« NYCマラソン2004完結 | Main | プラハからの便り »

2005.02.13

ランナーは変わり者?

昨日、アメリカのパシフィッククレストトレイル(PCT)というロングトレイル(2658マイル・・フルマラソンの100倍か~) を6ヶ月かけて歩いてきた札幌在住の気象予報士清水秀一さんのスライド上映会に行ってきた。
会場に集まったのはほとんどが山好きと思われる中高年の人たち(自分もだけど)。若い人は少ない。
ランナーだったら、こんな長い距離を荷物を背負って歩く楽しみというのがちょっとはわかってもらえるような気がするけれど、 どうやら一般人にはそんな事に興味を持つ人はきわめて少ないのかもしれない。

考えてみると、最初は家の周りを5キロ走るくらいだったのが、やっぱりフルマラソンは走ってみたいというようになり、 フルマラソンを走ると今度はウルトラだ~。いやいや次はジャーニーランだと、どんどん気持ちがエスカレートしてしまう事も少なくないと思う。
ランナー同士なら、今日は30キロ走ったと聞いても、あ~良いLSDになりましたねという会話になるけれど、走らない(歩かない) 人にとって、何が悲しくて30キロ走らなくちゃいけないの~という発想になるのが普通のようだ。
やっぱり、ランナーはちょっと変わり者なのかな?

このこの講演会で印象的だった清水さんの話としては、途中の自然のすばらしさ等に感動したということよりも、 トレイルで会う同じハイカーとの交流やエンジェルと呼ばれる「ボランティア」の人たちとの出会いだったと言う。
これは、NYCマラソンで沿道の応援に感動したり、ボランティアに助けられたりというのと同様だなと思った。
アメリカンホスピタリティを発揮するアメリカ人と戦争をやっているアメリカという国と・・・。なんだか不思議な気分。

|

« NYCマラソン2004完結 | Main | プラハからの便り »

Comments

確かにランナーは一般人から見ると変わり者でしょうね。走り始めの頃は、「昨日10km、走った」とかいうと興味を持って聞いてもらえましたが、それが「3時間走った」とか「フルマラソン行ってきた」とかいうと、ちょっと変な目で見られます。
まぁ、私もついこの間まで、そう思っていた人間ですからよくわかりますけどね。

しかし、2658マイル。4200Km以上?もう、予想もつかない距離ですね。ここまでいくと全大陸制覇が夢!になるんでしょうねぇー。

Posted by: まさ | 2005.02.13 at 09:42

荷物背負ってフルマラソンの100倍ですか。これは「旅」でもありますね。暇と金があればやってみたいもんです。楽しそうだなあとか、うらやましいなあとか思う僕は、変わり者?
我が家ではウチのカミさんでさえ、僕のことを「考えられないヘンな人」と思っています。10キロより20キロ、1時間より2時間走れるほうがニコニコしてる…というのが、「信じられない」と申しております。

Posted by: navi | 2005.02.13 at 10:16

やっぱり変人ですかね。
何が悲しくて3時間やらフルマラソンやら100キロなんて走らなくちゃいけないんだろうと、「普通」の方たちは思うようですね。
しかし、「変人」にとってはそれが楽しかったり憧れだったりするっていうのは、どうしてなんでしょう。
naviさんも楽しそうだなあとか羨ましいなあと思いますよね。時間とお金が解決すればぜひやってみたいものです。
我が家でも夫は私の事を「変人」扱いしています。
アパラチアントレイルという東海岸のトレイルを一部でいいから歩きたいな~。車でサポートしてくれないかな~と言ったら、ちょっと困惑していました。向こうでは、ご主人が歩いて奥さんが車でサポートというのは多いようです。

いつから私は変人になったんだろう??

Posted by: こうめ | 2005.02.13 at 13:23

ランナーは変人?って、数年前まで私もそれに近い思いで、そのへんをジョギングする人を見ていましたよ。雨がショボ降る中でも走ってたりすると、よほど走るのが好きなんだなぁって、半分あきれたように感じていました。 そんな私が、走るの大好きになるなんて100%ありえないなんて思っていたものです。 だから余程、尋ねられないかぎり、他人には距離とか、控えめに言うようにしているんです、が・・・やっぱり、それでもびっくりされたりしますよね。まぁ、しょうがないよね。

Posted by: YOKKO | 2005.02.13 at 15:45

YOKKOさん。そうですね。本当の事言ったら目を丸くするし。片道5キロの場所までちょうどいいから走っていくなんて言っただけでも、「え~っ!」となるんだから。
まあしょうがないですね。控えめに言うのが得策かな。

Posted by: こうめ | 2005.02.13 at 17:54

山好きの人に「走ってて楽しいか?」と聞かれたことがあり、いろいろ話をしたことがありますが、それを横で聞いていた人が大笑いをしていました。どうやら彼にとっては、変人同士の会話に聞こえたようです。

高校時代、列車がストのため旭川から美瑛まで25kmを歩いて帰ってきたことがありました。そのときはさすがに自分のことを変人かもしれないとは思ったけど、今や25kmくらいだったらトレーニングにちょうどいいなんて思ってしまいますもんね。ちょー変人になってしまったのかな?

