« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

2005.06.29

くりやまの応援ポイント

去年は、70キロ付近の北長沼仲野農園前と80キロすぎのマオイの名水前で応援しました。

名水のところは、駐車場もあるし、もちろん名水もあるし。ちょうど上り坂がだらだら続いたあとで、 皆さんに喜んでいただいたと思います。
去年はKuriさんがコーラをたくさん用意してくれました。 コーラはウルトラランナーには大好評でした。あと、スポーツドリンクよりもお茶を欲しいと言った方もいました。
去年のくりやま100キロのエイドには、お腹の足しになるようなものがあまりなかったようです。

という事で、私はパンとかお腹の足しになるものがほしいな~と、chamaさんのブログで書いたら、
小出道場門下生が、名水前でエイドをしてくれると手を挙げてくださいました。 うれしい事です。

これで食べ物の心配はいらなくなったし・・・・。(何しに行くんだか。 2000年のサロマの後体重減ってるかな~と思って計ったらたいした変らなかった記憶があります。 ウルトラは補給しながら走るからそうなんでしょうね。)

コース図をアップしたいのですが、スキャナを持っていないので本日は無し。・・・と書いてKuriさんのところをみたら画像がありました。
くりやま100キロのコースはこちらから。

来年どう?naviさん

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2005.06.28

くりやま100キロ~さあ次は私の番

サロマのそれぞれのドラマは、完走できた人、残念だった人、それぞれだけれど、みんなが英雄だと思う。
みんなのがんばった様子をブログで拝見して、なんだか元気が出てきた。
自由の女神

さて、次は私の番。くりやま100キロウルトラ遠足(とおあし)。7月2日(土)午前5時スタートだ。
自分の住んでいる町を通るこのレースは、去年chamaさんが走って応援させてもらった。応援にはKuriさんNAOJIさんもいて、ウルトラランナーにエールを送ったのがつい昨日のことのようだ。 Kuriさんに会ったのは、その時が初めてだったはず。
事前には、そうらんさんと一緒にコースの一部を試走したり、とても身近に感じたウルトラマラソンだった。
今年は私も100キロを走る。2000年のサロマに続いて2回目のウルトラだ。このレース、途中の関門はなし。16時間が一応の制限時間だ。 制限時間が長くても100キロのつらさは同じはず。

でも、なんたって、私には女神様がついているんだ。自由に楽しく走ってこよう。
この写真は、現在病と戦いながらも走る事を忘れずにがんばって今年のNYCマラソンを走ろうというランナーが写したもの。
彼の完全復活を願って、LIVE STRONGのリストバンドをつけて走ろう。

昨年の関連記事 - くりやま100キロ実用情報 

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2005.06.26

MY GOAL

昨日は、サロマ湖100キロマラソンに参加のみなさんの動向が気になって気になって、 何度もあちこちのブログをお邪魔して途中経過を気にしていた。見事完走された方、また惜しくも途中でリタイアした方とさまざまだけれど、 きっとそれぞれの6月26日があったんだと思う。

夕方、何気なくつけていたテレビ番組(夢の扉)の中で、最後に「MY GOAL」というノートに、 自分の夢を実現する日付を入れるというのがあった。夢は願っているだけではそのまま夢で終わってしまうけれど、 いつまでにという日付を入れたときから、夢を実現するための準備に入ることができる。

Ogamanさんは、「Road to Saroma」の中で、 初ウルトラのサロマ湖100キロ完走のためのシナリオを着々と書き続け、見事12時間55分台で完走した。 制限時間が13時間の100キロマラソンで12時間55分で完走というのはすごいとしか言いようがない。きっと、 その13時間弱の中にはいろんなドラマがあったんだろう。これから、明らかになるそのドラマがとても楽しみだ。

そして今回残念ながら完走できなかった挑戦者も、きっとリタイヤするまでのさまざまなドラマがあって、全力を尽くした結果だと思う。

完走した人も出来なかった人も、きっと次の「MY GOAL」がしっかり見えているはず。私も、「MY GOAL」 に向って進んでいく勇気をもらったような気がする。

--------------------------------------------
さて、お友だちの「ふぶきさん」からミュージカルバトンが渡ってきた。

Continue reading "MY GOAL"

| | Comments (9) | TrackBack (3)

2005.06.24

サロマ湖100キロ3193人頑張れ~。

26日は第25回サロマ湖100キロウルトラマラソンの日だ。今年は20回記念と言う事で、100キロワールドカップも同時開催。 世界からウルトラのエリートランナーも参加する。
一般エントリーは、50キロ100キロ合わせて3193人の過去最多。参加される皆さん、 自分を信じて13時間のランニング楽しんでください。

