« プラハからの便り | Main | 光の春 »

2005.02.15

天気の良いうちにLSD・・・

昨日の休日が吹雪で家から出られなくてなんだかむしゃくしゃしていたので、今日は午前中の青空が広がっているうちにと、 リュックに飲み物と非常食を詰め込んで、久しぶりのLSDに出かけた。
空を見上げると、青い空と太陽が眩しい。いつものコースの北の方角を見ると雲がかかっている。
ここの所岩見沢方面の降雪が多いので、今日は北を避けて「南」へ。
真っ白な道路、青い空 
狭い町内とは言え、南へ向うのはなんとなくうきうきする。日差しも結構強くなってきたなと感じながら、とっとこ走っていった。とりあえず 「道の駅」へ行こうと決めて、早朝の除雪ですっかり走りやすくなった道路をルンルン気分で進んでいった。
目指す「まおいの丘」は国道274号線沿いにある。普段は交通量の多い道路の近くは走らないのだけれど、 道の駅で暖かい休憩を取る計画だった。

道の駅
平日とあって道の駅は閑散。ベンチで給水を取りふっと前方を見ると、「小倉カボチャまん」の張り紙が・・・。ちょうどお昼前になったので、 早速一個購入して熱々をいただく。これがめっぽううまかった。一個250円なり。長沼産の小豆とかぼちゃを使ったあんまんなんだけれど、 甘さ控えめで、かぼちゃの角切りがぽつぽつ。これは冬至に食べたらぴったりのあんまんだなあなどと暢気な事を考えていた。
カボチャまんの看板小倉かぼちゃまん

休憩も取ったし、お腹もちょっとは満たされたし、さあこれからどっちへ走ろうかと「道の駅」を出た。
ここで約10.7キロ。ところが、ここである事に気がついた。

風が強い。とても強い。さっきまではこんなに風は吹いていなかったはず。おまけに帰り道は向かい風。しょうもないなあと思いながらも、 まだ余裕で風に向って走っていった。
来た道を引き返すのもつまんないなと、一本脇へそれて農道へ入る。
その時だ!強風で雪原の雪が舞って地吹雪になっている。前方10メートルしか見えない。いや~参ったな。しょうがない、 このまま家に引き返すかととにかく前に進む。
地吹雪1 地吹雪2
この時は、まだ前も見えているし写真を撮る余裕すらある。この後、どんどんと雲行きが怪しくなってついには視界2メートルくらいになる。 みるみる道路は吹き溜まりになり、道がどこだかわからない。おまけに曲がったところが良くなかったらしく、本当の吹きさらしだ。 道路の表脇の赤と白のポール(北海道にしかないのかな?雪でも道路がここだとわかるようになっている) を目当てにとにかく前に進むしかないのだ。車など通る道ではない。もちろんバスも。タクシーなんてもってのほか。
そんな道路じゃないのだ。まったくの田舎道。(写真はなし。そんな余裕はない)
だんだん不安になってくる。最初は眩しくて掛けていたサングラスに雪がびっしりついて前が見えない。 真正面から叩き付ける雪が顔に当たって痛いし。もう参ったなあ。これ以上ひどくなったら近くの農家に助けを求めに入ろうか。 でもその農家すら見当たらない。
もう必死の思いでとにかく前に進んだ。ようやく見覚えのある道まで出た。ここをまっすぐ5キロ走ると家にたどりつく。 でもこの吹雪の中5キロだ。
後ろから車が一台通っていった。もし、声をかけてくれたらすぐにでも乗せてもらうつもりだったけれど、 車の方も前が見えないし必死だったと思う。その後も何台かの車が通っていった。まあ、 車が通る道に出たから行き倒れる事はないだろうと少し安心をしたが、まだまだ家は遠い。
ふぅと一息ついたところで、突然空が晴れ渡る。なんじゃこりゃ。でも風は相変わらず強いので横からの雪はそのまま私を叩きつける。
結局、ずっと向かい風と雪を受けながら家にようやく辿り着いた。あ~良かった。遭難騒ぎにならなくて。その頃は少し青空が出てきて、 天気はようやく小康状態か。
シャワーを浴びた後、窓から外を見ると、またしても猛烈な吹雪のぶり返し。小康状態などではなかったのだ。その後も断続的に吹雪いた後、 風がやんで今度は深々と降りだした雪にもううんざり。
この数日でいったい何センチ積もったのだろうか?今まで札幌に比べて少なかったけれど、これで帳尻合わせか。