Posted by: Ogaman | 2005.02.13 at 19:04

ランナーは変人ですか。うーん。
この2658マイル歩いた話を読んで,楽しそうやってみたいと思ってしまうのは,やはり変人ですかね。

我が家は家族みんなが走るので,家の中では私は変人扱いされていません。一人でいろいろ参加していいなと思われています。

ところが他の人から見ると,家族全員が変人と見られいるようです。

Posted by: chama | 2005.02.13 at 19:51

ogamanさんのコメントを読んで「あ~、美瑛なら25キロなんだ。士別は55キロだよな~」と思いつつ、高校の頃は「自転車ならなんとかなるかな~」の距離が今は「55キロなら歩けるよな~」と思うようになってしまいました。まだラン歴2年なのに、この先が思いやられます。そうか、帰省の時は空港から走ればいいのか(笑)。

Posted by: まっち | 2005.02.13 at 20:37

Ogamanさん、ランナーと山屋さんの会話ってよその人が聞いたら、超変人同士の会話になっちゃうんでしょうね。

Chamaさんは、家族みんなで変人ですか!それも結構楽しそうです。

まっちさん。士別~旭川は55キロしかないんだ。
今度走って帰省してみたら~。きっと親はびっくり!仰天。それともお母さんは涙を出して喜ぶかも。

Posted by: こうめ | 2005.02.13 at 21:07

おはようございます。

ハイキングwithエンジェル、観に行きたかったのですが、別の用事と重なって残念に思っていたところでした。
こうめさん、ご覧になったのですね~。

先日、久々に外国へ出掛けたら、ただでさえ怪しかった英語力が輪をかけてお粗末になっておりました。
基礎体力&楽しいコミュニケーションのための英語力を身につけて、部分的でも良いから行ってみたいものです…。> PTC

Posted by: こあき | 2005.02.14 at 06:38

こあきさん、こんにちは。
南の島へ行ってらっしゃったんですよね。いいなあ~。
なかなか楽しいスライド上映会でした。
私は、ATへ行ってみたいです。先日のお話の中でもPCTのハイカーのほとんどがATのハイキング経験者だそうです。ATは町がたくさんあるので、食料をあまり持たなくてもすむらしいです。
この春から清水さんはAT挑戦だから、また帰国後に報告会があったら行ってみたいものです。

Posted by: こうめ | 2005.02.14 at 08:10

そうそう、士別~旭川間はサロマ向けのトレーニングにちょうどいいそうで・・・。途中に手頃な(笑)峠もあるし。

楽走でLSDをしようという話も上がっています。

Posted by: Ogaman | 2005.02.14 at 21:08

まっちさ~ん。サロマ向けトレーニングコースだってさ~。どう?どう?
峠って「塩狩峠」でしたっけ。

Posted by: こうめ | 2005.02.14 at 22:20

ここには「変わり者」が沢山いて安心します。
時折会社から帰宅ランするのですが、「20kmも!すごいねぇ」って言われますが、ソノ言葉の裏には理解できん!ってニュアンスがある様な気がします。
まぁ、そんな気持ちも分かりますが・・・。
だって電車に乗ったら、20分で260円。
頭悪いかも知れません。(^^♪

Posted by: 亀オヤジ | 2005.02.16 at 22:21

亀オヤジさん、初めまして。
変わり者しか見にこないかもしれません(笑)
どうぞ、肩身が狭くなったらここにお越しくださいませ。
ここによく来る「るうじさん」という人も通勤ランが20キロちょっとだったと思います。

Posted by: こうめ | 2005.02.16 at 22:24

ogamanさん、まだまだ初心者の僕には練習で55キロはありえない話です。手頃な峠かあ・・・(笑)。景色が単調だから飽きちゃいますね、きっと。
こうめさん、サロマなんて走らないんだからトレーニングも何もないのですよ(笑)。峠は塩狩峠です。高校は毎日塩狩峠を越えて通いました(もちろん汽車通)。

Posted by: まっち | 2005.02.16 at 22:43

塩狩峠は、「汽車」で何度も通りました。前の仕事で道北が担当だったものだから。旭川、名寄、士別、稚内ですよ~。
あそこを通る時いつも三浦綾子の「塩狩峠」を思い出してしまって、どうも走ると言うイメージがわかない場所です。
まっちさんは、旭川に通学してたのですね。まっちさんがサロマ走るなんて言ったら、「やっぱり変人だったんだ~。」って思ってあげますからね。

Posted by: こうめ | 2005.02.16 at 23:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22222/2906369

Listed below are links to weblogs that reference ランナーは変わり者?:

» ハイキング with エンジェル  [大人の外遊び−kenjiと姫の日記帳]
昨日(2月12日)アメリカのパシフィッククレストトレイル(PCT)というアメリカの西部の3州(カリフォルニア、オレゴン、ワシントン)にまたがる2658マイル(4... [Read More]

Tracked on 2005.02.13 at 08:13

« NYCマラソン2004完結 | Main | プラハからの便り »