私の2000年の初ウルトラのサロマの時は、朝の気温と日中の気温の差が大きくて、エイドに立ち寄るごとにとにかく頭から水、水、水、 だった事を思い出す。
月間150キロ程度の練習しかしていなかった私が、あの暑さの中完走できたのは、たぶん一歩も歩かずゴールを目指したからではないかと思う。 50キロ以降80キロまでの関門タイムと必死に戦いながら、とにかく一歩でも前へということしか頭になかったような気がする。
暑さでヘロヘロになり、足も自分のものではなくなってかなり弱気になっていた後半、ベテランのウルトラランナーの男性が私に 「ウルトラはこれからだからね~。みんなつらいんだ。」と言ってくれた事が、気持ちが切れずに済んだ原因の一つだと思う。 そしてエイドの楽しみ。何キロか走れば必ず冷たい水と元気な声援をもらう事がどれだけ私を支えてくれたか。 頭から掛けてもらう冷たい水で生き返っては走り・・・、げんなりしてきた頃にまた水を掛けてもらってと、 まるでしおれた花に水をもらうような感じだった。
その時の完走記はこちら

ブログの仲間にもサロマ100キロ組がたくさんいる。何度も走っている人、今年が初めての挑戦の人。それぞれがそれぞれの思いを胸に、 日曜日に無事スタートできることを祈っている。

あきらめなければ思いはかなう 
これが私が2000年にサロマを完走した後の気持ちです。
初ウルトラの Ogamanさんyagiさんおおひろさん。100キロは初めてのるうじさん。 ベテランウルトラランナーのKuriさん
みなさんの、ゴールの笑顔を楽しみにしています。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

2005.06.22

長沼―千歳直線道路

予定通り、家から千歳まで約25キロ走って行った。
甘くみていたこのコース。なんたって飽きる。ずーっと周りは田んぼと畑。延々と直線。誰にも会わない。
良い精神鍛練になったかも。
日陰もなくて、自分の影まで探してしまった。ちょうど正午の頃だったので、影は真下にあったのだ。お腹が空いても店はないし、いやいや参った。

約束の午後2時到着。塩吹いた顔をさっと洗って、洞爺に向かった。
ふぅ。くりやまのシミュレーションみたいだな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

本日のトレーニングの予定

昨日は真夏を思わせる一日だったけれど、どうやら今日も良い天気で暑いらしい。
キャンプが日常の我が家は、本日夕方から洞爺湖方面へ。南へ向うときは、夫の職場まで私が行ったほうが時間効率が良い。今までは、 バスとJRを乗り継いで千歳まで行っていたのだけれど・・・。

先日夫が何を思いたったのかチャリ通勤を決行した。それを見て、あ~自転車で行ってもいいな~と思いついてすぐ考えを訂正。 走っていけばいいんだ。
という事で、本日はその第一回目。昼前に家を出てのんびり千歳に向う予定。距離を計測してみたら25キロ程。ちょうどいいじゃん。途中で、 町内の農家でアスパラを仕入れて、 あとは田んぼと畑の中を時折上空を通り過ぎる飛行機を眺めながら炎天下の下のLSDは楽しいのか苦しいのか??
トレーニング時間の確保と交通費の節約のダブルの利点があるGood Ideaだわと自画自賛。
夫は、呆れ顔。さあ、どうなりますか?

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.06.20

芝生の上を裸足で走る

今日は、なんだか真夏のような蒸し暑さだった。ハーフパンツにTシャツのスタイルで外に走りに出てみた。 田舎ではこんな格好で外を走っている人を見かけない。というか走っている人を見ることがごく稀なんだけど。 早朝ならいざ知らず仕事が終わって夕方近くなってからだから、目撃者もいるだろうし・・・。たぶん、あそこんちの奥さんは、 いつも黒い顔して短パン履いて走ってるよ~って近所の噂は必須。でも最近は気にしないからいいんだ、いいんだ。好きなようにしますわ、私。

10キロのコースをビルドアップ。ノビタキの鳴き声がずいぶんと耳につく。 最初は重かった足取りも最後に近づくと軽くなってなかなか快調に予定を終了。
私の練習場所のトラックで、 ダウンジョグをしようと思ったら工事中で周回できない。工事をやっているおじさんに聞くと、どうやら旗用の3本のポールを立てるらしい。
という事で、トラック使えないなら・・・。そうだ!シューズを脱いで裸足で走ろうと思いついた。
この間、旅するランナーさんから、イギリスのランニング雑誌には、 裸足走のススメが時々載っていると教えてもらったし。
シューズを脱いで、ソックスも脱いで裸足になって、芝生の上に立ってみた。ちくちくと足の裏に草があたってちょっとこそばゆい。 ゆっくりゆっくり走ってみたら、とっても気持ちがいい。足の指が解放されているので、蹴るときに指が意識される。 芝生の上なのでクッションも柔らかく、かといって足元が不安定ということもない。これはちょっと病みつきになりそう。
しばらく好天が続いていて芝生の色が茶色くなりかけていた。公園の入り口には5時半から散水作業があるのでクローズしますとの張り紙が・・・ 。
雨が続いたあとの緑が鮮やかな時に走ったらもっと気持ちがいいかもしれないな。