いやいや、もう今は「光の春」なのだ。気を取り直さなくては。ふぅ。

|

« プラハからの便り | Main | 光の春 »

Comments

ここ数日の吹雪はすごいですね。
でも、ホント遭難しないでよかったですね。
「吹雪の中をランナーが遭難」なんて新聞に載ったんじゃあシャレにもなりませんよね。

Posted by: Kuri | 2005.02.16 04:29

本当に、遭難しなくて良かったです。冗談じゃなく、こりゃだめかとちょっと思いましたから。
向かい風で吹雪に関わらず、帰りの方がタイムが速かったのは、必死に走ったからでしょう(笑)

Posted by: こうめ | 2005.02.16 07:11

こうめさん、大変でしたね。この間私が遭難するかと思ったのとは重みが違います。視界不良だと交通事故の危険もあるし本当に無事帰ることが出来て良かったですね。

Posted by: NAOJI | 2005.02.16 07:30

いやいや大変でした。この町では走りに出るにも万が一の事を考えなくてはいけません(笑)
昨日は吹雪で交通事故だったのか札夕線が3時間くらい通行止めになったようです。
この辺りは回りに何もないので、地吹雪はものすごいものがあります。
ホワイトアウトの世界でした。

Posted by: こうめ | 2005.02.16 09:00

おはようございます
先日、星が出てたので走ろうと
思って着替えて外出たら猛吹雪の時が
ありました。
原色のウェア着ないと
あぶないですね。
写真は、実家に帰る時に良く見る
光景です。(笑)

Posted by: gen | 2005.02.16 09:31

ご無事に生還おめでとうございます。
すごい世界ですね、東京にいてはわからない!。
-10度は近郊の山(2000mぐらいないと)に行ってワザワザ明け方に起きなければ体験できない寒さです。
でも、こうめさんは自然の中を走られていて、少しうらやましくもあります。
冬場は遭難と交通事故にも気をつけてください。

Posted by: shimo | 2005.02.16 13:52

こうめさん、TBありがとうございました。
しかし、同じ「天気の良いうちに」走っても、その後の悪天候が違いすぎです(笑)。いや、スミマセン、笑い事ではないですよね。ほんと、遭難しなくて良かったです。気をつけてくださいよ~。

Posted by: まっち | 2005.02.16 21:38

genさん。本当にウェアの色、この時は考えました。白いのなんか着てたらもう全然見えなかったと思う。私はいつものオレンジです。

shimoさん。1月はマイナス20度以下の日が続きました。そのときに比べると今はずいぶんと暖かくなって・・・。走って遭難にならないよう気をつけます。

まっちさん。いやいや、無事帰ってきたので、思いっきり笑いごとですよ。もう自分でも最後の方はおかしくなってしまいました。だって、全身雪で真っ白なんですもの。

Posted by: こうめ | 2005.02.16 22:27

ねーちゃん、遭難しそうになったらおいらの名前を叫んでくれ! すぐに会社を早退して助けにいくべ。 でもぬくぬくの静岡育ちのおいらじゃあ、-10℃の世界に入ったとたんに身動き出来なくなりそう。 お役に立てずに申し訳ございません。

Posted by: るうじ | 2005.02.16 23:19

「るうじ~、助けてくれ~!」って叫んだの、聞こえなかったかい?しかし、マイナスの世界で身体が固まって動かないかもね。
こんな吹雪でも、走っていれば身体の中はぽかぽかなのです。寒い(冷たい)のは、雪があたる顔!目出し帽でもかぶってりゃよかったんだけどね。

Posted by: こうめ | 2005.02.17 05:48

こうめさん 生還できてよかったね。
ひさしぶりにきてみたら、またまた大変な事に!
気をつけてくださいよ~。
体力の無い私なら完全に遭難してたに違いないっ!
今年初めてスノーターサー買っちゃったから、いい気になって天候関係なく走ろうなんて考えてたので良い警告を頂きました。
気をつけろ女心と冬(?)の空ですね。

Posted by: こずえ | 2005.02.17 11:48

こずえさん、こんにちは。元気ですか?
大丈夫、札幌なら遭難はしないから。こちらでは、人が歩いていないのと、農道は車も通っていなくて・・・。もちろん公共の乗り物もタクシーもなし。そんな状況ではお金持ってても何の意味もないね。
伊達には出る予定ですか?会えるかな~。

