんのレポートを読むだけでも、サロマと違うなぁというのがよくわかります。
何と言ってもサロマは、私が走っているあたりでは皆さん関門との闘いでしたからね、私も含めて。
ウルトラに慣れて、サロマのあとでもダメージが尾を引かないようになれば、私も参戦を考えます。やっぱりこういう雰囲気の大会、出てみたいです。

足の状態を心配していただきありがとうございます。なんていうんでしょう、1つ1つは走れないという状態ではないのですが、あらゆる症状が出てきているためちょいとつらいという感じです。ただ、今まで走って痛めたのは局所的な痛みがほとんどだったのですが、今回は中から鈍い痛みが広がっていくような、そんな違いがあります。それだけダメージの大きさを感じ、痛みを楽しんでいるところです。
北海道マラソンに向け、7月は休養月間とします。

Posted by: Ogaman | 2005.07.03 07:48

たしかにサロマの様子を聞くと関門との闘いで、休憩時間を確保するのも大変そうです。かといって、休まないと走れないだろうしねぇ。
制限時間が多少緩いのはいいけれど、サロマよりもアップダウンがありそうですね。僕がユンニの湯ランで走った「あの坂」が一番長くきついんだろうか…。

Posted by: navi | 2005.07.03 08:03

こうめサーンお疲れ様でした!!
100キロなのにサラッと終えちゃったようでやっぱり超人です。
ナンダカのどやかで、そうか⋯遠足かぁ⋯とこうめマジックにかかるヒトがたくさんでてきそう(笑)
朝、目覚ましテレビ派なので見逃しません!楽しみです!

Posted by: OLランナー | 2005.07.03 08:19

こうめさん、昨日はお疲れ様でした。南幌の川沿いの道は今年も暑かったんですね。途中お腹の調子が悪くなったりしたようですが、でも脚のダメージが無いとはさすがです。私は出ることはないと思いますが、来年マジックにかかる人はいるかもしれないですね(笑)

月曜のテレビ見逃さないようにしなくては。

Posted by: NAOJI | 2005.07.03 09:20

Ogamanさん。ウルトラも何度か走れば体が慣れていくんじゃないですか?いつかくりやま参戦してくれるのを楽しみにしています。まずは、養生してください。

naviさん。サロマは関門との戦いで、この栗山は孤独との戦いかな。だって、後半は、前の人はず~っと見えないくらい先で、後ろの人も見えないって感じでしたよ。でも、一人の練習と違ってエイドはオアシスだし、沿道でも時々声かけてくれるし。それが無かったら走れないかも。
あっ、ちなみにユンニの湯までのあの道は、一番楽な部類の坂です(笑)。この他にも色々な種類のアップダウンが楽しめます。長官山に登るトレイルランもあるしね。

OLランナーさん。ほんとにのどかですよ。だからその分飽きる人もいるかな~。人もいないし。田舎道に慣れていない人は、ダート(砂利道)とか単調な景色(たんぼや畑ばっかり)に、うんざりしないんだろうかと思いました。札幌に住んでるときだったらだめだったかもしれません。今は、どっぷり田舎の景色で孤独に走るのなれちゃいましたから。

NAOJIさん。去年、そうらんさんが言ってたようにあそこは暑かったです。なんだか、むぅわ~っという感じ。でも風があったので、むぅわ~が時々吹き飛ばされて去年よりは良かったのかも。
私の脚はどうしたんでしょうね。5年前のサロマの時の事を脚が覚えていたんじゃないのかな~。今日も、階段ぴょんぴょんかけおりれるし、太ももなんて柔らかいし、全くなんでもないんですよ。恐るべし!却って、フルやハーフを全力で走った後の方が脚のダメージは大きいようです。
もしかしたら、職業柄いつも筋トレやってるようなものなので、それが知らず知らずのうちに効いていたのかもしれません。

Posted by: こうめ | 2005.07.03 10:11

お疲れさんです。
昨日は、結構暑かったですね。
応援に行きたかったですが、通勤ランして
仕事してました。仕事の最中、見てました。
数キロごとの写真から楽しみながら走っているのが
わかりました。
苦しんでないから、体も大丈夫なんですね。
教祖様といわれているゆえんでしょうか(笑)
私も、必死にならないで走ろうっと。

Posted by: gen | 2005.07.03 10:12

genさん。
昨日は走るにはちょっと暑かったです。本州から来ている人に涼しいですか~って聞いたら、いえいえ暑いです。こんな暑いときに練習もしてませんからと言ってましたよ。
そうなんです。苦しんでないから、体も楽です。
胃の調子も今朝は復活。夫にあきれられました。昨日は流動食しか食べられないといってたのに、もう朝ごはんは食べたのかって。
この大会は、必死にならないで走るのがいいと思います。

しかし、私も必死になる大会もあるわけで・・・。北海道マラソンは必死にならないと完走できません。

Posted by: こうめ | 2005.07.03 10:25

後半私はかなり必死でした。
中盤でのハンガーノック以降、時間内完走が危なくなった時期があったのでとてもあせりました。

でも、昨日あんなにつらかったのに、今朝起きてみるともう楽しい事しか思い出しません。
これが、ウルトラのマジックなのですよね。

Posted by: Kuri | 2005.07.03 11:12

こめさん,お疲れ様でした。楽しまれた様子が伝わってきました。一日中ブログを見ていました。

90エイドでお会いした方はNさんですね。メールアドレスが分かっているので,今度メールを出してみます。

あのコースを胃をおかしくしながら,歩いていないのですよね。凄いな。とっても強いランナーなんですね。その強さが私もほしいです。

今週末は私の番です。しっかり完走してきます。そしてウルトラランナー復活です。

Posted by: chama | 2005.07.03 13:56

Kuriさん。制限時間内完走も危ういと思った時期があったんですか。でも、すぎてしまえば楽しい思い出。いや~楽しい遠足でしたね。

chamaさん。Nさんのメールアドレスご存知で良かったです。
歩いていないのは、足にダメージがなかったからです。なぜだか動きました。最初から最後まで走っているペースはあまり変らなかったと思います。ただし、山登りを除いてですけど。山はさすがにゆっくり走りました。途中で、歩いている男性を抜かしたときに、ここでがんばると後でツケが来ますよ~と言われました。でも、知ってる山だし、その後のコースも全部頭に入っていたので大丈夫だと思いました。
そして、後半にはかずきさんのエイドもあって、アンパン食べれる事もわかっていたし。
やはり知ってる土地を走ると言うのは何よりも心強いものでした。

Posted by: こうめ | 2005.07.03 20:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くりやま100キロ-遠足終えて:

» くりやま100キロ疲れました [KURI on the GO]
自分としては初の2週連続100キロとなる、くりやま100キロウルトラ遠足何とか1 [Read More]

Tracked on 2005.07.03 11:05

« さっきゴールしました! | Main | くりやま100キロテレビ放映 »