新しい楽しみ発見-芝生の上を裸足で走ること。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.06.16

美瑛ヘルシーマラソンでの再会

去年の美瑛のマラソンの時も今年と同様スタート地点前の白金野営場でキャンプをした。その時に出会った、 高齢のご兄弟と今年再会を果たした。
彼らは、81歳と75歳。毎年この季節になると荷物を背負って1ヶ月ほど北海道をバックパックでキャンプしながら、 マラソン大会に出ているそうだ。去年は、美瑛のあと弟さんがサロマの50キロの部に参加して見事完走した。

Kさんと私

Continue reading "美瑛ヘルシーマラソンでの再会"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.06.14

私の練習場所

美瑛の下りを走った後は、足にやさしい芝コースでジョギングとyagiさんが翌朝書いていた。私は・・・、 レースのあと白金のキャンプ場に戻ってからまたすぐにスコールのような雨と雷。ようやく夜中に止んでくれて、 午前中に吹上温泉混浴露天風呂に入ったり、ちょいと観光したり、 キャンプ場周りのとんでもないトレイルコースにひーこら言いながらちょっと走ったり・・・と思っていたらまたスコール。という事で、 雨の止み間を狙って帰ってきた。
白金温泉の遊歩道

そして今日は、天気がいいし、気持ちがいいので仕事の前に、私のスピード練習&ストレッチ用フィールドへ。
職場のすぐ横にある総合運動公園内の芝のサッカー場と周囲600メートルのトラックだ。途中、ゆるやかなアップダウンが一箇所。 600メートルというのが微妙な距離で、なかなか手ごわい。
600メートルトラック

Continue reading "私の練習場所"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.06.13

美瑛はやっぱり記録が出る?!

ず~っと下って後半少し上ってまた下るワンウェイのコースが美瑛ヘルシーマラソンのハーフコース。
実は、私は、ワンウェイが好き。下りが好き。そして雨も好き・・・だったのだ。

という事で、久しぶりの美瑛のハーフを自分のレースとして走った結果が、なんと8位入賞。以前、 この大会で1時間40分を切ったときに11位だったので、もしやとは思っていたけれどやっぱり表彰式はうれしいものだ。
記録の方は、最終的に何分でゴールしたのか時計を見てようやくびっくり!
そんなに速いとは思っていなかったのだ。

表彰後

Continue reading "美瑛はやっぱり記録が出る?!"

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2005.06.12

美瑛ヘルシーマラソン入賞

雨のなか走ってきました。
自己ベストで入賞しちゃった。8位です。
タイムは、1:35:05です。
もう一泊白金でキャンプして明日帰ります。

| | Comments (25) | TrackBack (2)

2005.06.11

白金到着


走りに行こうと思ったら雨です。
そういえば去年は、晴れマーク一個だったのに雨降りました。喜瀬さんのせいか?
去年ここで会った高齢のバックパック兄弟(81&75歳)と再会。今年もハーフを走るそうです。050611_1700.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.06.10

丘の町美瑛で会いましょう~♪

今度の日曜日は美瑛ヘルシーマラソン。ここでおなじみのたくさんのランナーが集合する大会だ。
毎年このマラソンの時期は、十勝岳の残雪が美しくて、走っていても本当に気持ちがいい季節だ。
さて、このコース。ハーフは白金温泉をスタートしてず~っと坂を転げ落ちるように下り、 15キロくらいで結構きつい坂道があるワンウェイコースだ。最後は丸山公園陸上競技場がゴール。
ここ数年伴走で参加していたのだけれど、今年は自分のレースとして参加することになっている。実は、このコース下りなので、いい記録が出る。 私の自己ベストもこの大会だ。はて、今年はどうなのかな?