Posted by: こうめ | 2005.02.17 12:30

こうめさんの住んでる辺りは、ジョギングするのも命がけですね。大阪でも、まぁ、車とか自転車とか危ないけれどね。暗くなりそうな時や、夜のランニング時は、ペカペカ光るライトなどを2個前後に着けて走ります。無灯火の自転車は危ないですものね。いきなり、真っ暗闇で正面衝突したことがあって、とっさに、自転車のハンドルをつかんでいました。それで、怪我をせずに済んだけれど、しばらくはドキドキがおさまりませんでしたよ。雪の日も視界が悪いから、ライトかなんか着けてね。あぶないよ。

Posted by: YOKKO | 2005.02.17 12:39

トラックバックって何だろう???
って思っていたのです、じつは・・・
なぁんだ、そんなことかぁって、やっと分かりました。TESTに一丁って言う感じで、トラックバックさせてもらいました。

Posted by: YOKKO | 2005.02.17 13:19

こうめさん。いやはや、すごすぎます。
札幌の寒さや雪なんて、道内各地の冬の厳しさからみれば、
たいしたことないのはわかってましたが…。
なんにせよ、無事に帰り着いたのが何よりでした。
関東、今日は曇りのち雪、らしいです。
関東のベチャベチャの雪は、別の意味で大変です。

Posted by: けーぜ | 2005.02.18 10:46

YOKKOさん、けーぜさん、こんにちは。
氷の上でキャンプしに行っていてお返事が遅くなりました。
こちらの雪と比べて本州の雪は重いから大変ですね。今夜はどうなのでしょう?

こちらに来てから夜は走れません。街灯のある場所も少ないので・・・。それに人が歩いていません。車は少ないからいいのですけどね・・・。でも、そのかわり車は人が歩いていないと思ってスピードを出します。
この間の吹雪の時もあちらこちらで交通事故があったようですよ。吹雪くといきなり目の前に何かが現れてくるという感じですからね。
そろそろ雪の上じゃないところを走りたいものです。

Posted by: こうめ | 2005.02.18 22:26

こうめ姉御、明日は青梅で30キロ走ってきまっせ。
いちおう狙いは3時間26分くらい。
さてどうなることやら。。 いつものように電信柱の陰から応援よろしゅうに。

Posted by: るうじ | 2005.02.19 21:38

おお、やっぱりそのくらいの狙いですか。
私も勝手にるうじさんの目標タイムを設定してました。できれば25分台でお願いしまっす!

Posted by: こうめ | 2005.02.19 21:42

ニューヨークシティマラソンの件ありがとうございました。資格緩和でいつの間にか資格を得ていました。今の事業部で仕事をしていると、秋は無理なんですね。残念ながら。ただ、年齢的にタイムの余裕があるのでいずれ・・・。次回の参加は優先枠でと、思っていたので。

Posted by: スチャラカ | 2005.02.20 20:51

ねーちゃん、いってぎだべえ〜
ぢがれだびい〜
目標タイムには及びませんでしたが、姉御にしかられないように精一杯がんばってきましたよん。
長野に向けて一直線だべ!!

Posted by: るうじ | 2005.02.20 22:23

スチャラカさん。NYCマラソンの優先枠、緩和されて拍子抜けです。いつでも参加できると思うと、うれしいような、さびしいような。

るうじ!お疲れさん!
長野では、いよいよだね。その前のレースはないのかい?

Posted by: こうめ | 2005.02.20 22:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天気の良いうちにLSD・・・:

» 早朝ラン再開 [KURI on the GO]
今年初めての早朝ランをしてきました。 やはり、朝起きて走って、シャワー浴びてすっ [Read More]

Tracked on 2005.02.16 07:39

» 氷漠・有馬48滝 2月14日 [FUNRUN YOKKO]
うんと冷え込まないと氷漠は見られないかもしれないけど、と思いつつ出かけてみるこ [Read More]

Tracked on 2005.02.17 13:14

» ランナーは、せっかち? [RUNだむ日記]
|昨日、仕事を終えて帰宅した後、 |走るかどうするかちょっと迷っていた。 |しかし二日間の期末試験を終えた次男が、 |区体育館へ行きたいというので、つきあうことにした。 [Read More]

Tracked on 2005.02.17 21:16

« プラハからの便り | Main | 光の春 »