« 名水エイド | Main | 600メートルトラック »

2004.07.05

くりやま100キロウルトラ遠足観戦記

7月3日(土)、くりやま100キロウルトラ遠足が開催された。
スタートは午前5時。空はうす曇で涼しい。これは絶好のウルトラ日和かと思っていたら・・。
午前中には、すっかり青空になり日差しが暑い。どうやらランナーにとっては厳しい一日になりそうな予感がしていた。

昼までの仕事が終わってすぐに、70キロ付近のりんご園前で、NAOJIさん、tamoyanさんの奥さんと共にランナーを待っていた。
大きな大会と違って通り過ぎるランナーは、ぽつりぽつり忘れた頃にやってくる。
数人のグループで走っている人もいたが、ほとんどが一人旅。ウルトラは、沿道にびっしり応援がいるメジャーなフルマラソンとは全く違って、孤独と戦う要素も含まれる。
しばらくすると、そうらんさんがやってきた。約束の梅干を渡す。やはり暑いらしい。
tamoyanさんも元気に通過。
ランナーブログ仲間の「Education & Running」のm-asaiさんも元気な姿を見せてくれた。ほっと一安心。コーラを渡す。100_2146.jpg
5月にココログを始めてすぐに、m-asaiさんのココログに出会い、そしてなんとこのローカルな栗山に100キロ走りに来るという。
意外なほど早いご対面だった。
70キロ走ってきたasaiさんは、残りの30キロも元気に走れそうな雰囲気で先に向かっていった。

次の応援ポイントは、馬追の名水。ここは80キロ過ぎでエイドもなく、しかもこの先の峠越えを控えて一息入れたいところだ。
飲み物、梅干、果物などを用意してランナーを待っていると、次々吸い寄せられるようにやってくる。
長官山のトレイル部分を走って、また名水前までの長いだらだら坂道を上ってきたランナーたちは、かなり疲れた様子だった。 ランナーBLOG仲間のKURI on the GOのKURIさんとも合流して、ますます私設エイドは繁盛だ。100_2151.jpg

残りは、あと20キロ足らず。頑張って~。と言ってはみたが、心の中ではその先の峠越えとアップダウンの繰り返しが頭に浮かんで気の毒になっていた。
最後の方のランナーに、飲み物を渡して、あとはゴールまで先回りしたKuriさんに応援を託して、ひとまず自宅へ戻った。

あとは、走りながら実況中継をしているasaiさんのBLOGをチェック。無事90キロは通過だ。さあ、次はいよいよゴールと、まるでその場にいるような気持ちだった。
何度かチェックしているうちに、ゴールしたという記事を読んでホッと一安心。

暑い一日、坂道とダート道が続きのタフなコースを走ったみなさんに、「おめでとう!あなたたちはすばらしい!」と言いたい。
ランナーに密着してエイドを続けたKuriさん、お疲れさまでした。
一緒に応援した、NAOJIさん、tamoyanさんの奥さんもお疲れ様でした。

一緒にコースの試走をしたそうらんさん、去年の雪辱をはらしたtamoyanさん、遠くから参加のm-asaiさん、RUNRUNのマユサさん。

完走おめでとう!!

|

« 名水エイド | Main | 600メートルトラック »

Comments

いやー1日応援・サポートしましたが、とても楽しかったですね。
私はどちらかというと後の方中心でサポートしましたが、沢山の選手の方とふれあうことができました。それぞれにドラマがあったと思います。
ところで、今朝は昨日のピンネシリ登山マラソンの影響で猛烈な筋肉痛に襲われております。
今日と明日は消防署で防火講習なので、座りっぱなしのためタスカッター!

Posted by: Kuri | 2004.07.05 08:30

応援も楽しいものですよね。
マラソンもウルトラも、私は後半の方をみるのが好きです。
ドラマチック度が高いような気がして。。。

筋肉痛が早くよくなりますように。

Posted by: こうめ | 2004.07.05 12:55

ホントですね、あの名水エイドが色んな人の個性が見られて面白かったです。見てるだけだから面白かったなんて言えるんですよね。自分があの砂利道の坂登る立場だったら...

Posted by: NAOJI | 2004.07.05 16:35

あの砂利道の坂は,走らないから大丈夫です。私の場合,全部歩きです。馬追山の登りは,全部歩きでした。
名水エイドのあとの砂利道はけっこう走りましたが。

ウルトラは全部は走ろうとしても私の場合無理なので,うまく歩きを入れるようにしています。

制限時間をいつも計算しながら時間いっぱい楽しんでいます。

Posted by: m-asai | 2004.07.05 19:32

こうめさん、NAOJIさん、kuriさん、とみぶーさん、応援お疲れ様でした。そして走った、m-asaiさん、そうらんさん、tamoyanさん完走おめでとうございます。

ichanはサロマの応援行きましたが、サロマも良かったです。でも栗山もゆったりした感じでいいですね。

Posted by: ichan | 2004.07.05 20:07

みなさん、こんにちは。

ほんとにあの名水の場所はいい応援ポイントでした。
目の前にまたしても砂利道が見えていたら、うんざりしますよね~。

くりやまみたいな大会だと上りは歩くと決めて臨むのもいいかもしれませんね。

ichanさんは、ウルトラやらないの~。
ichanさんの年代はウルトラ世代だと思うんだけどなあ~。

Posted by: こうめ | 2004.07.06 18:34

そうです。ichanの世代はテレビでウルトラマンを見て育ちました。でもウルトラマラソンは違うのです。(笑)

あれ”chan”になってましたね。i(愛)が抜けてました。(笑)子連れ狼じゃ無いんだから。

Posted by: ichan | 2004.07.06 21:53

あれっ!さっき”i”が見えなかったのに?”i”がある?
??どうして?こうめさんには意味不明かな?

Posted by: ichan | 2004.07.06 21:57

あれ、"i"入ってるけど?

くりやま走ってる人の年代別でいうと、やっぱり若い人は少ないですね~。私の年齢以降くらいの人たちが、淡々と走っていました。

Posted by: こうめ | 2004.07.07 07:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くりやま100キロウルトラ遠足観戦記:

« 名水エイド | Main | 600メートルトラック »