明日からスタート地点の目の前の「白金野営場」に宿泊する予定。スタート前にみんなに会えるだろうか?
ゴールしたらとりあえず楽走412の幟のところに行ってみようかな。Ogamanさんが、ワンエイツを走った後、坂道のところで応援してくれるみたいだし。
ウェアはどうしようか~。赤いFRUNランシャツで勝負か?それとも目立たない格好で走るか?
さあ、かずきさん、yagiさんnaviさんKuriさん、そして和さん。丘の町美瑛で会いましょう。

| | Comments (17) | TrackBack (2)

2005.06.08

千歳JAL国際マラソン観戦記

6月5日。第25回記念の千歳JAL国際マラソンが開催された。朝方は霧っぽい感じだったのだが、 スタート時間には青空が出てくるような絶好(?)のマラソン日和。いやちょっと走るには暑いかな。

私は、早朝(午前6時頃)から千歳の町の中を走ってスタート地点へ。 そこからサイクリングロードをちょうどマラソンコースを逆走する形でのんびりジョギング。朝霧の中、 鳥の鳴き声を聞きながら川の流れを見ながら走るのはとても気持ちがよかった。
そろそろ選手が到着する頃かなとスポーツセンターに向うと、8時前なのにもうそこにはランナーがいっぱい。その後も来るわ来るわ。 館内を見回しても誰も知っている人もいないようだし、玄関口に立ってれば誰かに会うかなとボーっと立っていた。すると予想通り、 知った顔が次々やってくる。久しぶりに会う人もいて、なんだか同窓会のようでうれしかった。
するとakkunがやってきて二人で玄関口で歓談。なぜかその後やってきた私の知り合いには、 akkunを見てご主人ですか?と聞かれるし、akkunの知り合いは私を見て奥さんですか?と聞かれるし。 ランナー二人で玄関口であれこれ話してるとそう見えるんだなあ。
ほどなくして、まっちさん登場。去年のNY以来の再会だ。 NYCマラソン以外のマラソンを走ったことがない彼に、この何もない原始林の中のコースはどう写るんだろうと思っていた。はて、 その感想は・・・。

Continue reading "千歳JAL国際マラソン観戦記"

| | Comments (12) | TrackBack (1)

2005.06.07

ニニウ(占冠村)で山を走る

千歳JALマラソンの応援もそこそこに私が向った先は、占冠村。占冠と言えばスキー場の「トマム」が有名だけれど、 ニニウという自然豊かな地区にキャンプ場がある。ここへ行く途中の山道がダートでよく落石が起きるため、通行止めが頻繁。 そのためキャンプ場が閉鎖になっていることも多く、去年はずっと休業状態だった。
今年は6月1日から、オープンしてると聞いて早速行ってきた。新緑が目に眩しい。
車も入ってこないし、人ももちろん歩いていない。キャンプ場は他にソロテントが一つ。
のんびり過ごして、翌日山へ走りに出かけた。もちろん熊鈴持って・・・。
樹齢1000年という「カツラ」の木があったりしてなかなか楽しいトレイルランだったな。でも、 ここもやっぱり止まるのは熊が出そうで恐かった。
ニニウの森の山道

Continue reading "ニニウ(占冠村)で山を走る"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.06.04

明日は千歳JAL国際マラソン

私はでないけど、知ってる人がたくさん出るので応援に行きます。
たぶん、ものすごい早い時間からちんたら走っている予定です。

応援は、フルの30キロすぎくらいかな~と思っています。FRUNのTシャツ着て応援するつもりです。
みなさん、ナンバー教えて~。
今わかっている出走者は、まっちさんakkunさんyagiさんOLランナーさんゆきさん(ハーフ)、あとはどなたでしたっけ?

・・・実は、明日は夫の早番出勤に合わせて千歳に乗り込む予定。午後2時過ぎから、 どこかへキャンプに行くのでそれまでの時間の応援です。
走られる皆さんにとっての、マラソン日和になりますように。

| | Comments (13) | TrackBack (1)

2005.06.02

くりやま100キロウルトラ遠足まで1ヶ月

サロマ出場の方々はいよいよ最後の調整の期間に入りつつあるところだろうか。
私も今年はウルトラチャレンジ。2000年にサロマを走ったときは関門も制限時間も厳しいし、 初めてだったのでなにやらとっても不安だったのを思い出す。
あれから5年。7月2日に開催される「くりやま」は、私にとって2回目のウルトラは地元の大会だ。 最終ゴールが16時間以内ということだから、無理せず「遠足」を楽しみたいと思う。 ここで100キロ走れば7月の走行距離がずいぶん稼げるという何だか不純な動機でエントリーをしてしまった。
はて、どうなることやら。あまりロングの練習をしていないし、今のままでは完走できないかもしれないなあ等と思いつつ、 6月はもっとしっかり走らなくちゃと気合を入れよう。

5月の走行距離は、267キロ。走った日は22日。中途半端というか何というか・・・。
6月は300以上走れるのだろうか~??

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »